ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『闇に沈められたプリマ バレリーナ捜査官暴力監禁室』(シネマジック)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『今日も義父に玩具にされて.../椎葉みくる』(光夜蝶)
雪村春樹流 緊縛ワークショップ『縄で組み立てるSMプレイ』 講師:紫春晏(紫春晏 写真展『日常とSMが混在した日常』展示記念イベント)開催!!
特選AVレビュー 『ヨーロピアンクォーター グラマラス爆乳ガール』(マザー)
読者代表takashi部長がイク! 第7回 鶯谷「Mフェチ・アブノーマル専門店 マニア東京」ユン -yun-さん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第7回 鶯谷「Mフェチ・アブノーマル専門店 マニア東京」ユン -yun-さん【2】
2ページまんが 酒場の女【19】
読者代表takashi部長がイク! 第7回 鶯谷「Mフェチ・アブノーマル専門店 マニア東京」ユン -yun-さん【1】
特選AVレビュー『挑発面接室/篠田ゆう』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー 『美少女機械人形●B×アナル&マ●コ2穴中出しファック×10連続大量ザーメンぶっかけ ほのか』(TMA)
秘めごとをさらす-現代のお籠りと鏡 インベカヲリ★写真展「理想の猫じゃない」 文=三木学
『マッド・ボンバー』みたいな映画が好きな私としては、本作で最も「ダメな僕」なのは殺人者になってしまった爆弾犯人だと思う!しかし...... 映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』公開中!!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年5月号
アクセスアップ
新刊情報
恥辱に悶える露出美女(大洋図書)
疼きを止められない母(ミリオン出版)
トワイライト・アンダーグラウンド+(大洋図書)
トワイライト・アンダーグラウンド(大洋図書)
HALA-TION(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.2(ミリオン出版)
艶熟SPECIAL Vol.35(大洋図書)
柔肌まさぐる夜這い(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.16(ミリオン出版)
giri giri Vol.24(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
special issue for special-effects adult video company GIGA.
WEBスナイパー総力特集!
他に類を見ない特撮系AVメーカー『GIGA』に迫る


貴方の最強「GIGA」ヒロインは誰だ!!【2】

文=井上文





『忍者Vol.45』
主演/姫川りな 監督/羹灼
目次に戻る
 | 

<< 前回の記事を読む

素顔がほとんど晒されているヒロイン
戦闘能力よりも、いかに恥辱に耐える精神力を持っているかがポイントになる
2、顔出しヒロイン編

変身するとコスチュームが変わり、様々な特殊能力を使えるようになる。ただし完全な異形になるのではなく、素顔がほとんど晒されているヒロイン。アイマスクのみをつけた可愛らしい変装が主流だが、中には逆に口元だけを隠したヒロインもいる。責められている時の表情が比較的よく見えるので、むしろ好んで顔出しヒロインを観るファンも多いだろう。強さの点では、戦闘能力よりも、いかに恥辱に耐える精神力を持っているかがポイントになる。

『ネオセーラー戦士ムーンヴィーナス』(主演/扇小夜 監督/坂田徹)
「ネオセーラー戦士ムーンヴィーナス」

女優:扇 小夜
監督:坂田 徹
収録時間:75分
価格:10,500円
商品番号:TZZ-26






普段は女子校生。しかしそれは仮の姿で、本当は地球から遠く離れた第二の月の惑星・ホワイトムーンからきた正義の戦士。
「地球の勉強ってホント難しいわ」

こんな普通っぽさは顔出しヒロインならではだ。

家での勉強中、最近世界中の真珠を強奪している暗黒真珠団が、彼女の親代わりの川田博士を誘拐したことを知る。
「ムーンヴィーナス・チェンジオン!」
博士を救うべく、変身して敵の戦闘員たちと闘うムーンヴィーナス。必殺技「ムーン・ビームアイ」で撃破するも、足がふらつくほどエネルギーを大量消費してしまう。
敵がそこを見逃すはずもない。一度は退けた敵の中ボス・ザボンガー、さらに大ボス・ダークパールが二人がかりで彼女を拉致。ムーンヴィーナスは両手両足を鎖でつながれ、電マ拷問の餌食に堕ちていく。
どうやら敵が知りたいのは、ムーンヴィーナスの力の源である月のエナジーの秘密のようだ。が、そんなことを教えてしまっては地球が危ない。
仮面をはがされ、マンスジに電マを当てられ、息を荒くする様子を世界中にネット配信されても、ムーンヴィーナスは耐え続ける。さらには鞭でコスを切り裂かれ、出血しても気丈さを失わない。
初めて動揺を見せたのは、磔台に大の字固縛され、顔面玩弄をされた時だ。
豚鼻にされ、口をカエルのように開かされて嘲笑われるムーンヴィーナス。こうした責めも顔出しヒロインならでは。
反抗心が少しだけ弱まったところで、犬のように首に鎖を巻かれ、乳揉み、股間責め。さらにダークパールが「お前を妻として迎え入れよう」とバック姦。中出しされ、処女だったムーンヴィーナスは泣き顔になるが、秘密は言わない。
その後も毎日凌辱されるヴィーナス。涙と涎を流しながらバイブでイカされ続けた挙句、妊娠。ダークパールの子の母として敵の軍門に下る【BAD END】。

