ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
2011.10.30.Sun.at Tokyo Big Sight.
有明・東京ビッグサイト
「ティアズマガジン」vol.98

プロ・アマを問わないマンガ作家・イラストレーターたちが、自主出版した本・作品を発表・販売する展示即売会=コミティア。そこは作家たちが自分の個性を自由に発揮できる場であり、訪問者にとっては未知の表現に出会えるかも知れない宝の島――。 去る10月30日に開催された「COMITIA98」の収穫物を、コミティアファンの伊丹直行氏と「あぶらいふ」編集人の井上文氏に紹介してもらいます。編集部でゲットしたお宝も併せて掲載しますので、よろしければぜひチェックを!!
 | 
■創作同人誌の祭典『コミティア』、収穫物を一挙紹介!!

□書名=人間不信
□サークル名=いまい漫画株式会社

3.11以降の表現とは!等と大上段に構えた論説があったりしますが、現在進行形の問題でもあるし、色々センシティブな部分を抱えていたりするし……と色々考えていたところにこの本です。元々、シュールでブラックなのだけれどどこか抜けの良いギャグが冴え渡っているサークルなのですが、今回はその懐の広さを見た気がします。しかし何故、現在の不良なのにリーゼントなのか、だけが気になりますね……。(伊丹直行)

□書名=夜と宇宙とネコ
□作者=たかはたまさお

イラストレーターの作る本「土星」を主催されている高旗将雄さんの新作は24Pに短編を3本収録。内容はタイトルどおりに夜と宇宙とネコのお話。1本目は夜の夢の覇権を担う二大巨頭“バク”と“枕返し”がとある夜空でバッタリ。2匹の相克はこれまた観測者である屋根の上の黒猫によって見守られながら手に汗握る大バトル……とはなりません。2本目は常日頃宇宙に思いを馳せる夢見る少年が、うつつからネコの呼びかけで宇宙的な大発見! だけど本当に彼が見つけたものは……。3本目はネコの家臣と殿様の問答がねずみの入れ知恵でおかしなことに……という短編3本、どの作品もほっこりしますが振り返れば全てにネコが描かれたネコ同人誌でさらに和みます。2本目は高旗さんの日記サイトで全頁閲覧可能なので是非。(編集部)

□書名=ASTORONAUTS
□作者=原田尚
□サークル名=素路

不治の病に懸かった幼なじみ「一騎」と共に、自分の将来に期待しなくなった中学3年生の「信也」が未来の自分に会いに行き、今を後悔しないための礎を胸に得る。タイムトラベルものが好きだけれど、なぜ好きなのかと言えば、この作品にもある蕾みたいな固さがどうしようもなく好きなんだと改めて思った1冊。何歳になっても人は未来の前で青い。(井上文)

□書名=LV30
□作者=柳田人徳
□サークル名=めこ

コミティアに来るたび、必ずチェックするサークルが何個もあります。長年足を運んでいるうちに、新刊が出なくなったり参加自体がなくなっていくサークルもあって、趣味で創作をやっていくことの厳しさについて考えることもあります。「めこ」の新刊は、同人誌を買うだけの自分からは見えにくかった「創作を続けることの厳しさ」と、そこから見える希望について書かれていて、非常に胸に響きました。(伊丹直行)

□書名=G20 KMS kanban musume summit 2011
□サークル名=henazin★
各界から看板娘を集めた!という体の合同誌。印象的な書影は看板娘たちのシルエットをあしらったモノです。実際に冒頭では看板娘たちがあーでもないこーでもないと仲睦まじく遊んだりお話ししたりと、各作家さんとキャラを知っていても知らなくても楽しい雰囲気が伝わってきます。P46-47ではフキダシのみで各キャラたちが騒いでおり、各看板娘の同定作業を楽しめるという親切な作り。こうした合同誌は誌面の楽しげな雰囲気とは裏腹に編集の苦労が忍ばれるのですが、主催のねこまふさんには是非とも次回以降の開催も期待したいところ。頑張ってください!(編集部)

□書名=狐と狼の話
□サークル名=ゴースト
虫が苦手な人でもついつい読んでしまう、可愛さ溢れる虫の漫画でおなじみのゴーストさんの新刊は、虫ではなく狐と狼が主役です! しかし漫画の可愛さ・出てくる生き物への造詣の深さは変わりません。今回、お調子者な狐が非常に可愛いのですが、狼のかっこよさにもうっとりできてお得な1冊です。(伊丹直行)

