本家三行広告 1 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1 worldcryptobinary 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

(c) 2008 Laboratory X, Inc.
WEBsniper Cinema Review!!
こころの傷に特効薬、ありますか?
カメラがじっと目を凝らす。固く閉ざされていた精神科の扉が開く――。
『選挙』の想田監督が再びタブーに挑んだ観察映画第2弾、待望のDVDリリース!
 | 
正直、「精神」のレビューを書こうとすると、どんどん頭がこんがらがる。言いたいことが浮かんでも、すぐにそれを打ち消す別の考えが浮かんでくるからだ。この映画は一体なんなのだろう、その答えが出てこない。なぜならこれは、観察映画であるからだ。つまり監督の主観や、問題提議らしきものが明確には示されないということ。何を感じるかは100%視聴者にゆだねられる。ゆえに、ある一つの方向から語るということが難しい。そういう意味では、実に意地悪で投げっぱなしな映画だ。
なので思ったことを一つ一つ書いてみることにしよう。

映画では、「こらーる岡山」に集う患者とその周辺の人々を淡々と映し出している。顔にモザイクをかけないことを条件としているため、登場人物は偏っているかもしれない。
この療養所では、患者同士が自由にコミュニケーションを取れる共用スペースがあり、そこでは雑談に花を咲かせる者もいれば、ただゴロゴロしている者もいる。お菓子を食べ、煙草を吸い、各々自由に過ごしているのだ。彼らは普通に笑い、自らについても堂々と語る。そんな姿からは健常者との明快な違いなどはわからない。彼らから異常性を探し出すほうが難しい。ところが、語られる内容をじっと聞いていると、出口のない絶望に包まれていることが、そこはかとなく伝わってくる。
ある女性は子供を虐待死させた過去を持ち、現在も幻聴に苦しめられているし、またある女性は「足が太いね」と言われたことをきっかけに摂食障害に陥り、今も苦しさの中で生きているという。うつ病のため、死にたくてしょうがないと嘆く人もいるし、統合失調症と40年も付き合っている男性もいる。
彼らはなぜ発病したのか、という問題については触れられていない。医者の解説は出てこず、あくまで当事者の言葉でしか語られないからだ。
精神病はどんな病気か? ついつい分かりやすい説明を期待してしまうが、この映画では患者の言葉から察することしか出来ない。
また患者は、10年20年と病気と付き合っている者が多く、もう若くはなく、見た目にもエネルギーは少なく、観る者に「それでも未来はある」などと楽観的に捉えさせられる要素はほとんどない。
ゆえに答えのない問題を突きつけられたようで、悶々としたものが残るのだ。

彼らは病気に悩まされているし、その症状が辛いこともわかるが、しかしよくよく聞くと、一般的な人間における悩みじゃないか、とも思えてくる不思議さがある。
人間関係に悩んだり、子育てに悩んだり、死にたいと考えたり、というのは誰にでもあることだ。人は狂う生き物だし、ならば精神病患者を特別なものとしてくくることもないじゃないかとも思えてくる。いやいやしかし、彼らは薬で抑えているから普通に見えるだけで、薬を飲まなくなったらたちまち幻聴と会話したりして、あきらかな狂人になるのだろうか、とも思えたりする。つまりこの映画では、本当にごく一部しか写されていないのだ。
精神病という、今もはっきりと解明されていないような病気であるから、それぐらいがちょうどいいのかもしれない。ただ、パンフレットに書いてあるような、「心に追った深い傷はどうしたら癒されるのか、正面から問いかける」ものになっているとは言いがたい。

ところがこれが、特典映像になると違う展開をみせる。内容は主に、医師と監督との対話、映画出演したことに対する患者それぞれの気持ち、各地での舞台挨拶などである。
特筆すべきは、本編に出てきた二人の女性の驚くべき変化だ。当時、彼女たちは丸々と太っており、髪もボサボサで、完全に女を捨てた容貌をしていた。見るからに絶望的で、八方塞がりとしかいいようがない二人だ。しかし特典映像では、驚くほど美人に変化している。体重が減り、伸ばした髪をポニーテールにし、化粧を施している。女はスポットライトを浴びることで、こうもよみがえってしまうのか、と思えるほどその姿は華々しい。また、症状も軽減されたのか、映画撮影当時の自分の心境について実に客観的に語っている。その姿からは、苦難を乗り越えた人間としてのたくましさが感じられるのだ。
また、モザイクなしで映画に出る決心をした、各々の理由についても興味深く語られている。彼らが病気を患ったことでいかに社会的な偏見に怯えているか、どれほど現実的な問題に苦しんでいるか、というのが痛いほどに伝わってくるのだ。

本編を見ることで、答えのない問題にぶつかりモヤモヤした気持ちになることはあるだろう。しかし特典映像を見ることで、少なからずヒントのようなものが見えてくる。両方を見ることで、精神病を取り巻く問題の奥深さが伝わってくるのではないだろうか。
文=東京ゆい

『精神』

監督・撮影・録音・編集・製作=想田和弘

発売:2010年7月24日
定価:3990円(税込)
品番:KKJS-99

本編135分 + 特典映像84分/片面2層ディスク/カラー/2008年/アメリカ=日本/音声:オリジナル(日本語)/ステレオ/ 英語字幕(本編)日本語字幕(本編)/16:9 LB ビスタサイズ

特典映像(約84分):山本昌知医師との対話(「こらーる岡山」診療所代表)/私達が映画に出た理由(出演者による座談会)他
封入特典:新聞風解説リーフレット/想田和弘監督と森達也氏の対談他

発売元:アステア/販売元:紀伊國屋書店

発行元サイトにて詳細を確認する>>

関連リンク

映画『精神』公式サイト

関連記事

こころの傷に特効薬、ありますか? 想田和弘監督作品『精神』公開!

話題の秀作ドキュメンタリーが登場! 映画『選挙』

『歌舞伎町で待ってます―風俗嬢れもんの青春物語(メタモル出版)』著者=牧瀬 茜

『狂人失格(太田出版)』著者=中村うさぎ

tokyo_yui.jpg
東京ゆい 他人の人生を覗き見するのが趣味。聞き役なら、愚痴、ぼやき、自慢話、何でもこい。サブカル系と思われることが多いが、実際はサブカルをほとんど知らない。休日は動物と触れ合っていることが多い。
 | 
10.07.19更新 | レビュー  >  映画
文=東京ゆい |