本家三行広告 2 ミストレスランド 1 worldcryptobinary 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C) Zentropa Entertainments 2009

WEB SNIPER Cinema Review!!
『ダンサー・イン・ザ・ダーク』『奇跡の海』のラース・フォン・トリアー監督最新作
愛し合っている最中に愛する息子を事故で失った夫婦。深い悲しみと自責の念からしだいに神経を病んでいく妻。セラピストの夫は自ら妻を治療しようと試みる。催眠療法から、妻の恐怖の根源を探り出した夫は救いを求めて楽園であるはずのエデンにふたりで向かうが、事態は更に悪化していく。現代のアダムとイブが、愛憎渦巻く葛藤の果てにたどりついた、驚愕の結末とは……。

2月26日より、新宿武蔵野館、シアターN渋谷、ヒューマントラストシネマ有楽町にてロードショー!
 | 
「カンヌで上映中、退場者が続出した」というのもうなずける。ある日突然、子供を失った夫婦。職業カウンセラーである夫が、深い悲しみに落ちた妻を治していくうち、深い闇に迷い込んでいく。みたいなサイコサスペンスだと思って観ていると、突然の残酷描写に凍り付かされる(本当に場内が凍り付くのが伝わって来た……)。シャルロット・ゲンズブールが出演しているからといって、カップルで観に行かないほうがいいと思う。女性より、むしろショックを受けるのは男性のほうだ。映画を観終わった後は会話も途切れがちになり、なんとか食事をして、時間がたって、よしセックス!と思ってもその途端「薪」や「挽き臼」がフラッシュバック、パニックになってビルから転落ということになりかねない。

監督は、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』『ドッグヴィル』のラース・フォン・トリアー。彼は数年前うつ病に陥り、そこから抜け出すために、本作のシナリオ執筆を始めたのだという。完成したのは全くもってその暗黒がよく伝わって来る、悪意に満ち、混乱した映画だった。


(C) Zentropa Entertainments 2009


扱われているのは「女性の本質」だが、監督はなにか女性に恨みでもあるのだろうか……。いや「キリスト教こそが女性を憎んでいるのだ」というのがこの映画のメッセージなのかもしれないが、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』でのビョークへの執拗ないじめといい、監督は何か女性にまつわる重大な問題を抱えているとしか思えない。
映画は4つのブロックに別れていて、進むにつれ混乱の度合いは深まっていく。舞台は街から森へと移り、母であり、妻であったゲンズブールは「魔女」へと変貌する一方、キリスト教的な「罰」との間で揺れ動く。

冒頭の「情事の最中に子供を失う」という設定からして、監督の悪意は絶好調だ。生殖以外のセックスに後ろめたさを感じるキリスト教的価値観が元にあるのだろうが、それにしても、ハイスピード撮影の精彩映像で永遠とその瞬間を交互にみせるのはかなりのアンチクライスト(いやむしろ、厳格なカトリック神父に成りきって『罰を与える!』と異常興奮状態で撮影・編集していたのかも)、ところが映像は美しい。
映画の後半では悪意の力でキリスト教的価値観を突き抜け、魔女と一緒に原初の人間の世界に行こうとするが、なんて分析はやはりどうでもよくて、やはりこの映画は「薪」! そして「挽き臼」につきる。

大体、「芸術映画であってもチンポ、まんこにはボカシです!」という日本の映倫に感謝する日がやって来るとは思わなかった。これが、もしボカシなしだったらと思うとゾッとする。実際NYフィルムフェスティバルで上映された際は、衝撃シーンの連続に観客(中年の男性)が失神、救助隊が突入する騒ぎになったらしい。

夫役のウィレム・デフォーといえば若い頃は『ラブレス』、『ストリート・オブ・ファイヤー』で、革ジャンにバイクのやんちゃな不良役だった。それが時を経てこんな山奥で大変なことになっちゃってと、(同じ男として)終始こぶしを握りしめながらスクリーンを眺めていた。
果たして女性はこの映画をどう観るのだろうか。「えーやだー、うわ! あり得ないんだけど!」とか言って、忘れた頃に部屋に2人きりでいる時、薪を取り出して来たりしたら……。夜眠っていて、なにかゴソゴソしてるなとふと目を覚ましたら横で挽き臼を用意していたら…。この映画、男性はレディースデイに観に行くのがいいかもしれない。場内に自分以外、全員女という状況で観たら相当怖くてよさそうだ(場内が明るくなった瞬間、隣の席の女性が薪を持ってこちらを凝視していたら……)。


(C) Zentropa Entertainments 2009


しかし最後の、「タルコフスキーに捧げる」というのは何なのか。一体、どこがタルコフスキーなんだよ! 確かに最後の森の斜面のシーンはタルコフスキーっぽかったけど。それとも森と道具の組み合わせということ? それとも同じキリスト教映画としての、連帯表明なのだろうか……。

そして、この映画、実は森ガール映画なのだ。森ガールといえばその言葉を発明したmixiコミュニティの説明によれば「透明感があって」「『森にいそうだね』と言われる」感じで、映画なら『ハチミツとクローバー』の蒼井優と、『ただ、君を愛してる』の宮\xFAアあおいということになる。しかし今日からはそこに『アンチクライスト』のシャルロット・ゲンズブールが加わった。本作で身体性を否定し、森を裸足で歩き回るゲンズブールこそ、まさに森ガールの行き着く先だ。セックスを排除し、母性も排除し、しかし男を求めて「Where are you!」と絶叫する魔女こそ、究極の森ガール。これからは、森ガール映画に『アンチクライスト』も加えてほしい。
とにかくこの映画を一番観て欲しいのは森ガール。彼女が森ガールという人は、もう絶対に一緒に行くべきだ(カップルにぴったりの映画です)。そしてその後、山奥にキャンプに行くといいと思う。半年後には「薪」と「挽き臼」の携帯ストラップが森ガールの必須アイテムになっているに違いない。

文=ターHELL穴トミヤ

称賛と嫌悪が物議を醸した
エロティック・サイコ・スリラー!!


FLV形式 6.06MB 2分00秒

『アンチクライスト』
2月26日より、新宿武蔵野館、シアターN渋谷、ヒューマントラストシネマ有楽町にてロードショー!
(C) Zentropa Entertainments 2009
原題=ANTICHRIST
監督・脚本=ラース・フォン・トリアー
出演= シャルロット・ゲンズブール、ウィレム・デフォー、ストルム・アヘシェ・サルストロ

配給=キングレコード + iae

2009年|デンマーク・ドイツ・フランス・スウェーデン・イタリア・ポーランド合作| カラー及びモノクロ|シネマスコープ|104分|ドルビー・デジタル|英語|DLP上映

関連リンク

映画『アンチクライスト』公式サイト

関連記事

ドーバー海峡を挟んでイギリスと相対するフランス側の港町、カレ。茫漠とした港町で、ジャン・ギャバンばりのおっさんとクルド人少年が出会う 映画『君を想って海をゆく』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊 ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。 http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |