女王様・M男動画サイト 1 Lovely-Candle 1 ミストレスランド 1 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー『やりすぎ家庭教師 本田岬』(h.m.p)
ゲーム音楽から転生した音質と音楽の魅力/『チップチューンのすべて All About Chiptune: ゲーム機から生まれた新しい音楽』著者=田中治久(hally) 文=三木学
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年10月号
特選AVレビュー『M男クンのアパートの鍵、貸します。/緒奈もえ 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『狂叔父専用、性玩具●女 七海ゆあ』(GLORY QUEST)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第60回
川上譲治写真展 すとりっぷ小屋発・裸的群像伝「1976-2006 アングラの残影」開催!!
特選AVレビュー『ヤキ入れ錬成女子 入魂シゴキ倶楽部』(シネマジック)
特選AVレビュー『童貞たちの性処理奴隷になった猥褻おばさん 二階堂ゆり』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの奥さん2 NTR日帰り温泉 夏海あや』(HMJM)
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第2回
絵を描く人々 最終回 美しいもの、不思議なもの、不気味なもの
特選AVレビュー『パイパンむちむち豊乳尻サセコちゃんのどすけべ肉体ボランティア 』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『少女もキスをガマンできない 心花ゆら』(ドリームチケット)
2ページまんが 酒場の女【11】
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第1回
とりあたまちゃんシーズン4 日常【2】「死ぬ体力」
特選AVレビュー 『ショタ狩り娼婦 結衣さんの場合』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『デカパイ女子校生とちっぱい女子校生の学校こっそりレズえっち(レズれ!)』
特選AVレビュー『接吻プロレス/AIKA 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
giri giri Vol.20(大洋図書)
俺の旅 2017年11月号(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.12(ミリオン出版)
よろめき 2017年11月号(ミリオン出版)
花と蜜 Vol.43(ワイレア出版)
別冊投稿キングDVD 2017年11月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.37(ミリオン出版)
LOVE LADY 2017年11月号(大洋図書)
中に欲しがるドエロ妻(ミリオン出版)
兄の親友お嫁においで(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

WEB SNIPER special contents
本当は怖くないSMクラブ ~SMクラブってどんなことするの? 
SMクラブでSMプレイをしてみたい。でも、SMクラブがどんなところなのか、実はよく分からない――そんな貴方に朗報です! 東京・鶯谷の「SM倶楽部ラ・マン」さんからご協力をいただき、なかなか聞けない基本中の基本からお店の側の本音まで、初心者の立場から取材を敢行。SMクラブの利用方法を最初の一歩からご案内いたします。前後編でお届けする「本当は怖くないSMクラブ」、前編では、様々な形でお客様への対応をしている店長さんへのインタビューを掲載します。

 | 
当サイトを読んでいる読者のほとんどは多かれ少なかれSMに興味があるとは思うが、SMプレイは未経験、という人も多いかもしれない。
実際、なんの知識もコネクションもない人がSMプレイを楽しむハードルはかなり高い。かくいう自分も、たまたま関連取材を依頼されることがなければ、いまだに未経験だったかもしれない。

では、未経験者がSMプレイに入門するにはどうすればいいのだろうか。
プライベートでS嬢やM嬢と知り合うことができればそれが一番いいのかもしれないが、やはり王道はSMクラブに行ってみることだろう。

でもSMクラブってなんか怖くない?

自分も行く前はそう思っていた。そこで今回は鶯谷SMクラブ「ラ・マン」店長の○○さんにお会いし、SMクラブってどんな風俗なのか?ということから聞いてみた。

「基本的にデリヘルなどとまったく同じ業態と思って頂いてかまいません。ホテルなどから電話をかけていただくと女性が派遣され、お金をお支払いいただいてからいっしょにシャワーを浴び、時間内でプレイを行なうという流れです。ただ、他のデリヘルさんと違うところは、基本料金だけで大人のオモチャなどいろいろな道具が使えるところですね」

なるほど。普通のデリでもピンローや電マなどはオプションで使えるところも多いが、それが最初から含まれているというのはお得だ。

とはいえまだ不安も多いので、プレイの流れをさらに細かく説明してもらった。

「まずは電話をかけてもらうのがスタートでしょうか。メールでも受付ておりますが、レスポンスが遅くなってしまう可能性もありますので最初は電話をおすすめしています。朝10時から翌朝5時までの営業時間内であればいつでも受け付けております」

「お電話いただきましたら、何をなさりたいかをお話しいただきます。初めてお電話くださったお客様ですと、そもそも何をするところなのかわからないという方がほとんどですので、コース内容をすべて説明させていただき、その中からお客様ご希望のものを選んでいただきます」

金額についてもここでしっかり説明がもらえる。初心者で不安なのは追加料金を取られるのではないかということだが、「ラ・マン」ではホームページに書いてある値段そのままでだいじょうぶとのことだ。

ただし、ホテル代と女の子を指名した場合だけ指名料1,000円がかかる。
つまり、「選んだコース料金」+「指名料(おまかせなら無料)」+「ホテル代」ということだ。

鶯谷近くにはホテルが60軒以上あり、休憩なら3,500円~6,000円くらいで利用できる。お店に相談すれば、適切なホテルを選び、空き部屋まで調べてくれるそうなので、鶯谷駅に着いたところで電話すればよいだろう。

ホテルにチェックインしたら再びお店に電話し部屋番号を伝える。
しばらく待つと女の子が部屋にやってくるので、まず料金を払おう。
その後はいっしょにシャワーを浴びてからプレイを楽しみ、時間が来たらシャワーでローションなどを洗い流して終了という流れ、つまりデリヘルとまったく同様と思っていいだろう。

では、コースはどのようなものが用意されているのだろうか。

「まずは初心者向けの『性感コース』、こちらは普通のヘルスと思っていただいていいと思います。これに、オナニー鑑賞と放尿鑑賞を付けたものが『痴女コース』となります。」

違いはオナニー鑑賞と放尿鑑賞のみということだろうか。

「いえ、『痴女コース』にはバイブ、ローター、ペニバン(ペニスバンド)が付いておりますので、お客様の希望があればペニバンを使って女王様に犯してもらう逆アナルファックプレイまで可能になります。『性感コース』にバイブだけを付けて、アナルファックが可能になる『アナルファックコース』もあります」

SMプレイまでには興味がないが、アナルファックだけをやりたいという需要にも対応しているようだ。

なお、ここまでのプレイは基本的に女性のサービスを受けるコースでなので、指入れなど普通のヘルスでできることは可能だが、激しい言葉責めや道具の持ち込みなどは禁止されている。

そして、これ以降が本格的なSMプレイとなる。

まず注意したいのが、SコースとMコースの違いだ。Sコースは「客がS男になってM嬢を責めるコース」、Mコースは「客がM男になってS嬢に責められる」プレイだ。間違えないようにしよう。

80分(30,000円)の『Sコース』では、手枷や足枷、目隠しなどを使った全身命令奉仕、放尿・オナニー鑑賞、バイブ、ローター、アナルバイブ、ロープを使った縛り、バラ鞭、浣腸プレイが楽しめるが、フィニッシュは手コキ、フェラとなっている。

「こちらのコースではフィニッシュに一番人気のあるアナルファックが入っておりません。プラス5000円でアナルファックを付けることもできるのですが総額35,000になってしまいます。お店としておすすめしているのは120分で40,000円の『VIPコース』ですね。こちらですと、80分コースの内容に加えて、首輪、ろうそく、アナルファックが無制限でできることになります」

なんと、アナルファックが無制限!!

