女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 2 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
大肛門大学|第10講 肛門性交の快楽【2】
 これが教科書だ!
肛門講座の決定版、復刻連載!

第10講 肛門性交の快楽【2】

文=横田猛雄
イラスト=伊集院貴子
肛門での交合は人類の歴史が始まって以来、古くから行なわれてきたものです。女性は妊娠の心配がないので専ら快美感のみを集中的に追求出来る素晴らしい交合法といえます。某国の故大統領夫人などは常時ワセリンを持ち歩いていたくらいです。
前回に戻る 目次に戻る
 | 

第二課 ケッツの穴は吸いとる

先に医院で誤って逆性石鹸(消毒薬)や農薬を浣腸されて死んだ患者のことを記しました。

肛門の奥の直腸粘膜は養分を吸収する働きがあり、酒類(アルコール)の吸収では口から飲むよりはるかに早いので、ビールやワイン以上の度数の高い酒類は必ず水又は湯で何倍かに薄めて使わなければ危険です。

新婚から子供を一人産んだくらいの若妻がとてもなまめかしく見えるのは、繰り返し行なわれる性交によって射精される夫の精液が膣粘膜から吸収され、その中に含まれているフェロモン(実体は解明されていないが或る種の男性ホルモン)が女体に作用して、女性ホルモンの分泌を活発化させるからだと言われています。

直腸粘膜の吸収力は膣より優れていますから、肛門の中に射精されることは、女性にとっては、若々しさを長く保つ上で優れた方法である訳です。
だからかってのアメリカのウーマンリブ運動の戦士たちは、

「男などという下等動物は無視すべきだが、唯そいつの出す精液は我々女性の美しさを保つ上に必要だから、前(膣)を提供するのは男に対する敗北であるから、ケッツの穴を差し向けて、そこで男と交わって、直腸へその精を吸い取ってやろう」

と唱えたのです。
我々男性からしてみれば、いくら下等動物と思われても結構だから、そんな若いきびきびした女性が、自分の方からお尻を差し出してやらせてくれるのだったら、正にこれこそ棚から牡丹餅で、喜んで何同でも射精させられたいところてす。

直腸とはこのようによく吸収する力をもっていますので、昔は身体の虚弱な人の栄養補給の手段として滋養浣腸と呼んで、主に卵や牛乳をケッツの穴から注入して与えたものです。

今では直腸の吸収力を利用して、座薬というものが作られ、風邪薬を始め、色々な薬がケッツの穴から挿入されるようになってきましたが、肛門先進国であるフランスでは、ほとんどの薬はケッツの穴から入れることが一般化していて、この国では体温の測定も腋の下や舌下では無く、ケッツの穴から深々と体温計を突っ込んで調べる直腸温が普通だそうで、私の知人で箱根にある某ミッション系の病院の看護婦をしている人の話では、毎朝の朝礼の後各自かお尻から体温計を入れて自分の体温を計って申告するのだそうです。

男女のホルモン剤も肛門から挿入するものが多く、昭和二十八年頃、ラジオの文化放送の夜のコマーシャルには、『ヘブ男性』という男性ホルモンの宣伝に若い女性の声で、「文明は東方から、ホルモンは肛門から、ヘブ男性!」と言っていたのがとても印象的で、今もよく憶えています。

前回に戻る 目次に戻る
横田猛雄.jpg 横田猛雄 1990年3月号よりS&Mスナイパーにて実践派のための肛門エッセイを連載。1993年ミリオン出版より『お尻の学校[少年篇]』発行。またアナル責めのAV作品にも多数出演しており、A感覚実践派の伝道師として他の追随を許さぬ存在。2007年5月号まで同誌上で『大肛門大学』を連載していたが、高齢と健康上の理由により連載終了。そしてWebスナイパーにて、膨大かつ偉大なるアーカイブの復刻連載開始です!
 | 
07.12.11更新 | WEBスナイパー  >  お尻の学校