□書名=ゴールデンタイム
□作者=石垣裕太郎
□サークル名=恐竜ランド

おしっこでこんなに軽々とファンタジー。黒と黄色の2色刷りで描かれた“おしっこが止まらなくなってしまった女の子のお話(表題作)”は、トイレでの困惑から始まって泳げるほどのおしっこの中で恋が走り、「そのもの青き衣をまといて金色の野に……」と伝説を生み、ついにSFにいたるギャグテイスト。おしっこが黄色くてきれいであったかくて恥ずかしくてよかったとしみじみ。(井上文)

□書名=くろほん
□サークル名=ステーキハウスまで何マイル
エロくてぷにぷにした女の子が死ぬほど可愛い「派手な看護婦」さんの、クロッキー帳をそのまま(?)同人誌にしたもの。可愛い女の子の落書きが所狭しと載っています。落書きと言うにはクオリティが高すぎる女の子の絵に混じって、講義のメモやよく分からない落書きが載っているのもリアルです。本の仕様もクロッキー帳風になっていて、たいへんかわいい。(伊丹直行)

□書名=変態
□作者名= ソウマトウ
□サークル名=まよいばし

サークルまよいばしの漫画制作ユニット、ソウマトウさんの新作。タイトルと書影でロリ変態モノかと思った私は要反省。表題が指し示しているのは幼生から成体への変態です。成長期・思春期の恐怖や不安などが、生物の変態という現象を用いて鮮烈に描かれている。なかでも蛹への変化の過程でドロドロのスープ状に変化しても自己同一性を保てるのか、という不安が胸を打つ。私たち人間も約3カ月で細胞が丸々生まれ変わっている等と言われるが、その際に感情や心のあり方が少しずつ削ぎ取られながら変化していると想像すれば、完全変態したいなんて思うからこれまた要注意です。(編集部)

□書名=Launch_Pad 1.1
□サークル名=PLAINTEXTFILES

「電子書籍世代の校内図書室の在り方を考える」作者が「ボーイ・ミーツ・ガール的な舞台装置として、図書室は機能するのか」というテーマに照準を合わせて見事な狙撃を披露。撃たれました。近未来、データ化された本を管理する図書部の部長(可愛い女の先輩)がいつも手に持つ「3.5インチハードディスクドライブ大の『何か』」が胸に飛び込んでくる実弾。小さな造本そのものや小説という形態の意味も含めて、これはずっと持っていたくなる1冊。(井上文)

□書名=芙蓉のひと
□作者=成松幸世
□サークル名=みそ煮/misoni

みそ煮の成松幸世さんの新刊は関西コミティアにて初出のゆる百合コピー本22P、しゃべるたびに口から白い物体が零れる女の子の話。ポップコーンのようで食べても美味しいときとマズイ時があるそれは、口から落ちると花のようにふくらむ。この不思議な花は彼女が恋する“彼女”に食べられたり“彼女”の膣内にとり込まれたり失恋の際もひどい味になったり。物語は同じ体質の新しい“彼女”ができて、花をコレクションされている描写で終わるのだが、作中で様々なメタファーを引き受ける白い花の様相に、読者それぞれの感慨を見初めていただきたく思う。(編集部)

□書名=ビュー
□サークル名=山崎由紀子

一枚絵でイラストで漫画でドローイングでコラージュで、全部を包括するとこういう表現になるような、それとも最初からマッシュアップされて生まれきたような、かっこいいイラストレーション作品集です。イラストにも芸術にも詳しくないのですが、カラーの使い方も線も全部かっこいい! ごちゃごちゃしているようで、読後感がすっきりした1冊。(伊丹直行)

関連記事

2011年5月5日(木)開催「COMITIA96」!!

2011年2月13日(日)開催「COMITIA95」!!

2010年8月29日(日)開催「COMITIA93!!

2010年5月4日(祝)開催「COMITIA92」!!

2010年2月14日(日)開催「COMITIA91」!!

2009年8月23日(日)開催 COMITIA89!!

伊丹直行 鉄道と同人誌を愛する三十路。財布は広々としていますが部屋は圧迫されるばかりです。

inouebun.jpg
井上文 SM雑誌編集部に勤務後、フリー編集・ライターに。猥褻物を専門に、書籍・雑誌の裏方を務める。「あぶらいふ」編集人。発明団体『BENRI編集室』顧問。
 |