ダークな終わり方でちょっと驚く。しかしその分だけ乙女心や処女性という健全な明るさもきっちり描き込まれ、スーパーヒロインとしての物語が成立しているところに面白さがある。
巨大ヒロインや、後で紹介するマスクヒロインは、見た目からして普通人とは全く違い、ヒロインであることをアピールしやすい。だから敢えて描かれないようなところまで、顔出しヒロインの場合は綿密に描かれていることが多い。見た目とは別のところでキャラを立たせているわけだ。
近作の顔出しヒロインもので例を挙げると、たとえば『セーラーゴージャス』(主演/夢咲ルシア 監督/羹灼)は、お嬢様ヒロインというキャラで、セリフが非常に多く、敵の言葉責めに対して「なんて破廉恥な! 言葉をつつしみなさい!!」などと言葉遣いに特色を出している。
また、変身すらしない生身の人間がヒロインを務める作品も出ており、『怪盗エメラルダ』(主演/川上リエ 監督/式正義)では出生の秘密や敵たちとの過去の因縁がクローズアップされている。

そんな中、私が特にグッと来てしまった顔出しヒロイン作品はこれである。

『ふたなりヒロイン ギャラクシーガール』(主演/一之瀬あきら 監督/SCHWARZEN \x87V)
「ふたなりヒロイン ギャラクシーガール」

女優:一ノ瀬 あきら
監督:SCHWARZEN \x87V
収録時間:60分
価格:10,500円(税込)
商品番号:GXXD-04




冒頭、強盗団の逃亡を阻止するギャラクシーガール。その際、敵の放つ銃弾を素手でひょいひょいキャッチする。
しかし、優勢だったのも束の間、股間を蹴られるとたちまちグロッキーに。勝つには勝ったが、家で寝込んでしまうのだった。
そう、彼女にはおちんちんがついていた。そしてそのことを悩んでいた。
彼女はかつて滅亡したギャラクシー星人の生き残りで、赤ん坊の頃に地球に落ちてきたところを人間のおじいさんに助けられ、普通の女の子として育てられていた。ふたなりなのはギャラクシー星人としては普通なのだが、そこまでの記憶を持たない彼女は、自分のおちんちんにもの凄いコンプレックスを抱いていたのだった。
「私がこんな身体だと知ったら、みんなはどう思うだろう……」

この湿っぽさがたまらない。
そんな彼女に恐ろしい追手が迫る。ギャラクシー星人の完全討伐を狙う組織に雇われた、痴女アンドロイド・ミスブレイカーである。
かつて自分の故郷を滅ぼしたのもこのアンドロイドだと知ったギャラクシーガールは、怒りに燃えるが、ミスブレイカーはギャラクシー星人の能力を奪うCRP鉱石を使ってまんまと彼女を拘束してしまう。
そしてこう言い放つのだ。
「これまで、おちんちんを隠してきたお前に、公開で罰を与えるの。地球人にはさぞかしがっかりされるでしょうね」

カメラの前、CRP鉱石を削って作った細い棒を尿道口に突き刺され、ウリウリされるギャラクシーガール。
「私は負けない」と言いつつ、フル勃起。さらにそのビンビン魔羅をネチこく手コキされ、ついには立ちバックでぺニバンレイプ。
「んあぁぁっ」
イキそうになるところで寸止めされ、レズキスで尚も虐め抜かれて理性を奪われていく。
「だ……出させて……下さい」
カメラの前で懇願しつつ、やがてだらしなく精子を垂れ流してしまうギャラクシーガール。

それでも責めは終わらず、最後には自ら「おちんちん」という言葉を口にし、マゾ悦に酔って微笑みさえ浮かべる淫乱ガールに堕落してしまうのだった【BAD END】。

巨大ヒロインものとは真逆で、顔出しヒロインものの場合は、とにかく徹底的に虐め抜かれる作品のほうがキャラが活きる気がする。強さの捉え方としてはややこしいが、姿が人間であるために、ギミックよりも具体的な身体性や行為のほうが、魅力の源としてより強く迫ってくるように感じられるのだ。
その意味で、ギャラクシーガール(一之瀬あきら)のふたなりは強さの基準「A、ヒロインの背景」において完全にリアルであり、その強さゆえに抜きんでたスケベ度を獲得していると言えるのである。貴方の中ではどうだろうか。


(続く)


★GIGA 撮影スタッフ大募集★

特撮ヒロインAV及びマニアックメーカーのGIGAでは、現在撮影スタッフを募集しております。特撮に興味がある人も、そうでない人も、映像製作現場に参加したい方はお電話ください。みんなの手でスーパーヒロインを作り上げましょう!

(株)GIGA 
03-3444-8470  撮影スタッフ募集係まで!


関連リンク

GIGA For FREEKS
スカトロ・マニアック系専門サイト - ZEUS - ゼウス
ヒロイン ドラマ 動画 | zenピクチャーズ 禅

関連記事

【AVレビュー】『セーラーゴージャス(GIGA)』


inouebun.jpg

井上文 1971年生まれ。SM雑誌編集部に勤務後、フリー編集・ライターに。猥褻物を専門に、書籍・雑誌の裏方を務める。発明団体『BENRI編集室』顧問。

 |