ミストレスランド 1 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1 worldcryptobinary 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

スナイパーアーカイブ・ギャラリー 1980年12月号【4】

読者告白手記

ロープハント  第一回
わが愛奴――立花よしえ



投稿者=山田卓造 (仮名・37歳)

「お縄、ください」とよしえは甘えるように俺を見つめて催促する…… 。


スナイパーアーカイブ、数回にわたって当時の読者告白手記をご紹介します。
 | 

美しい獲物

この頃俺はツイているので、ついニヤニヤしてしまう。春から競輪がぼかすか当たるし、マージャンもツキにツイている。いいことがあるナ……と喜んでいたのだが、夏になって俺はとうとう、長年の夢を実現した。

立花よしえ――22歳。

このすばらしい愛奴をモノにしたのだ。俺はいっかいのタクシー運転手だが、ガキの頃から愛奴が欲しく、あちこちのSM雑誌に投稿した。しかしもちろん、なんの反響もない。「ちく生! みんないい目にあっていやがって……」

俺はSM雑誌の“調教記”や“ロープハント”の記事を見ると、腹が立って仕方がなく、そう吐き捨てたものだ。

そんな俺がすばらしい愛奴を掌中にするなんて……そのいきさつを書こう。

この六月初め、俺は立川競輪場でその女、立花よしえを見た。

その日も俺はツキ、すでに万券を当てていた。第八レースで俺は4−6を買おうとしていると、その女は穴場でなにを買うか迷っていた。

「むっ……」

ひとめ見て俺のハートはどきんと騒いだ。ショートカットの愛らしい顔付き。オレンジ色のブラウスの下でこんもりした乳房がこぼれそうだった。俺と視線があったとき女は、ぽっと目許を桜色に火照らし、うろたえるように顔をそらした。

「姐ちゃん、4−6だぜ。ばっちり三千円つくよ」

俺がいうと、

「あら……」

女は白い歯並びを見せた。

「間違いねえよ」
「そうかしら」

女は特券二枚、穴場へ手をいれ、俺のいうとおり4−6を買った。1080円がばっちりつき、帰りがけ女は俺に礼をいった。

「おかげで儲けさせていただきました」
「よかったな、メシでも食おうか」

俺たちはその日、関係を持った。俺が強引だったのでなく、女のほうがむしろ誘ったかたちである。八王子の建設会社につとめるOLで、立花よしえ。22歳と紹介した。

「ギャンブルはときどきいきますの。自宅か近いので……」

俺は女を抱きながら、いい感覚だと思った。自慢じゃないが女とクルマは、一度のっただけですべてわかる。

もちろん熟れ盛りの22歳である。男を知っているが、知りすぎているというのでもない。着痩せするタイプで、裸にすると胸、臀部にしこしこした固めの肉がついている。柔らかく、うるおいのある指肉だった。

「俺とつきあわないか」
「奥さん、いらっしゃるのでしょう」
「いるけど別だ。俺はあんたを縛ってみたくなった」
「…………」
「長年もとめていたんだ。あんたのような柔らかい肉の女をな、つきあわないか」
「……」
「縄で縛るんだよ。俺はあんたを調教したいんだ」

俺はせっかちに口説いた。

口説きながら相手の表情をじっと観察した。こんな良質の美しい獲物はもう二度と現われぬだろう。うっかり手放したらそれっきりだ。そう思うと俺は真剣だった。

「考えてみます……」

別れるとき女はいった。

「その気になったら電話してくれ」

俺は名刺をわたした。

(続く)


 | 
07.05.16更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス