worldcryptobinary 1 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C) Laurent Thurin-Nal / MK2

WEB SNIPER Cinema Review!!
夜9時の鐘が鳴るまでに……男と女がたどりついた愛の場所で――
イタリアの南トスカーナ地方で出会った男女。彼らが夫婦に間違われたことから始まるラブストーリー。『桜桃の味』で第50回カンヌ国際映画祭パルムドールに輝いた巨匠・アッバス・キアロスタミ監督が、初めてイラン国外で撮影。本物の夫婦を演じているうちに少しずつ互いの心情を変化させていく一組のカップルは、最後に何を見るのだろうか。

2月19日(土)より、ユーロスペースにて公開!(全国順次)
 | 
こいつはやばいぞ! まじで巨匠だ。キアロスタミは、いやたしかにすでに巨匠だけど。この映画、濃くてたっぷり樽の養分が溶け出した、ウィスキーみたいな感じ、濃く静かに続くモノホンの芸術映画だ。
大体において、まずトスカーナの街と、2人の中年の男女しか映っていないのに、え? あれ? え?と惹き付けられ続けるテンションが凄い。普通に会話が続いているだけで、たとえば映画のターニングポイントともなる喫茶店でのシーン、カメラが切り替わった瞬間に、ハリウッド映画で言うなら兵器工場が爆発するくらいの衝撃に襲われる。いやただ、机に2人の男女が座っているだけなのだが。
けど確かに日常生活においては、工場が爆発しなくてもたとえば、相手が自分の話に対して予想を全く超えた反応をして来たら衝撃を受けるだろうし、この映画にはつまり、日常における感触がまずとてもよく詰まっている。

たとえば、地下室に下りていくシーン。観ているだけで、湿って少し冷えていてカビっぽい空気の匂いが伝わってくるし、車に乗り込むシーンでは、フロントガラスを通して伝わってくる昼の光の温かさが感じられる。そういう感触がこの映画にはあって、そのうえでその合間はどこまでも概念的な「本物と贋物」についての会話で埋められていく。それはとりもなおさずこの映画の男性主人公、ジェームズが出版した本「承認された贋物」についての話で、それがこの映画の原題だ。
ジョージの説をかいつまんで話せば「本物と贋物という区別は曖昧で、認められた贋物というものもあるし、本物も元を正せば世界の贋物(コピー)だ」というもの。ミロのヴィーナスは、ダヴィンチがモデルとした夫人のコピー(贋物)だし、300年前にミラノの職人が作った「『紀元前ローマ時代の壁画』の贋作」は本物の贋物として美術館に飾られている。さらに、子供の意見は一笑に付されるが、同じことを哲学者や作家が言うと人はありがたがって聞くとか、単純な夫を愛し、楽することが人生で一番大事と信じる妹は正しいかとか、対話は手を替え品を替え続いていく。
やがて気になってくるのはもちろん、この2人の関係自体はどうなのかということで、2人の会話はやがて哲学的な話題から自分たちの話へと移り、真偽を審判していた彼らは一転、逆に観客によって真偽を推し量られる対象へと変わっていく。


(C)Laurent Thurin-Nal / MK2


そうして続いていく本作なのだが、なによりこの映画の女の最後の台詞はすごかった。これこそ本物だ。あんなにハッとする台詞、それもそれ自体を取り出してみれば何の意味もない言葉なのに、そこにあそこまで力を持たせたというのは、その言葉がこの映画の100分を経て発せられたからだ。
今までの本物と贋物についての概念的な会話、そして一方の光や空気といった身体的なもの。その全てが見事にこの最後の一言に集約して、急にある真実が目の前に現われる。そこには真実のハッとするきらめきがある。その一言がまるで、自分の思い出のように体の中に入ってくる感じだ。
日常から始まり、全てがあやふやになっていき、そして最後に突然真実を観せられて夕方の鐘が鳴る。2人の男女のわずか1日の出来事を追った本作は、緻密な計算とそれを突き抜ける情感に満ちていた。

ところで観終わって気づくのは、この映画にはイランの要素が全くないということだ。今まで長篇劇映画は全てイランで撮影して来たキアロスタミ監督なのに、本作のイラン要素はといえば作家がとってつけたように呟く一片の詩だけ。傑作だけど、キアロスタミの映画だということを忘れてしまう、まるでもう1度別の巨匠が誕生したように感じたのはそのためだ。
宗教革命以後の現在のイランは、検閲が厳しく映画を自由に撮ることができない状況だという。そんな母国をついに離れ、ヨーロッパ資本、フランス語のイタリアロケで撮られた本作。出来上がった完璧なヨーロッパ映画に「承認された贋作」という名前を付けたのは、キアロスタミ監督のイラン人としての矜持なのだろうか。

文=ターHELL穴トミヤ

『トスカーナの贋作』
2月19日(土)より、ユーロスペースにて公開!(全国順次)
(C) Laurent Thurin-Nal / MK2

原題= CERTIFIED COPY
監督= アッバス・キアロスタミ
撮影監督= ガエターノ・ダニエル
出演= ジュリエット・ビノシュ、ウィリアム・シメル 、ジャン=クロード・カリエール、他

配給=ユーロスペース

2010|フランス・イタリア合作|カラー|106分|35mm|1.85:1|ドルビーSRD

関連リンク

映画『トスカーナの贋作』公式サイト

関連記事

終電が終わったあとの街は、いつもと違うことが起こりそうな予感に満ちている。そこは徒歩で思考を深める哲学空間だ!『その街のこども 劇場版』公開!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊 ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。 http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |