worldcryptobinary 2 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

スナイパーアーカイブ・ギャラリー 1980年12月号【5】

読者告白手記

ロープハント  第二回
わが愛奴――立花よしえ



投稿者=山田卓造 (仮名・37歳)

「お縄、ください」とよしえは甘えるように俺を見つめて催促する…… 。


スナイパーアーカイブ、数回にわたって当時の読者告白手記をご紹介します。

前回の記事を読む>>>

 | 

記念すべき日

それから俺は立花よしえを待ちつづけた。

「誰かから電話こなかった」

会社の配車係へ帰社するたびいったが返事はない。立川競輪場へもでかけたが、よしえの姿はなかった。(あれは気紛れだったのだろうか……彼女はたまたま競輪場へきて、オケラになりかげた。俺が教えた車券を買って儲けた。その礼に一回、からだを許したにすぎないだけだ……)

俺はそう思うとしだいに諦めかけていた。いままでにもこんなふうに、ずらかった女はいっぱいいた。だが反面、俺はかすかな自信があった。(あのM性はホンモノだ……)

恥じらうような物腰や、セックスの歓喜をたえしのぶ仕種は、ふつうの女でない。俺はクルマのトランクに縄、手伽、足伽、浣腸器を用意し、もし会ったらすぐプレイできるようにしておいた。

七月にはいってしばらくしたときだった。俺が仕事を終えて帰社すると、「女の人が待っています」

と連絡があった。

「えっ……」

あわてて事務所へいくと、白いブラウスの娘が恥すかしそうに立っていて、それが立花よしえだった。

「ごめんなさい……」

彼女はすなおにいった。

「どうしたんだ。あれから一カ月ぶりじゃないか」

俺はあふれてくるものをぐっとおさえていった。

「あれから、ずっと、考えていたんです……」

「ずっとだって……」

「ええ、考えていたんです。あなたが怖い人に見えて……」

「ずいぶん慎重だな、けどよくきてくれた」

俺は嬉しかった。

その夜―正確には昭和五十五年七月十八日だが、俺たちにとって記念すべき日がついに訪れたのだった。

俺は立川のファッションホテルへ、よしえをつれていって奴隷宣誓させた。ファッションホテルとは、当今、流行のSMホテルで、さまざまな設備が整っている。

「奴隷になった以上、じっくり倹分すっからな」

俺はよしえを裸にして、かんたんに縄をかけた。つまり初縄であるが、これは緊縛というより心理的な拘束を与えるものだった。

「やさしくして……」

すなおに両手を前にした彼女は、首筋まで朱に染めて俺を県つめた。

「初めてかね」

「はい……」

「ほんとかい、正直に答えるんだよ」

「ほんとです。でも縛られた人の写真はよく見ました」

「SM雑誌をか?」

「はい、古本屋で拾い見しただけですが……」

「なるほど……」

俺はナットクした。

やはり、M性がある……そして俺がM女の出現を待っていたように、よしえもS男との邂逅を待っていたのだ……それでなければここまでトントン話がすすむはずはないのだ……。

俺はよしえの両手首を背中へまわしてねじった。

「あっ!」

彼女は喉のおくで小さく叫んだ。俺は可愛らしい両手首を交えて後手縛りに括る。俺は緊縛の経験はすくなかった。何回かやったことがあるが、女は痛がりいつも呼吸が合わない。しかしこんどは違った。

よしえは痛みを訴えるが、拒んだり逃げようとするのではなく、俺に協力しようとするやさしさがあった。すばらしい愛奴の資質を、彼女はそなえているのだった。

「こんどは点検するよ」

俺は縛ったあとカメラのシャッターを切っていった。

「点検って……どこをなさるんです……」

「わかってるじゃないか。よしえのからだだよ」

「こうしてよしえは裸になっています……」

「裸になっていても見えないところがあるよ」

「……」

感付いたらしく、よしえは顔を伏せた。

(続く)


 | 
07.05.17更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス