女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
スナイパーアーカイブ・ギャラリー 1980年11月号【7】
告白手記.jpg 読者告白手記
犬になった美少年 第四回

投稿=大西恵美香(仮)36歳デザイナー

美少年の初々しい一物を苛めると私のスキャンティはびっしょりでした……



スナイパーアーカイブ、今回から数回の間、当時の読者告白手記をご紹介します……。
 | 

オナペット

「おばさま……!」

M・Tは恥ずかしさに耐えられないといったように、両手を胸に合わせてはやく衣服をつけたがっていました。しかし私が許すはずはないのです。いや私はもっと残酷なことを命じたのです。

「私は全部脱ぎなさいといったのよ」
「……」

M・Tの衷情か戸惑いに揺れました。私の背筋にあるサディスティックな戦りつが疾ったのです。

「全部脱げといったのよ。まだブリーフがあるわ」
「……」
「犬の検査はできなくてよ。どこの犬が下着をつけているというの」
「これもですか……」

M・Tは哀しい目をしていました。

「そうよ、きみのからだが健康であるかどうか調べてみないとわかんないわ」
「ぼく、まだ、女の子とナニもしていません……」
「そんなこと、当てにならないわよ。脱ぎなさい、私の目のまえで……」
「は、はい……」

M・Tは観念したように白いブリーフのゴム目に指をかけ、すこしずつそれを下へおろしていきました。私はじっと熱い視線を注ぎました。

「生えてるのね、一人前に」

私は少年の鼠胚部が栗色の茂みに翳ってるのをみて、くすりと含み笑ったのでした。

「すみません……」
「謝ることはないわ。はやく手をはなししなさい」

M・Tは両手で股間をかくしていました。その手のさまから、私は少年の一物がエレクトしてるのを悟ったのです。

「はい……」

M・Tは面を伏せなから手をはなしました。グランスがピンク色に半分ほど剥きでた新鮮な一物が、そこにあらわとなっていました。私の下腹部はじーんと熱くなったのです。こんなことはしばらくぶりのことでした。

「仮性包茎ね。でもおばさまの目のまえでおっタテるとはすこし失礼だと思わない?」

私はわざと意地悪な質問をしてやったのです。

「すみません……」
「すみませんですむものではないわよ。さあ、ふだんのように鎮めなさい」

私はネグリジェの胸をすこしはだけ、裾を乱しながらねっとりといってやったのです。「……」

だが、そういえばいうほどM・Tの一物は硬直するばかりでした。それにしてもそれはなんという、凛々しく雄々しい一物だろう。それは草竹のように美しくさえありました。「できないのね、才ナニーはしてるの?」
「はい……」

M・Tはこくりと肯きました。

「どのくらいやってるの。いいなさい」
「はい、ときどきです」
「ときどきじゃぁわからないわよ。一日何回とかいいなさい」
「一日一回くらいです……」
「オナペットは誰?」
「………」
「オナペットがなくてオナニーはできないわ。いるんでしょう? たとえば榊原郁恵とか宮崎美子とか……」

私はたたみかけたのです。うんと言葉でいじめてやることで、私はいっそう興奮していったのです。

「いわないとこの一物を糸で縛って、もう二度とオナニーできないようにしてしまうわよ」

私は刺繍用の糸を手にして一物に近づけました。その瞬間、私は意外な言葉を聞いたのです。

「おばさまです……」
「いまなんといった?」

私は耳を疑いました。

「おばさまです……ごめんなさい……でもぼく、おばさま以外の女のひとなんか誰もいないんです。だからあんなお手紙だしたんです……」

M・Tは泣きだしそうでした。

「あきれたわ、私がオナペットだなんて……」

ふだんの私ならあまりのことに、叱りつけていたかも知れません。人一倍プライドの高い私は、たとえ相手が誰でもそんなばあい許せないのです。しかし少年の初々しく美しい一物を見つめていると、私は不思議と怒りが消えていったのです。

(続く)


 | 
07.05.10更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス