本家三行広告 1 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週日曜日更新!
The text for reappraising a certain editor.
ある編集者の遺した仕事とその光跡

天災編集者!
青山正明の世界 第49回


青山正明と「Flesh Paper」/『Crash』編(5)

取材・構成・文=ばるぼら

21世紀を迎えてはや幾年、はたして僕たちは旧世紀よりも未来への準備が整っているだろうか。乱脈と積み上げられる情報の波を乗り切るために、かつてないほどの敬愛をもって著者が書き下ろす21世紀の青山正明アーカイヴス!
『Crash』1989年9月号/発行=白夜書房
 | 

<< 前回の記事を読む

青山正明と「Flesh Paper」/『Crash』編(5)

なぜか1989年の「Flesh Paper」はメディア批判が多い印象を受ける。またこの年からマジック・マッシュルームネタが増えてくるが、ドラッグ関係は別の時にまとめさせてもらうため省略している。

『Crash』1989年1月号/発行=白夜書房
『Crash』1989年1月号

ミスター・マリックの超能力タネ明かしという、なんとも懐かしいネタだが、『BACHELOR』誌でも別のトリックのタネ明かし記事を書いており、マリックが好きだったのかもしれない。他に「ビデオ業界、お先真っ暗!?」と題した記事で、レンタルショップやビデオメーカーの方針の問題点を指摘しており、映画ライターっぷりを発揮している。

『Crash』1989年2月号/白夜書房
『Crash』1989年2月号

「私が昨年見た変なおじさん3人」という脈絡のない面白おじさん紹介記事や、本連載37回でも触れたショック・ドキュメンタリー・シリーズの紹介など。「正直、心からオススメできる作品は、第1段発売の「超常現象の世界」(75西独)だけであります。これは私が高校1年生の時に劇場で観て、大変衝撃を受けたキワモノ映画でして、かねてよりビデオ・リリースを切望していたのでした」。

『Crash』1989年3月号/白夜書房
『Crash』1989年3月号

「最大限の嫌悪を込めて“オタク”再検討”」の悪ノリが良い。「近所にとっても気味悪い奴がいるのだが、あれは一体、何なのだろう?」。人間誰しも、ふと、そんなことを思う時がある。そして、大方の人間は、奴らをどう扱うべきか判らないでいる。しかし、である。もし、奴らが“オタク”であることが判明すれば、対処に窮することはなくなる。そう、オタクは、差別し、虐待し、惨殺すればいいのだ」。他にもオタクがやるスポーツは武術とボーリングだけとか、女オタクと男オタクが結婚して赤ん坊オタクを生む由々しき事態が起きているとか、何かいやな目にあったのか分からない展開に。ちなみに宮崎勤事件前である。他には中近東の歌姫、チャバ・ファデル、サルマ・アガ、オフラ・ハザを紹介。

『Crash』1989年4月号/白夜書房
『Crash』1989年4月号

『平凡パンチ』が休刊しリニューアル創刊した『NEWパンチザウルス』をボコボコに批判。「つまるところ、「NEWパンチザウルス」は、一昔前のミニコミなのだ。ライターにしても漫画家にしても、ピークを過ぎた奴ばかり。あるいは、そいつらに影響された無能の新人。確かにひとりひとりは、それなりに面白そうな奴だけど、彼らの原稿や漫画って、あくまでサシミのツマ的な面白さでしょ。決してメイン・ディッシュにはなり得ない。失敗の所在は、全て編集ですな。旧パンチの常連を一掃できなかった、能無し編集者が悪い」。その他は惰眠コラム、CD『ETHNO BEATS』(BCM 1988)の紹介記事。

『Crash』1989年5月号/白夜書房
『Crash』1989年5月号

今度は『オレンジページ』の批判で、編集部の原稿チェックが度を越して異常であると指摘している。「50万部を越えてしまった一般誌は、どれも“知能の低い読者”を念頭に置いて誌面作りをするという」「やはりマス・メディアには関わりたくないね。エロ本は安心だ」。その他は死んだ赤ん坊の有効活用法など。


『Crash』1989年6月号/白夜書房
『Crash』1989年6月号

なぜか青山がイカ天にハマっており、「第8回目まで観た印象では、KUSU KUSU、花園バンド、ブラボー、ザ・ニューズ、フライング・キッズの5バンドが優れていると思った」そう。特にKUSU KUSUを気に入ったようである。その他、室温核融合、新型ビタミン剤「エスファイトゴールド」の話題。


『Crash』1989年7月号/白夜書房
『Crash』1989年7月号

イタリアン・ホラー『DIAL:HELP』を予想外の面白さと紹介、『週刊文春』の女子高生コンクリート詰め惨殺事件の実名報道について徹底批判、モロヘイヤ(もちろん野菜の)紹介という、相変わらず脈絡のない並び。実名報道については『危ない1号』4巻に当該記事が再録された時も変わらず批判していた。


『Crash』1989年10月号/白夜書房
『Crash』1989年10月号

当然触れないわけはない1989年を象徴するニュース、「とても他人事とは思えない幼女惨殺殺人、宮崎勤の素顔」が白眉。『ギニー・ピッグ 悪魔の女医』を参考に死体をバラバラにしたらしいとの話、さらにロリコンということで、ホラーとロリコンが同居する青山にとっては他人事ではない事件だったに違いない。おそらく宮崎を擁護することは自分自身を擁護することに他ならなかっただろうし、当時そうした言説は他の言論人からも多かったと記憶する。しかし最後の提言が青山らしいというか、「まず第一に、少女売春を合法化せよ。次に、国民1人に1台コンピュータを配給し、通信の検問を一切止めよ。そして、ドラッグの全面解禁だ!」という、過程を省いてみるとあまり普段と変わらない結論に達している。


『Crash』1989年11月号/白夜書房
『Crash』1989年11月号

ドゥシャン・マカヴェイエフ監督『モンテネグロ』紹介。この当時のマカヴェイエフはビデオがようやく数本リリースされただけの〈未だ日本上陸を果たしていない最後のアングラ監督〉という位置づけで、本格的に紹介されたのは1991年の全作品上映イベント「マカヴェイエフ・フィルム・コレクション」であるため、わりと解説にも力が入っているように見える。なおマカヴェイエフについては『宝島』でも原稿を書いている。


(続く)


関連記事

新宿アンダーグラウンドの残影 〜モダンアートのある60年代〜
【プロローグ】 【1】 【2】 【3】 【4】 【5 】 【6】  【7】 【8】 【本文註釈・参考文献】

man.gif ばるぼら ネッ トワーカー。周辺文化研究家&古雑誌収集家。著書に『教科書には載らないニッポンのイ ンターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』など。なんともいえないミ ニコミを制作中。

「www.jarchive.org」 http://www.jarchive.org/

 | 
09.03.29更新 | WEBスナイパー  >  天災編集者! 青山正明の世界