ミストレスランド 1 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『人生いろいろ おっぱいいろいろ(FAプロ)』
こんな出会い方はいかが? SM専門交際クラブ「六本木ファイル」オープン20周年の実績と意味
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書【19】「縛」という一字
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『素人マスク性欲処理マゾメス15(クリスタル映像)』
青森から上京したての色白20歳娘がおませな淫語を連発しながら恥ずかしい痴態を披露『チャレンジ!タイマー電マ えな 春日えな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【16】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『愛玩牝犬継承 喪色の前門肛門嬲り』(シネマジック)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【15】『純愛コラプス』著者=流一本(ヒット出版社)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第8講 食酢浣腸の醍醐味【2】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『24時間ボクだけの男の娘 リンドル星川(僕たち男の娘)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【15】私たちはなぜ日本を愛するのか
インターバルの長短で性感を限界まで鋭敏化させるいやらしいタイマープログラム『チャレンジ!タイマー電マ ゆな なつほ』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  美熟女の爆発オルガ2 極上ド淫乱35才 (アートビデオ)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書【18】私の性の原風景
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『うちの妻にかぎって...「(夫に)怒られちゃうから...」今にも泣き出しそうな顔でそう言うと僕の妻は他の男にカラダを許した【寝取られ】人妻中出し【NTR】18(BIGMORKAL)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【15】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『微乳A とっても感じる小っちゃいおっぱい あべみかこ (ドリームチケット)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【14】『媚少女ぱーてぃー』著者=いぶきち(コアマガジン)
脳までトロける魔振動にビクンビククンと痙攣するリアル絶頂ドキュメント『チャレンジ!タイマー電マ あめり りま』(大洋図書)発売!!
アクセスアップ
新刊情報
ごぶさたな奥さん 2022年5月号(大洋図書)
よろめきSpecial艶 2022年5月号(大洋図書)
実話ナックルズGOLDミステリー Vol.6(大洋図書)
TOKYO GALs COLLECTION SP Vol.16(大洋図書)
物忘れや認知症に効く頭体操! おとなの脳活100日ドリル(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.33(大洋図書)
栄養学博士が教える「たんぱく質」最高のとり方(大洋図書)
実話ナックルズGOLD Vol.25(大洋図書)
まちがいさがしパーク&ファミリー 桜月特別号(大洋図書)
昭和の不思議101 2022年 陽春号(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

WEB SNIPER special contents
SM専門交際クラブ「六本木ファイル」オープン20周年の実績と意味 
様々に変化してきた男女の出会い方。テレクラや出会い系サイト等の時代を経てマッチングアプリが全盛の今、SM専門の交際クラブとしてオープン20周年を迎える老舗店がある。長年支持され続けているそのシステムや利用方法とは? ベテランの店長さんにお話を伺いました!

 | 
80年代半ばに誕生し、一大ブームを巻き起こしたテレクラ(テレホンクラブ)以降、男性と女性を結びつける「出会い系」メディアは、発達してきた。

90年代に携帯電話が普及すると、その主戦場はインターネットへ移り、現在はTinderなどに代表されるマッチングアプリが花盛りだ。

手のひらのスマートフォンを操作するだけで、見知らぬ異性とコンタクトすることが出来るのだ。

そんな時代に、20年間も営業してきたSM専門の交際クラブがある。六本木ファイルだ。

交際クラブとは、男性は会員となり、登録している女性の写真とプロフィールを見て、気になる女性がいれば店を通じて紹介してもらうというシステムである。六本木ファイルは交際クラブとして東京都条例の正式認可を受けている。

女性のプロフィールは会員専用のサイトで見ることは出来るようになってはいるが、システム自体は20年間変わっていない。


↑入会後に男性が見ることのできるアルバムファイル。女性会員のプロフィールが写真付きでまとめられていて、興味のあるプレイやNG事項なども確認できる。


また、入会金や年会費、セッティング料などもそれなりに高額であり、無料で利用できるマッチングアプリもある現在においては、時代錯誤にも思えるかもしれない。

「会員男性にとっても、登録女性にとっても、だからこその安心感はあるんじゃないでしょうか」

取材に応じてくれたのは、店長の宇野氏だ。物腰の穏やかな紳士である。

確かに実際はどんな相手かわからないマッチングアプリなどの出会い系に比べれば、店を通すことで、相手のプロフィールが確認できるという安心感がある。

また女性側にとっても、ある程度の料金を払えるという社会的地位のある男性だということも安心材料となるだろう。


↑女性用の会員規約と登録用紙。

↑男性用の誓約書と登録用紙。誓約書の内容は女性用よりも細かい。登録用紙に紹介を受けるに当たって必要なことを書き込む。


六本木ファイルがスタートした2002年は、すでにケータイ出会い系サービスが台頭しつつあり、まだテレクラやダイヤルQ2なども人気があった時期だ。

しかし、宇野氏はあえて対面しての会員制という言わばアナログ的なシステムを選んだ。

「ちゃんと顔を見ることとで安心感を持たせたいと思ったんです。手間はかかるけれど、その分、安心できる。そこにニーズはあると思いましたね」


↑会員専用ページにアクセス。最近登録した女性の写真がトップに表示されている。

↑女性のプロフィール欄には会うのに都合のいい時間帯や、趣味、好みなどの情報が。「六本木ファイル」に登録している女性は全員"SMに興味がある人"だが、最初の会話では改めてデリケートに相手の気持ちを聞き出していこう。


