ミストレスランド 1 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
大肛門大学|第18講 便秘体験告白【2】
 これが教科書だ!
肛門講座の決定版、復刻連載!

第18講 便秘体験告白【2】

文=横田猛雄
イラスト=伊集院貴子
先月業でお尻派の読者の皆様に「便秘になろう」と提唱した横田教授。一見、突飛な発送のようですが、なかなかどうしてお尻派にとっては合理的。さて今講は我らが先達、横田教授が自らの便秘体験を語ってくれます。お尻修行の道は厳しいぞ!
前回に戻る 目次に戻る
 | 

第二課 ほんもの

私が『奇譚クラブ』や『風俗奇譚』を知ったのは、大学一年の時で、昭和三十六年、東京でのアパート暮らしの中でです。
当時はSMも浣腸もお尻派も、陰の世界の少数派で、密かな存在でしたが、今よりはるかに本物の重症マニア達がいたものです。

お尻の穴を強制的に診察され処置されるという被虐感に憧れて、密かにアパートの自室で真夜中に全裸になり、ラシャ鋏を逆手に握り、転げ廻って自らの直腸粘膜に傷を付け、肛門科医院を何軒も廻ることを実行した女子大生。

食品製造業種や旅館や飲食店等、飲食をともなう接客業種には、年に二回強制的定期的に行なわれる、裸にされて四つん這いでお尻の穴にガラス棒(採便棒)を挿入されて便を採られる検便があったのですが、その強制検便の被虐の虜になり、女子大学卒業後、自らすすんで小学校給食の栄養士を志し、ついには後輩達ともお尻の穴をいじめ合うレズ関係にまで発展したという女性。

お尻から次々と七個も卵を産み落として見せるホモショーが出てくる、三島由紀夫の『禁色』(文庫本で今も見られる)に感銘をうけ、アパートの一室で全裸になり、自分のお尻にペロリと舐めてぬめりを付けた卵を自らの手で押し込み、何百回も何千回も、時には夜が明けるまでその出し入れを繰り返し、卵の直径の一番太い所がお尻の穴の輪を通過する時の、あの輪の紐のあたりの苦痛の激しさの中に快美感の極致を見出し、将来恋人が出来たら、彼には膣よりもこうやって後ろの穴を毎晩ズコズコとピストンされたいと願い、その日のために毎晩密かにお尻のレッスンに励む独身のOL。

全裸にされて様々なポーズで浣腸されたり開股ポーズの緊縛で晒しものにされ、お尻の穴(前は処女だからタブー)を散々に凌辱され、その姿を分譲写真や誌上のグラビヤに発表され、自らも体験記を発表したいとモテル志願した地方の旧家の令嬢で、国文学専攻の女子大生や、同じ思いの婚期をのがした女実業家。

それに、毎晩浣腸の後、太くて硬いサラミソーセージを自分のお尻の穴に挿入して、綿紐で六尺褌状にして、ソーセージが抜けないように固定して眠り、括約筋の圧迫による刺戟で、毎晩妖しい淫夢を見ようと願う一流企業に勤める一人暮らしのOLなど。

当時のお尻派の中には、理知的な少数派の本物がいました(この人達、今では五十歳から六十歳になっている筈で、当時私と同年かやや年長の女性たちでしたから)。

当時のお尻派の同志は皆、いかにしてお尻をいじめられるかについて真剣に考えたもので、人為的に(わざと)便秘や痔になって、医院の門を叩くという方法は、読者の告白にもよく見られ、特に便秘については、収斂剤(下痢止め)を服用して便秘になる方法が時々報告されていました。

体験者の告白記により、摘便処置というのは女性の妊娠中絶(掻爬)手術のような気分が味わえるということでしたから、男性として普通なら絶対味わえない掻爬の感覚を、ぜひ体験せんものと、収斂剤を買い集めた私は、日頃から規則正しく起こっている排便を、その日から止める決意をしたのです。

前回に戻る 目次に戻る
横田猛雄.jpg 横田猛雄 1990年3月号よりS&Mスナイパーにて実践派のための肛門エッセイを連載。1993年ミリオン出版より『お尻の学校[少年篇]』発行。またアナル責めのAV作品にも多数出演しており、A感覚実践派の伝道師として他の追随を許さぬ存在。2007年5月号まで同誌上で『大肛門大学』を連載していたが、高齢と健康上の理由により連載終了。そしてWebスナイパーにて、膨大かつ偉大なるアーカイブの復刻連載開始です!
 | 
08.01.08更新 | WEBスナイパー  >  お尻の学校