本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『闇に沈められたプリマ バレリーナ捜査官暴力監禁室』(シネマジック)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『今日も義父に玩具にされて.../椎葉みくる』(光夜蝶)
雪村春樹流 緊縛ワークショップ『縄で組み立てるSMプレイ』 講師:紫春晏(紫春晏 写真展『日常とSMが混在した日常』展示記念イベント)開催!!
特選AVレビュー 『ヨーロピアンクォーター グラマラス爆乳ガール』(マザー)
読者代表takashi部長がイク! 第7回 鶯谷「Mフェチ・アブノーマル専門店 マニア東京」ユン -yun-さん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第7回 鶯谷「Mフェチ・アブノーマル専門店 マニア東京」ユン -yun-さん【2】
2ページまんが 酒場の女【19】
読者代表takashi部長がイク! 第7回 鶯谷「Mフェチ・アブノーマル専門店 マニア東京」ユン -yun-さん【1】
特選AVレビュー『挑発面接室/篠田ゆう』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー 『美少女機械人形●B×アナル&マ●コ2穴中出しファック×10連続大量ザーメンぶっかけ ほのか』(TMA)
秘めごとをさらす-現代のお籠りと鏡 インベカヲリ★写真展「理想の猫じゃない」 文=三木学
『マッド・ボンバー』みたいな映画が好きな私としては、本作で最も「ダメな僕」なのは殺人者になってしまった爆弾犯人だと思う!しかし...... 映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』公開中!!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年5月号
アクセスアップ
新刊情報
恥辱に悶える露出美女(大洋図書)
疼きを止められない母(ミリオン出版)
トワイライト・アンダーグラウンド+(大洋図書)
トワイライト・アンダーグラウンド(大洋図書)
HALA-TION(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.2(ミリオン出版)
艶熟SPECIAL Vol.35(大洋図書)
柔肌まさぐる夜這い(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.16(ミリオン出版)
giri giri Vol.24(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
special issue for Golden Week in 2011.
2011ゴールデンウィーク特別企画
戦後の焼け跡を生きたWEBスナイパーの著者たちが、かつてと現在をクロスオーバーさせて自分の今を見詰める特別寄稿シリーズ。他者や周囲の状況から人や物事を語るのではなく、個人の立ち位置から発せられる言葉によって結果として状況を批評する、エロティシズムのクリエイターならではの直裁なメッセージとは……。個、それぞれの中から立ち上がり、放出される「生きる力=エロス」をテーマにした臨時コラム。第1弾は連載「芳野流人生相談 10代からの飲酒案内」でおなじみの作家・芳野眉美さんです。
 | 
「それでも生きている」

昭和20年3月10日の東京大空襲(これはアメリカの軍による人災)にあったのは小学6年、焼け跡……中世の闇にもどってしまった。

小学校の卒業証書をいただいたのは、それから43年後の昭和63年3月25日でした。

中学に入っても、食い物がなくて、6月から長期休暇、誰もたすけてくれないし、勝手に生きろ……の時代、焼け跡に畠(はたけ)をつくった。肥料は人糞、たくさんある。

古道具屋で、イビツなバスケットボールを見つけ、バスケット部をつくった。なんたってイビツだから、投げるとどこへ飛んでいくやらわからない。

8月15日終戦、この夏は暑かった。広島長崎の原爆の放射能が、どれだけ大気中にあるのかも知らずに、イビツなボールを追って、焼けつく校庭をかけまわったハダシの足の裏は、ヤケドで皮がむけ血が滲んでいた。腹がへッて水ばかり飲んでいたのに、それは楽しかった。それが、生きている実感だったのでしょう。

その頃、広島で原爆にあった兄が帰還した。それでも、この兄は90歳まで生きました。


海あり、陸あり、酸素を含む大気ありで、しかも今でもプレートが動いているのが地球という星でして、その動くプレートの上にあらゆる生物が生きている。

プレートが動くたびに、地震あり、津波ありで、どれだけ生物が被害を受けてきたかわからないが、これが地球の活動、生き方なのだから仕方がない。

地球から見れば、人間のいう「天災」というのはありえなない。すべて自然なのである。


「がんばって下さい」

最近、耳にタコができるほど、アチラコチラでおっしゃっています。

これ「禁句」だと思います。相手によっては、こんな失礼な言葉はない。
がんばっていない人なんていないんです。

「一生懸命がんばっているのに、これ以上、どうがんばればいいのですか」

内心怒っている人のほうが多いのではありませんか。皆さんだまっていますけど。
みんなが言っているから、言っているだけ。


さて――

生まれて死ぬまでの一生は、その人の「作品」だと思います。世間の物差し、うその美徳を無視して、自分だけの「作品」を完成することは、いつの世でもかわりありません。

「なるようになる、心配するな」

というのが一休さんの遺言状だそうで、私は大好きデス。水の流れのごとく、自然に生きればよろしい。

人間は人工ではありません。自然です。

文=芳野眉美



<皆様からの相談・質問を大募集!
ご質問・ご相談案件を寄せてくださる方は、下の「投稿入力画面へ」より入力フォームをご利用下さい。個人情報のご記入は一切不要です。


尚、郵送の方は下記の宛先まで、葉書か封書にてお願いいたします。

【郵送宛先】
〒101-0065 
東京都千代田区西神田3-3-9 大洋ビル4階
株式会社 大洋図書
WEBスナイパー編集部「あぶらいふ」係

関連記事

「芳野流人生相談 10代からの飲酒案内」

yoshino_prof.jpg
芳野眉美 作家・ネクタール愛飲家。1952年、『奇譚クラブ』に高校3年生の時に書いた小説「孤独なFANTASY」が掲載され、デビュー。翌年2月号の「硝子便所」で評価が固まり、以後ネクタール(神の酒=おしっこ)を題材にした小説の元祖として多くのマニア読者に指示される。また「あぶいらいふ」での連載「芳野流神酒譚」で綴られたファンタジックなまでに刺激的な実体験は、数多のファンに衝撃を与えた。現在は『SMマニア』(マイウェイ出版)にて不定期に新作を発表している。
 | 
11.05.03更新 | 特集記事
WEB SNIPER編集部 |