SM専門としたのは、宇野氏自身がSM、特に緊縛の愛好家であるためだ。宇野氏は2016年に亡くなった伝説的な緊縛師、雪村春樹氏から「春湖」の縄師名をもらっている門下生だ。


↑雪村春樹氏直筆の命名書。


そもそもSMのパートナーを見つけるのは大変難しい。六本木ファイルの登場以前は、マニアのサークル的な集まりや、出会い系サイトのSMチャンネル、あるいはSM雑誌の交際欄などに頼るしかなかった。

「この頃は、パートナーを見つけるのは困難な時代でした。交際クラブ自体もあまりなかったですからね。それもSM専門となると皆無でした」

当初はSMクラブを営業することも考えたが、SM仲間に相談すると「SM専門の交際クラブなら絶対に成功する!」と言われたそうだ。やはり、誰もが必要だと考えていたのだろう。

当初の告知は『S&Mスナイパー』や『スナイパーEVE』、夕刊紙などに広告を載せただけだったという。

「すでに若い人はネットで情報を得ていましたが、高めの年齢層を狙っていたので紙媒体に力を入れたんです」

女性は紹介や口コミがメインだったという。六本木ファイルの名前が知られるようになると、検索して公式サイトにたどり着き、応募してくる女性が増えたそうだ。

現在登録されている女性は1700人以上。年齢は30歳前後が一番多い。リストを見てみると20代前半もかなりいて、中には19歳という女性もいる。逆に50代、60代という熟女もいて、年齢層は幅広い。主婦も多いそうだ。


↑女性会員の情報がまとめられた膨大なファイル。写真にあるのはその中のごく一部。


「以前に比べると女性の年齢層はずいぶん下がりましたね。え、こんな子が?と驚くような綺麗な子もいます。SMの経験はないけれど、興味があるという子が増えましたね。マニアックな女性は昔のほうが多かったかな。SMもずいぶん一般的になったということでしょうかね」

プロフィールの写真は、事務所で宇野氏が撮影している。

「なので加工もしていませんし、実物より綺麗に撮ったりもできないんですよ。なので、実物のほうがよかったということも多いみたいです(笑)」

女性の属性はMが5割強で最も多く、Sは3割くらい。残りはSでもMでも、という感じだ。

では男性会員はどんな人が多いのだろうか?

「男性会員の年齢層は上がっています。50代、60代が中心ですね。以前は40代も多かったのですが、そのまま年齢を重ねてるので(笑)オープン当時から20年間会員という方もいますよ」

男性会員はS男性のほうが多いが、ここ数年でM男性がかなり増えたそうだ。

「ただSといっても、どちらかと言えばSと言う感じの方が多いですね。普通の交際クラブに飽きて、ちょっと試しにプレイしてみたいという人も多いです」

しかし、単純にSMプレイをしてみたいというだけならば、SMクラブのほうが手軽だし、リーズナブルなのでは?

「そんな感じの人には、SMクラブのほうがいいですよと説明することもありますよ(笑)。コースの時間に縛られてプレイするのが好きではないという人も多いようです。もちろん長くつきあえるパートナーを探したいという人もいますし」

フェチな嗜好など、こんなプレイがしたいという希望があれば、どんどん相談して欲しいと宇野氏は言う。それこそが機械的なシステムではない交際クラブならではの特色だからだ。


↑ホームページで女性とのセッティングを申し込んでいるところ。この申し込みは宇野さんに電話をして直接セッティング希望日時を伝える方法でも構わない。宇野さんはほぼ全員の女性を面接しているため、プロフィールだけではわからない情報を教えてもらえることも。


気になる料金は入会金が2万円、年会費が3万円、そして1名分のセッティング料金が2万円。決して安い金額ではない。

しかしだからこそ会員の質が約束され、女性にとっても安心であり、それゆえに女性のレベルも高くなっている。

「この料金は20年前から変わっていません。その頃に比べると消費税が上がっているので、実質は値下げなんですよ(笑)」

男性会員、登録女性の質がいいためか、これまでに大きなトラブルは皆無だったというのも驚かされる。

スマホで手軽に無料で「出会い」ができるアプリ時代だからこそ、こうしたアナログなシステムならではのメリットもあるのだろう。20年の歴史が何よりもそれを物語っている。

文=安田理央

関連リンク

取材協力SM交際クラブ「六本木ファイル」

●TEL 03-5775-7955
●エリア 六本木
●営業時間 平日:12時~21時
土・日・祝:12時~19時

yasuda_face.jpg
安田理央 1967年生まれ。エロ系ライター、アダルトメディア研究家、ニューウェーブ歌手、ほか色々。主な著作に「痴女の誕生」(太田出版)など。一番好きなおつまみは、焼きたての餃子とミックスナッツ。好きなタレントは壇蜜と武田玲奈。
安田理央の恥ずかしいblog
 |