ミストレスランド 2 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
スナイパーアーカイブ・ギャラリー 1980年11月号【6】
告白手記.jpg 読者告白手記
犬になった美少年 第三回

投稿=大西恵美香(仮)36歳デザイナー

美少年の初々しい一物を苛めると私のスキャンティはびっしょりでした……



スナイパーアーカイブ、今回から数回の間、当時の読者告白手記をご紹介します……。
 | 

少年の肌

「なにしにきたの。きみでしょう? へんな手紙を寄こすひとは……」

私はネグリジェの胸を合わせながら睨みつけてやりました。それにしてもよく少年は私のマンションを突きとめ、管理人のガードをくぐり抜けてやってきたものです(私のマンションは有名人が多く外来者はかんたんにはいれないのです)。

「すみません、おばさま……」

M・Tはうっすらと顔を染めて頭を下げました。

「おばさま、おばさまって気安く呼ぶのはよして。だいいち私はきみと知らないあいだだし、みんな私のことをセンセイと呼ぶのよ」

ちょっと意地悪に私はいってやりました。

「でも、ぼく、おばさまを尊敬してますから……」
「尊敬してる? 変な子ね、きみはやっぱりK高校の学生? そうでしょう……」
「はい、高2になりました。いつもあそこの公園で犬を連れて散歩しているおばさまを見ていて、すっかりファンになってしまったんです」
「私はタレントでもスターでもないわ」
「でも名のある方と思っていました。そしてある婦人雑誌でおばさまのこと知ったんです」
「ますます好きになったってわけ?」
「はい、おばさまに連れられてる犬はたいへんシアワセだと思いました。できたらぼくも犬になりたくて……」
「犬になりたいって……?」

私はふきだしてしまいたくなったのです。しかしつぎの瞬間、私は息を止めました。M・Tのしまった顔が、まぶしいくらい美しく見えたのです。

二つの目が濡れたように熱くひかり、ととのった鼻柱の下の唇は少女みたいに紅かったのです。

きっといいところの息子でしょう。あるいは私ぐらいの年輩の母親がいて、ずいぶん甘えて過保護に育てられたのでしようか。そしてその過保護の中での生活がやり切れなくなり、私のような冷たいキャリアウーヤンのところへやってきたのでしょうか。人間は往々、自分の持たないものを欲しがるものです。

私はM・Tをじっと見つめて追い返すのを止めました。ちょっぴりしたイタズラ心が、私の胸にかま首をもたげたのです。

「おばさまをからかうと承知しないわよー」

私はつよくいいました。

「真面目です、からかってなんかいません」

M・Tは真剣でした。

「ほんとに私の犬になるつもりなの?」
「はい……」
「そんならこちらへきなさい。じつは、私の愛大チロはお腹をこわしていま獣医さんのとこに預けてあるの。だからきみを犬にしてあげてもいいのよ」

私は冗談めいて、しかし相手を増長させずケジメをわきまえていいました。

「犬にしてください……」

M・Tは悲痛ともいう声をだしました。

「本気だわよ」
「本気です」
「おかしな子ね。おばさまはきびしいのよ。あとで泣いても知らないから」
「後悔しません、ぼく、おばさまを尊敬していますから……ですから召使いにしてくださいっておねがいしたんです……」

少年の目がきらきらひかり、私はなんだか変な気分になってきました。そしてからだのおくのほうが火照ってきたのです。

「なら検査してあげるわ。こっちへきて脱ぎなさい」
「検査?」
「そうよ。私のペットは純粋な優良犬でないといけないわ。そのままではわかんない、こっちへきて全部脱ぐのよ」
「は、はい……」

M・Tはさすがにうろたえたようでした。目の下が赤みをさしてからだがふるえていました。やはり恥ずかしそうでした。
「ぐずぐずしててはいけないわよ。おばさまは勇気のない子は大きらい……」
「おばさま、お願いです。あちらをむいてください」

M・Tは哀願するようにいうので私は背をむけました。背後で少年の衣服を脱ぐ音に私の胸は熱くなってきました。どんなからだをしてるのだろう?

ここしばらく私は少年のナマのハダカを見たことがなかったのです。

私の見るハダカはみんな疲れた中年のものばかりでした。去年も私は人気タレントJのステージファッションをつくるため、彼のハダカを見ましたがそれはとうてい二目と見られぬものでした。

酒と夜ふかしとそして女に荒廃している肌……私はM・Tに期待したのです。

「おばさま……」

M・Tの声に、私は胸をときめかして振り返りました。

「あ?……」

私は息を呑みました。予想以上の美しい少年の肌でした。ほっそりと生硬なくらいゼイ肉のない引き締まった少年の肌は、ミルクを塗り固めたようにしっとりと湿ってさえいました。

パリにいた頃、私はよくルーブル美術館へでかけ、あそこの地下にあるミケランジェロの大理石の彫像を鑑賞したことがありました。あのとき数百年もむかしに彫られた彫像が、まるできのうつくられたみたいにナマナマしく輝き、色気さえ漂よっていたのに感動したものでした。

M・Tの肌はそのみずみずしく洗練されたミケランジェロの作品にさえ似ていました。しかし彫刻と違って全身に、毛虫みたいな生毛が密生していて、それがふるえているのです。

私が感歎しなからぷわーつと息を吹っかけると生毛がさわさわとそよぎ、あたりがぼーっとピンク色に染まったのです。

(続く)


 | 
07.05.09更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス