本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
スナイパーアーカイブ・ギャラリー 1980年11月号【7】
告白手記.jpg 読者告白手記
犬になった美少年 第五回

投稿=大西恵美香(仮)36歳デザイナー

美少年の初々しい一物を苛めると私のスキャンティはびっしょりでした……



スナイパーアーカイブ、今回から数回の間、当時の読者告白手記をご紹介します……。
 | 

犬の首輪

「ごめんなさい、お許しください、おばさま」

私はしょげかえるM・Tを見ていました。

「失礼よ、おばさまをオナペットだなんて。でも許してあげるわ。なぜだかわかる?」
「わかりません……」
「うふふ、このおちんこがきれいだからよ。さあ、お望みどうり犬にしてあげるわ」

私はそれから犬の鎖を手にとりました。本物の犬の首輪で金属製の鎖のついたものでした。

「四つん這いになりなさい」
「はい……」

M・Tはいわれたとおり、四つん這いになりました。

「もっとお尻を下げて」

まるで少女のような、ぷりんとした少年の小さな尻を私はおさえつけました。

「はい……」
「じゃあ首輪をつけてやるわ」

ガチャーンー金属製の音がして、M・Tの喉が、ぴくんとケイレンしました。本物の犬の首輪は指一本の隙間をつくっただけで、少年の首におさまりました。私は鎖を引っぱっていました。

「これから散歩よ。まず、お部屋をひとまわりするわよ」

私はグイと鎖を引っぱりました。

「あっ……」

M・Tは引きずられるように四つ足でうごきだしました。馴れないせいか苦しそうでした。私のマンションは4LDKでかなり広いのです。廊下の突き当たりにバスルームがあり、トイレもあります。ベランダに二坪ほどのガーデンがあり、草花の植込みがあります。

まず、私はバスルームへつれていき“消毒”してやろうと思ったのです。

「おちんこを洗ってあげる」

私はM・Tを仰むけに寝かせました。よくそういうふうにして、犬を洗ってやっていたのです。M・Tは仰むいてエレクトしてる一物を手でかくそうとしてました。

「駄目! 手をはなすのよ!」

叱りつけながら私はホースの筒先を命中させたのです。はげしい水流がM・Tの一物にぶつかると、たちまち悲鳴が私の耳をおおいました。

「やめてください! あっ、も、もうやめて……」
「駄目! エッチでなくなるまで許さないわ――」

私はすっかり興奮していました。少年の一物を痛めつけることで、私は自分が性交をしてるような錯覚にとらわれました。私の目はぎらつき、呼吸が乱れ、そして私のスキャンティはびっしょりだったのです。

「あっ……おばさま……」
「きみは犬でしょう? 犬になりたくてここへきたんでしよう? それなら辛抱するのよ!」

私ははげしく水流を浴びせつづけました。

グランスが痛めつけられて右に左に揺れるところはなんともいえませんでした。

と、そのときでした。

「ああっ………」

M・Tの一物から白濁の体液が一メートルも高く、噴射したのでした。

「やったわね……」

私は目をむきました。そして同時に私の張りつめていた興奮は終えんしていきました。私は果てたのでした。それから三カ月――。夏休みが終わっても、M・Tは私のところへ週に一回はくるのです。塾帰りに寄るのです。そして私はM・Tとのプレイにうつつを抜かしています。

M・Tは、私の犬となり、私の召使いとなり、私の奴隷となったのです。

少年の目醒めていく異端の性に私はときどき責任を感じますが、この妖しい官能のプレイを私は止めることができないのです。

もちろん私とM・Tとのあいだは“主従関係”ですから、直接の性行為はありません。しかし精神的にこれほど淫らな関係はないと思います。できたら私はM・Tに首輪をつけて、誰もいない深夜、公園や路上を散歩したい気持ちでいっぱいなのです。

もう私は本物の犬を飼う必要がなくなりました。

M・Tという、より従順で美しい一物を持った“犬”がいるから……。

(おわり)


 | 
07.05.11更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス