女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週日曜日更新!
The text for reappraising a certain editor.
ある編集者の遺した仕事とその光跡

天災編集者!
青山正明の世界 第50回


青山正明と「Flesh Paper」/『Crash』編(6)

取材・構成・文=ばるぼら

21世紀を迎えてはや幾年、はたして僕たちは旧世紀よりも未来への準備が整っているだろうか。乱脈と積み上げられる情報の波を乗り切るために、かつてないほどの敬愛をもって著者が書き下ろす21世紀の青山正明アーカイヴス!
『Crash』1990年1月号/発行=白夜書房
 | 

<< 前回の記事を読む

青山正明と「Flesh Paper」/『Crash』編(6)

連載「Flesh Paper」の1990年は、出版とワールド・ミュージックの話題が定期的に出てくる他、これまでほとんどなかった、長めのコラムが増えている。これまでのテイストレスな情報志向も面白いが、コラムは青山の独特の視点が冴えており、結果的に耐久年数が上がっているようだ。

『Crash』1990年2月号/発行=白夜書房
『Crash』1990年2月号

『危ない1号』4巻にも転載されたホドロフスキー・インタビューと、その当時の新作『サンタ・サングレ』のレビュー。そして『ダ・カーポ』194号に載った投稿の批判。試しに雑誌の広告を塗りつぶしてみたら雑誌が面白くなくなった、広告も記事と同じくらいの大切な情報源なのね、といった内容に対して憤慨。「TVや大新聞が真のジャーナリズムになり得ないのは、ほぼ100%、スポンサーの存在によるものだ。経済大国日本を支える企業群から金をもらっていては、政治・社会批判どころか、ペダンティック文化人や低能タレントのスキャンダルさえ扱えない」「そこへいくと、エロ雑誌はいいよな。広告など、ほとんどないもの。原稿チェックも全くないしね。自由ですよ、自由。真のジャーナリズムは、エロ本とミニコミしか存在せず! とまでは、言い切れないけどね。白夜書房の『ビデオ・ザ・ワールド』以外は、サンプル入手の必要から、ビデオ・メーカーとべったりみたいだし」。註釈としては、この認識は1990年だからこそである。現在はエロ本でもそのようなスタンスは難しい。

『Crash』1990年3月号/白夜書房
『Crash』1990年3月号

角川書店の新創刊雑誌『ジパング』(現『Tokyo Walker』)を取り上げている中で、そのニュース自体はどうでもいいのだが、いくつか注目したい発言がある。「私は『シティ・ロード』派である。ほとんどの原稿が、主観で書かれているからである」「私の夢は、世界中の気持ち悪い情報──変死体、ゲテモノ料理、不気味な映画等ばかりを集めた月刊『グロ』を誰かが創刊してくれることです。自分で編集するのは、イヤよ。儲かりそうもないし、疲れるだけだもん」。後者は紆余曲折を経て『危ない1号』になったと考えるのが自然ではないだろうか。この時点で漠然とした構想はあったのかもしれない。その他、オカルト・グッズのインチキ話や、半年見続けて「イカ天」に完全に飽きた発言。「たま以外のバンドは、全部、死体なんだもの」「それにしても、バンド・ブームって不思議だなァ。演奏している方は、あんな糞音楽でも、案外楽しかったりして……。それとも、さくらやが台頭してアマチュア・カメラマンが増大したようなもんなのかなぁ」。

『Crash』1990年4月号/白夜書房
『Crash』1990年4月号

「ホモ、オタク、シングル族は自然の計らい?」は、男子の出生率が高いのは生命力が低く死ぬ確率が高いためだったが、近代医学の発展によって現代は男子があふれている。今の日本は自然淘汰が行われているのではないか……という軽い論考で、なかなか面白い。他に、映画『デビル・ジャンク』に登場する殺人鬼・ジェンキを「ジェイソン、フレディに次ぐ第三のホラー・ヒーロー」として解説、小山内新による小冊子『あづまのはる(迎春)』の紹介など。

『Crash』1990年5月号/白夜書房
『Crash』1990年5月号

景山民夫のTV番組「海からの贈りもの──クジラ・ヒト・地球の未来」をボロクソに批判。他に、海外ニューエイジ雑誌『Encyclopaedia Psychedelica』の紹介、ビデオ『ストレンジャー・ザン・バンパイア』を「意外な拾い物」と紹介。『EP』記事は『危ない1号』4巻にも再録。

『Crash』1990年6月号/白夜書房
『Crash』1990年6月号

同年3月19日〜4月2日まで青山は友人3人と『季刊エキセントリック』6号(原稿では「某ミニコミ」と自虐的)のためバンコク取材に出ており、この号は主にその話題。マリファナを決めて屋台飯を食べた話と、タイのゲイ・カルチャーの理論派ドクター・セリーの本邦初インタビュー。


『Crash』1990年7月号/白夜書房
『Crash』1990年7月号

プロフィールに「口には出せぬ不安に脅える日々。最悪の精神状態である」とあり、その答えは10月号で明かされる。「房中術の秘薬でオチンチンはピンピンだ!」は漢方薬の自作解説記事。異様に長い「恐山で金縛りに遭った私」はゴールデンウィークに旅行した話で特に面白い話ではないが、文末に「10年近く連れ添った妻と別居だし、ホント、人間は清く正しく、素直でありたいものです。トホホッ」とあり、レイアウトを担当していた奥様とこの時期に別れている。『エロ本のほん』によればオナニー中、妻に後ろから蹴りを入れられ、そのまま帰ってこなかったとのこと。


『Crash』1990年8月号/白夜書房
『Crash』1990年8月号

「「セックスレス、シングル、ノーベイビー」の時代がやって来る?」が秀逸。セックスなしに男女間の友情はあり得るかをテーマにした映画『恋人たちの予感』や、肉体関係を拒絶する独身男と人妻の映画『セックスと嘘とビデオテープ』の2本を引き合いに出し、セックスなんてもう都会では流行らないというのに……と呆れている。「こと恋愛に限って言えば、映画は現実よりも5年から10年は遅れている。いや、もっと正確に言うなら、映画は、数え切れないほどある男女関係のパターンを、ものの1%も表現してはいない。ましてや、映画が現実を先取りすることなど、絶対にあり得ないのである」。


『Crash』1990年9月号/白夜書房
『Crash』1990年9月号

「快楽を持続するには、どうしたらいいか? 快楽原則に従い、気持ちいい日々を創造、満喫する」は知識を増やすことが快楽に通じるというコラムで、快楽研究という青山のライフワークであるだけにやはり面白い。「同じ本を読んでも、そこに書かれているテーマについて1の知識しか持ち合わせていない人と、100の知識を有している人とでは、解釈や理解の程度ばかりか、楽しみの度合いにも大きな差が生じる。これが、「知識増大に伴う快楽の変容・拡大」だ」。この他、『季刊エキセントリック』6号やビデオ『エディ・マーフィー ライブ!ライブ!ライブ!』の紹介。


『Crash』1990年10月号/白夜書房
『Crash』1990年10月号

7月号で何に脅えていたのかといえば、バンコクでハメをはずしたあとにエイズが怖くなったらしく、その後エイズ検査に行き結果が出るまで生きた心地がしなかった、という話が「ダンディにサックは無用。置屋で昇天、エイズで昇天だぁ!」というコラムにある。その他、博報堂がプッシュしたのにランバダってコケたよね、という話と、「足ゆび元気くん」のヒットによる足裏健康法リバイバルの話題。


『Crash』1990年12月号/白夜書房
『Crash』1990年12月号

ページの半分が図版で埋められており、急場しのぎのような原稿が二つ。タイの死体雑誌『アチャヤーガム』の読者プレゼントと、「タイ・ロックが、西太平洋の音楽シーンをリードする!」というタイ旅行のおまけ記事。


(続く)


関連記事

新宿アンダーグラウンドの残影 〜モダンアートのある60年代〜
【プロローグ】 【1】 【2】 【3】 【4】 【5 】 【6】  【7】 【8】 【本文註釈・参考文献】

man.gif ばるぼら ネッ トワーカー。周辺文化研究家&古雑誌収集家。著書に『教科書には載らないニッポンのイ ンターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』など。なんともいえないミ ニコミを制作中。

「www.jarchive.org」 http://www.jarchive.org/

 | 
09.04.05更新 | WEBスナイパー  >  天災編集者! 青山正明の世界