「はい。お客様によっては最初からずっとアナルファックだけの方もいらっしゃいますね(笑)」

とは言え自分もそうだったのだが、初めてのプレイの場合、なにをやればいいのかわからないという人も多いだろう。
「ラ・マン」ではシャワーが終わった際に、女の子が用意した道具を全部出して、その中から希望するプレイを積極的にきいてくれるとのことなので安心だ。もちろん縄やバイブの使い方もていねいに教えてくれる。

「わからないことを聞くのはぜんぜん恥ずかしいことではないので、気軽に聞いてほしいですね。そのほうが絶対楽しいと思いますよ」

と、店長も言うように、最初は女の子とイチャイチャしながら、SMについてやさしく教えてもらうといいのではないだろうが。

ただし注意したいのは、SMだからといって加減なしに責めていいわけではないということだ。

「はい。単に威張ればいい、バチバチ叩けばいい、といったプレイは、危険でもありますし、なによりお客様もおもしろくないと思います。余裕をもって様子を見ながら女の子の感じている姿を楽しんでもらいたいですね。仮に痛かった場合でも『痛い』などは言わないように指導していますが、あまりにも強かった場合は『お許し下さい』など、なんらかの合図が入ると思いますので、そこで力の加減をしていただければと思います。また、アナルファックの時にゴムを付けないでやろうとするお客様がいらっしゃるのですが、衛生的にも絶対に付けるようにお願いします」

なお、『Sコース』には120分(70,000円)「真性M女コース」、5時間(90,000円)の「ロングVIPコース」も用意されている。

次に女王様に責められる『Mコース』だが、70分(18,000円)、90分(25000円)、120分(32000円)の3つのコースが用意されている。ただし70分コースは女王様の体に触れることができず、フィニッシュは手コキになるが、90分コース以上はタッチ可能なうえ、フィニッシュも生尺口内発射となっている。
もちろんフェラはいらないから、自分で処理するのを見てください、といったプレイも可能だ。

プレイの内容は、あらかじめ「痛いのはいやだけど言葉責めをしてもらいたい」、「鞭やスパンキングでバシバシ叩いてもらいたいが、言葉責めはいやだ」というように、やりたいこととやられたくないことを電話で、もしくは女王様に直接伝えておくとプレイがスムーズに進む。
そもそも、どんなプレイがあるのかわからないという超初心者の場合は、女王様に直接説明を受けることもできる。
もちろん、試してみて耐えられないと感じたら『お許し下さい』とマジックワードを叫ぼう。女王様は必ずそこでストップしてくれる。

コースに迷った時はどうすればいいだろうか。

「絶対にSMコースの方が楽しいと思います。自分がSかMかはっきりわからない場合でも、Sコース80分30,000円、もしくはMコース120分40,000円以上のコースに入っていただきますと、両方を体験できる『S&Mコース』にすることも可能になっています」

途中でスイッチを切り替えるのに戸惑いそうだが、これはぜひやってみたいプレイだ。

また、多数在籍する女の子を選ぶのに迷ってしまうこともあるだろう。迷った時はお店の人に相談するといいようだ。

「はい。たとえばこういうプレイがしたいんだけど、と言っていただければ、そのプレイにあう女の子をこちらからもガンガン紹介していきますので、ぜひ遠慮なく聞いてみてくださいね」

無料のコスプレも、スク水やセーラー服、OLスーツや全身網タイツなど多数用意されており、なんとローションでグチャグチャにしてもらってもかまわないということだ。他の店ではオプション料金がかかることの多いプレイなので、ぜひ思う存分汚してみてほしい。

「当店は鶯谷という激戦区で20年、お客様も2万人を超えリピーターの方も多いです。初心者でも安心して楽しめることには自信がありますので、ぜひ勇気を出していらっしゃってください」

次回は「ラ・マン」に所属する人気M嬢・かなちゃんにインタビューを行なう。女の子との実際のやり取りについて確認してみるつもりだ。

文=田口こくまろ

関連リンク

取材協力東京 鶯谷「SM倶楽部ラ・マン」

●TEL 03-5808-6026
●エリア 鶯谷・日暮里
●営業時間 10:00〜翌5:00
●料金 60分15000円

関連記事

東京・鶯谷「SM倶楽部ラ・マン」体験取材記事一覧

KOKUMARO-prof.jpg
田口こくまろ モテたい一心で大好きだったラムちゃんに別れを告げアングラ・サブカル方面に耽溺するも結局失敗、40歳を前にして完全にオタ方面に転向を果たす。現在はブランクを取り戻さんとアニメとエロゲとラノベに全財力と精力を注入中。
 |