ミストレスランド 1 本家三行広告 1 worldcryptobinary 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C) 2009 BIG HOUSE / VANTAGE HOLDINGS and LOTTEENTERTAINMENT.All Rights Reserved.

WEB SNIPER Cinema Review!!
怪獣映画史上最小スケールのスペクタクル!
都会から離れた平和で長閑な山村で、ある日、滅茶苦茶に引き裂かれた惨殺死体が発見される。その後も次々と起こる無差別猟奇殺人事件。人々は不安と恐怖に苛まれるが――。『グエムル‐漢江の怪物‐』(ポン・ジュノ監督)、『D-Wars ディ・ウォーズ』(シム・ヒョンレ監督)に引き続き、韓国から新たな怪物が上陸した。その正体は巨大人喰いイノシシ!! 命をかけた闘いの中、繰り広げられる意外な人間ドラマとは……。

10月22日(土)より、シアターN渋谷にてモーニング&レイトショー 他全国順次公開
 | 
もしあなたが公民館にいる時に人喰い猪に襲われたら……。全く想像だにしないその事態を前にしてあなたは果たして正気でいられるだろうか!? 俺なら大丈夫、『人喰猪、公民館襲撃す!』を観たから!! そんな究極の、モンスタームービーが韓国から登場した。
と勢いで言ってしまったが、やっぱりそこまで究極じゃない本作(お詫びして訂正します!)。タイトルから想像した「ヤベー! 着ぐるみの猪とか出て来ちゃう半端じゃない低バジェットD級映画で、韓国版エド・ウッドみてーな感じか?!」という予想も裏切られ、実はしっかりと予算のかかったホームエンタテインメント作品なのでした。

主演は韓国ドラマでキャリアを重ねて来たオム・テウン。本作は、「出てくる男達がシリアスな表情のまま、どいつもこいつも全く役に立たない」というところが一番のポイントで、そんな脇役陣を『グエムルー漢江の怪物』『母なる証明』のユン・ジェムン、『義兄弟』のパク・ヒョックォン、韓国のベテラン大部屋俳優チャン・ハンソンなどが熱演している。
肝心の猪は主にCGで作製され、『デイ・アフター・トゥモロー』、『パーフェクト・ストーム』、『スター・ウォーズ エピソード1』など数々の大作映画に特殊効果で参加したハンス・ウーリクが担当。さらに、スタントマンが中に入った着ぐるみバージョン、機械仕掛けバージョン(アニマトロニクス)も使い分けられ、表情豊かな人喰猪があんな人やこんな人を襲って食べるのを存分に楽しんじゃおう!とこういう趣向になっている。

観始めてまず「えっ?」と思うのが、これが実はコメディテイストだというところで、全編を通じて続くこの独特のノリはまさに異文化コミュニケーションだった。本庁から来たデカは手癖が悪く、本筋と全く関係ないところで机の上のものをパクり続けているし、警官隊は出てくる度にコケている。10分ごとに繰り出し続けられるギャグの律儀さと、ベタさには「これは韓国のお茶の間サービスということなのか?」と戸惑ってしまったのだが、油断していると切れ味鋭いブラックなネタが飛び出して来て、安心ばかりもしていられない。
タイトルにもなった「公民館襲撃」シーンでは、主人公の同僚による本作シリアスギャグの最高傑作の1つが炸裂し、またその前段階では「イヤミな若手猟師が突然、犬に話しかけられる」というまさかの演出が用意されている。

このユン・ジェムン演じる若手猟師こそ本作で最も輝いていたキャラクターで、彼は猪を討伐するために都会から呼ばれたスター的存在なのだが、たしかに映画の前半では傲慢で鼻持ちならない人間にすぎない。
ところが、この犬に話しかけられるシーンを境に(彼は抑圧した内心の声があると犬に話しかけられてしまうのだ!)、彼も奥底にはピュアな世界を抱えたインナーワールド系ガイであることがほのめかされ始め、やがてチョン・ユミ演じる女性動物学者との恋が芽生えそうになるや、「一芸に秀でてはいるが人間の女性のことはまるで理解できない童貞キャラ」へと華麗に変化! ついには今まで「チャラチャラしやがって」という目線の対象でしかなかった、彼のポニーテールや、アーミーパンツ、指出し革グローブなどのアイテムが俄然、光り輝く童貞パーツに見えてくるという、メイク・ミラクルを成し遂げているのだ。

そんな彼がセルアウト(=成功し政治化)した自己を見つめ直し、今一度立ち返った童貞マインドで、ハイテク機器などを駆使しつつ(ここがまた童貞っぽい)猪へと突撃していくシーンは誰が何と言おうと、もし監督にインタビューできる機会があってそれを本人に否定されようとも(「あなたは考えすぎてしまった様ですね」)本作のハイライトだと断言しよう!

この最終決戦の舞台となる森はアメリカでロケされており、スターウォーズでも使われていた同じ場所だという。そこまでする必要があるのか……と思ったのも事実だが、いや確かに雰囲気のある森だった。なんか予算がかかってるんだかないんだか、本気だかそうじゃないんだか不思議なこの映画にぴったりなエピソードだと言える。

本作、会社をサボった日に何となく観に行って自分を見つめ直したりするのにおすすめだ。その時は一緒に、ユン・ジェムンが劇中で食べていたクリームパンを買うのはどうだろう。クリームパンも童貞っぽいから、帰り道犬に話しかけられるかもしれない。

文=ターHELL穴トミヤ

『グエムル ‐漢江の怪物‐』『D-Wars ディ・ウォーズ』に続いて
韓国からまた新たな怪物がやってきた!!  話題の予告動画を公開中!


FLV形式 5.15MB 1分47秒

『人喰猪、公民館襲撃す!』
10月22日(土)より、シアターN渋谷にてモーニング&レイトショー 他全国順次公開
(C)2009 BIG HOUSE / VANTAGE HOLDINGS and LOTTEENTERTAINMENT.All Rights Reserved.
原題= Chaw
監督= シン・ジョンウォン
出演= オム・テウン、チョン・ユミ、チャン・ハンソン、ユン・ジェムン

提供・配給=キングレコード 
宣伝=ビーズインターナショナル 

2009年|韓国|カラー|121分|デジタル上映 


関連リンク

映画『人喰猪、公民館襲撃す!』公式サイト

関連記事

韓国にも童貞がいた! 映画『エイリアン・ビキニの侵略』公開!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |