イエローキャット 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
オリジナル同人誌即売会という魂と魂が握手する場の歴史/『コミティア魂 漫画と同人誌の40年』(フィルムアート社) 著=ばるぼら+あらゐけいいち 編=コミティア実行委員会 文=三木学
タイマープログラムに翻弄されっぱなしの連続絶頂連発アクメ!『チャレンジ!タイマー電マ しゅほ まり』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【27】『オトナペット』 著者=中山哲学(茜新社)
ふたり揃ってずーっとずーっとイキっぱなしの限界アクメ!『チャレンジ!タイマー電マ さらら まち』(大洋図書)発売!!
【サーバーメンテナンス完了のお知らせ】
【サーバーメンテナンスのお知らせ】
「ああはあん...もうイケないよぉ」めくるめく快感に何度も腰を震わせて絶頂に浸り尽くす!『チャレンジ!タイマー電マ みすず ゆずな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー女弁護士、堕ちるまで...(アタッカーズ)』
全身を突っ張らせて叫ぶ激イキ乙女たちのノンストップ・アクション!!『チャレンジ!タイマー電マ りお ひなた』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第12講 エメロン浣腸の威力【2】
初めてのワイルドな刺激にガチイキ痴態を赤面披露!『チャレンジ!タイマー電マ ちはる まいな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  「セックス・ムーヴィー・ブルース 」【4】エロの原点・理想のキャスティング
固定カメラで女の子たちのアクメ姿を定点観測『チャレンジ!タイマー電マ つむぎ すみれ』(大洋図書)発売!!
ショーとゲームの化学反応が生んだ参加型イベントで非日常のひと時を楽しむ 新感覚のSMハロウィンイベントが開催!!
読者代表SM体験レポートスペシャル 東京・新宿「ロボットデリヘル」ライムさん&新宿・歌舞伎町「PARAPHILIA~パラフィリア~」アンリ女王様【2】
読者代表SM体験レポートスペシャル 東京・新宿「ロボットデリヘル」ライムさん&新宿・歌舞伎町「PARAPHILIA~パラフィリア~」アンリ女王様【1】
コントロールできない快感の嵐に翻弄される緊迫の絶頂ドキュメント『チャレンジ!タイマー電マ ゆほ ゆりか』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【30】「立ったままで果てた」
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『昭和セックスエレジー 父も母も妹も姉もみんな禁親相姦(FAプロ)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【27】
アクセスアップ
新刊情報
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
world wide fetish journal on WEB sniper.
毎週木曜短期集中新連載開始!
欧米フェティッシュ・ジャーナル
Fetish journal
【4】フェティッシュ・ゴシック
〜CHATEAU DE VAUX-LE-PENIL〜



取材・文=
アニエス・ジアール
フランシス・ドゥドブラー


翻訳=牡丹


「S&Mスナイパー」本誌でおなじみの在仏カウンターカルチャー専門ジャーナリスト、アニエス・ジアール&フランシス・ドゥドブラー。親日家でもあるお2人が、世界のフェティッシュ事情をお届けします! 今夏7月、パリ近郊のヴォー・ル・ペニーユ城で開催されたイベント「フェティッシュ・ゴシック」の様子をご紹介します。

 | 

<< 前回の記事を読む

パーティは、パリ近郊のヴォー・ル・ペニーユ城という重厚な城で行なわれた
この城は第二次世界大戦下SSの統括区域だった


それはパリでのことだった。『フェティッシュ・ゴシック』という単発のパーティが開催された。パーティは2008年7月13日に、パリ近郊のヴォー・ル・ペニーユ城という重厚な城で行なわれた。ごく少数の人は知っていたのだけれど、この城は第二次世界大戦下SS(ナチス親衛隊)の統括区域だった。フランスのレジスタンス(抵抗軍)とユダヤ人の多くが、この城の地下で虐殺された。


長い間、フランスの「ゴシック」な人たちは、ほぼ最右翼(※1)であると見なされてきた。なぜなら、ラムシュタイン(Rammstein※2)ニュー・オーダー(※3)VNVネーション(VNV nation※4)フロント242(Front 242※5)ジョイ・ディビジョン(Jpy Division※6)ライバッハ(Laibach※7)のような数々の音楽バンドは、黒い軍服、旗、記章、革の軍靴といったナチスのスタイルを好んで模倣しているからだ。

ゴシック・インダストリアル(という音楽ジャンル)のグループはしばしば第二次世界大戦を暗示している。例えば、ジョイ・ディビジョンはナチスによって作られた例の慰安所(強制収容所で、女性は慰安婦(性奴隷)だった)、「喜びの師団」のことだ。女性は兵士たちに「喜び」を捧げていた。

マリリン・マンソンもまた、美しいゲルマン諸語を使う。マリリン・マンソンはヒトラーをデフォルメした舞台装置でとてもセクシーな衣装(売春婦のような)を着けてコンサートを行った。SMというのはこういう類いのあいまいさを巧みに利用している。危険であるように見えるのだ。ヒトラー、それは現代のアンチ・キリストのことを指す。

←HARD CANDY
THE WEBSITE:
http://www.hardcandy.book.fr
myspace.com/hardcandy18y
フランスでは、暗黒社会においてネオ・ファシストが散見される。「ゴシック」の90%は黒い服を着る習慣がある。なぜって、それがとてもエロティックだと知っているから。『フェティッシュ・ゴシック』で私は、マリリン・マンソンのファンの一人、そして売春婦や将校のコスプレをしたたくさんの人たちに出会った。私にとって、それは現実よりも強烈だった。現実では、ヴォー・ル・ペニーユ城は戦争の、殺戮の、死の場所だ。けれども、私たちは楽しんでいる。私たちは、愛し合っているし、生きているのだ。最も大切なのは、そのことが(戦争の)記憶を失うものではないということだ。

文・=アニエス・ジアール



<訳者註>
※1:右翼……フランスでの右翼とは、国粋主義者とほぼ同義の意味である。
※2:ラムシュタイン……ドイツの音楽バンド/バンド名の由来はウィキペディア参照
※3:ニュー・オーダー……イギリスの音楽バンド/バンド名の由来はウィキペディア参照
※4:VNV ネーション……イギリス出身の音楽バンド/バンド名は、第二次大戦中にナチスと同盟関係にあった『フランデレン国民同盟(Vlaams Nationaal Verbond,VNV)』に由来している。
※5:フロント 242……ベルギーの音楽バンド/バンド名は特に何からも由来していないが、バンドのビジュアルイメージはナチス・ドイツやファシズムを強く連想させるものである。
※6:ジョイ・ディヴィジョン……イギリスの音楽バンド/バンド名の由来はウィキペディア参照
※7:ライバッハ……スロヴェニア出身の音楽バンド/バンド名由来はウィキペディア参照



関連リンク

『フェティッシュ・ゴシック』 : FETISH GOTHIC
マリリン・マンソン : Marilyn Manson The Official Web Site


agnes-francis.jpg アニエス・ジアール - AGNES GIARD -
1969年生まれ。カウンターカルチャー専門のジャーナリスト。S&Mスナイパーにて “Fetish News Express” 連載。

フランシス・ドゥドブラー - Francis Dedobbeleer -
1961年生まれ。写真家。フランス最大のフェティッシュ・パーティ “la Nuit Elastique” オーガナイザー。

アニエス・ジアール=LE SEXE BIZARRE - Le site du livre
フランシス・ドゥドブラー=Demonia Magazine

 | 
08.12.11更新 | WEBスナイパー  >  コラム