女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 2 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『新・償い 最愛の妻は・・他人のものになっていた...』(ながえstyle)
特選AVレビュー 『あのいつかの夏、圧倒的だった君の笑顔は僕のもの。 百岡(ももおか)いつか SOD専属 AVデビュー』(ソフト・オン・デマンド)
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
アクセスアップ
新刊情報
MAZI! 2019年1月号(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2019年1月号(大洋図書)
臨増ナックルズDX Vol.14(ミリオン出版)
アップル写真館 Vol.17(大洋図書)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.3(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国【得】フーゾク特大号(ミリオン出版)
漫画ポルノ夫人 Vol.1(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.57(大洋図書)
実話ナックルズGOLD Vol.5(ミリオン出版)
よろめき 2018年12月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
Corsetier_04_01.jpg
不定期連載! The dream which Corsetier looks at .... 
independent artist meets P.C.W 「-AGI-」
corset photo gallery コルセティエの見る夢は  第4回 トライバルグラフィックデザイナー「阿妓-AGI-」【1】
文・コルセット製作=PureOne(P.C.W)
モデル・スタイリング=阿妓-AGI-(HaZer)
写真=winchrome

男性のコルセット職人を「コルセティエ」と呼びます。フェティッシュ・アイテムとしてのコルセットにこだわらず、深い伝統と格式に裏づけられたコルセットを模索する新進気鋭のコルセティエ、「Pure One Corset Works」のPureOne氏。そんな彼が製作するコルセットを、写真とPureOne氏自ら語る制作秘話や解説などとともにご紹介する、フォトギャラリー連載です。第4回はご自身も好んでコルセットを着けていらっしゃるという、トライバルグラフィックデザイナー「阿妓-AGI-」さんにモデルとしてご登場いただきました。「P.C.W」とインディペンデントで活躍されているアーティストとのコラボレーションです!
 | 




Corsetier_04_05.jpg

さて、いきなり問題です。

私の「P.C.W(PureOne Corset Works)」の名刺には、肩書きを何と記載されているでしょうか!?
「デザイナー」「コルセティエ」「代表」などを思い浮かべる人が多いかもしれません。
正解は「何も記載されていない」です。


人からは、いろんな肩書きで呼ばれます。
だいたい「コルセット職人」か「デザイナー」かのどちらかです。
私は自らを「コルセット職人」と呼ぶことはあっても、「デザイナー」とは呼びません(『フェティシストが愛する名匠』では、『コルセットデザイナー』となっておりますが、まぁカタカナの方が見栄えがいいですし、分かりやすいのでそうしてあります(笑)) 。


人が私を「デザイナー」と呼ぶのは構わないのですが、自ら名乗らない理由があります。
それは「P.C.W」が、「デザイナーズブランド」ではないからです。
「ファッションブランド」というと、「デザイナー」がいて服をデザインし、「パタンナー」がそれを型紙に起こし、と連なっていると考える方もいらっしゃいますが、それだけが「ファッションブランド」ではありません。
「P.C.W」は「デザイナーズブランド」ではなく、「メゾンブランド」なんです。
流行を追いかけ、デザイン重視で、入れ替わりが激しい服ではなく、歴史や伝統、技術、哲学、美学を背負い、クラフトマンシップにのっとったコルセット製作こそ「P.C.W」の理念です。


「P.C.W」は、「デザイナー」がいないブランドなんです。
分かりやすくいうと、メンズテーラーのお店に近いです。
ある程度の形は決められていて、それに対してお客様と相談をしながら製作が始まります。
全くコルセットを知らない方でも、少しずつ分かりやすく説明し、納得していただけるコルセットを作ることを目指します。
お客様が「デザイナー」である、とも言えるのです。


昔、大学の後輩から「大学を卒業してエスモードと文化服装学院のどちらかに進学したい。ファッションデザイナーになるには、どっちに進学した方がよいですか?」と質問されたことがあります。
正直、どっちでもいいです。
どっちも立派な学校です。
カリキュラムや教え方は違うと思いますが、どちらの学校でもデザイナーに必要な知識と技術を教えてくれるはずです。
要は「やり抜く根性があるか!?」「やる気があるか!?」だけです。
そして何もこれは、「ファッションデザイナー」だけに限ったことではありません。 


例えば、「P.C.W」の名刺には、大きくロゴマークが印刷されています。
これは私がデザインしたものではなく、トライバルグラフィックデザイナーの「阿妓-AGI-」さんに依頼をして制作して頂いたものです。
阿妓-AGI-さんは、タトゥーなどのトライバルデザインをされている方なのですが、私自身が阿妓-AGI-さんのデザインの大ファンで、依頼に関して、最小限の条件だけでほぼ丸投げしました。
提示した条件は3つ。

1:モノトーンであること。
2:P.C.Wの文字は大きく目立つこと。
3:PureOne Corset Worksの文字は、ちゃんと読めること。

これだけです。
もう少し詳細をいうと「P.C.Wの文字は、読めなくても構わない、崩してもよいからカッコよくして下さい。そのかわり、ありがちな書体でも構わないので、PureOne Corset Worksの文字だけは、ちゃんと読める
様にして下さい」とお願いしました。
出来上がりは、私自身物凄い満足のいくもので、名刺を渡した人の評判も非常によいものです。


阿妓-AGI-さんは、立派なデザイナーさんですが、別に阿妓-AGI-さんがデザイナーかどうかなんて私にはあまり関係ないのです。
阿妓-AGI-さんが責任を持ち仕事をこなしてくれて、素敵なデザインをしてさえくれれば、それで一向に構わないのです。
私は、デザイナーに頼んだのではなく、阿妓-AGI-さんにデザインをお願いしたのですから。


結局中身の問題です。
私自身、肩書きなんて、関係ありません。
色んな経験を経て、肩書きの馬鹿馬鹿しさから解き放たれたとき、“個”というものがしっかりしてきたと思います。
私が、名刺に肩書きを書かないのは、”個”に対する自信の現れでもあります。


よく若い人から「ブランドを立てるにはどうしたらよいですか?」と質問されます。
その時、私は必ずこういいます。
「ブランドなんて立ち上げるのなんて簡単!バンド組むみたいなもんだから!」
結構、あっさりと答えるので、聞いている人はあっけにとられます(笑)。
ギターを握れば、アマチュアでもギタリストです。
ブランドを立ち上げるなんて、簡単です。


私の場合、専門学校で「アパレルマーチャンダイジング科」を卒業しており、「ブランドの作り方」を主に勉強してきました。
内容は「人気ブランドにするにはどうしたらよいか!?」「利益を上げるための原価設定は!?」と、かなり複雑な内容です。
しかし、初めからこの方法はいらないと思っています。
なぜなら、学んで、実践してみて、「これは勘違いだった!」「これは机上の空論!」となる発見はいくらでもあるからです。
何事も実践してみなくては分かりません(だからといって、「学校で勉強をしなくてもいい!」という理由にはなりませんよ!(笑))。


ブランドビジネスとは、人に「自信」と「価値」を与える仕事だと思っています。
ロレックスの時計をはめる。ベンツに乗る。カルティエのリングを着ける。ヴィトンのサイフを持つ。
これらは、買ったお客様に「自信」と与え、「価値」を身に付けさせます。
ブランドを立ち上げようとするならば、自らが価値を想像しなくてはなりません。そして、自らが価値ある人間にならなくてはなりません。

自信を持ち、価値のある存在である。
自信を与え、価値を与えられる存在である。

そしてきっと、「ブランドのあり方」も「デザイナーのあり方」も、一緒なのでしょう……。

文=PureOne


Corsetier_04_06.jpg
阿妓 -AGI-
1985年、正月の三箇日を腹の中で寝過ごした後、誕生。幼少時に習っていたクラシックバレエにより、編み上げフェチとホック及びバスク愛好、タイトな衣装愛好、曲線フェチを発症。好きな分野がバラけており、よく分からない嗜好を保持。思考的に両性を持ち合わせ自動車やカスタムナイフ、鱗要素の有る生物、トライバル、洋服などを偏愛。大学にて海洋生物の生理学を専攻する。と同時に外見の黒服本格化。コルセットを愛用しはじめ、22インチ→20インチ→16インチと確実に人としてオカシイ腰になる。2007より生き物をモチーフとしたトライバルを描き始め、オーダーや、作品を組み合わせたデザインで名刺などを作成している。


P.C.W. x -AGI-

コルセット製作=PureOne(P.C.W.)
モデル・スタイリング=阿妓-AGI-(HaZer)
写真=winchrome

関連リンク

Pure One Corset Works
HaZer

関連記事

コルセティエの見る夢は 第3回 「ブラックデニムコルセット」

pure_one_face.jpg Pure One 中央大学文学部文学科国文学専攻卒。文化服装学院ファッション工科アパレルマーチャンダイジング科卒。大手テキスタイルメーカーの生産管理にて、有名セレクトショップやパリコレを扱うブランドに多数携わる。退職後、2005年にフェティッシュブランド「SLUMP TRUMP(スランプトランプ)」 を立ち上げる。2006年には、AVメーカー 「ゴーゴーズ」との協力の元、日本で初のアパレルブランドとAVメーカーのコラボレーションシリーズを発表。同年より本格的にコルセットの研究、製作、販売を始める。

Pure One Corset Works http://po-corset.com/

 | 
07.12.16更新 | WEBスナイパー  >  フォトギャラリー