女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

スナイパーアーカイブ・ギャラリー 1980年12月号【6】

読者告白手記

ロープハント  第三回
わが愛奴――立花よしえ



投稿者=山田卓造 (仮名・37歳)

「お縄、ください」とよしえは甘えるように俺を見つめて催促する…… 。


スナイパーアーカイブ、数回にわたって当時の読者告白手記をご紹介します。

前回の記事を読む>>>

 | 

アヌス嬲り

「よしえ自身が見たこともないところ……そこをじっくり点検するんだよ。よしえは俺の可愛い奴隷じゃないか」

俺はうすら笑い、彼女のおでこにキスしてやった。

「……」
「いいだろう? さあ、見せてごらん」

俺はよしえをごろりと転がそうとした。そのときだった。

「お願いです……目隠しさせてください……」

祈るような目つきでよしえはいった。

「目隠し?」
「はい、恥ずかしいんです」
「いいだろう? だが、俺がよしえのどこを点検しようとしてるか、わかってンのか?」

俺はわざと意地悪に訊いてやった。

「はい……」
「どこだかいってごらん」
「……」
「いいなさい! どこを点検されるのか?」

俺は声を荒げた。

「ア、ヌ、ス……」

よしえはモジモジしていたが蚊の鳴くような声でいった。

「もっと大きな声で……よく聞こえないよ」
「ア、ヌ、ス……」
「まだ駄目!」
「はい、よしえのアヌスです……」

そういうとよしえは泣き顔になった。

「そうだ、よしえのアナルなんだよ。生まれてから誰にも見られたことのない場所を、たっぷり調べてあげるよ」

俺は手拭いで目隠ししてやり力いっぽい両足首を、左右にぐっと開いた。

「あっ……」

よしえは倒れそうだった。

「そのまま、しっかりあんよをあげてるんだ」

俺は興奮して顔を寄せた。

むっちりと白い太腿のおくは女体の“博物館”である。いろいろな機能、構造がこの一点にあつまっていて、それは単純な男のからだとは大違い。

大陰唇、小陰唇、恥丘、クリトリス、陰毛、尿道……とそれらはゴタゴタとついている。しかしそんなところに俺の興味はなにもなかった。

それらは俺にとって“知りすぎた町”である。俺のように夕クシー運転手を十年以上やってると、勝手知ったる町にはなんの鮮度もない。未知の町への探索こそ、ドライバーのもっとも好奇心を煽るところだ。

ことに先日、俺はよしえを味わっている。敏感な体質だと分かっていたが、それ以上にセックスへの関心はなかった。

俺にとっての“未知の町”、“好奇の場所”、それはよしえのアヌスだった。

「むむっ……」

俺の目はその菊座の一点に集中した。繊細な皺が放射状に一点からのびていて、それがよしえ自身さえ、まだ見たことのないアヌスだった。

俺の熱視をよしえは感じてかかすかにその一帯を、微動させていた。ひくひくと襞がけいれんし、あたかも生温かいイソギンチャクみたいに、アヌスは呼吸していた。「きれいだよ、きれいだ……」

俺は興奮していった。

「見つめないで……」

よしえも興奮している。声がうわずり、太腿から大粒の汗が噴きでていた。

「きれいだ、よしえは便秘はどうなんだい?」

俺は指先をチョンチョンと叩いて訊く。

「知りません……」
「お浣腸は?」
「知りません……」
「坐薬を入れられたことはあるのかい?」
「知りません」

俺は次々とよしえが恥ずかしがる質問を浴びせながら、なんで正直で素直な女だろうと思った。ふつうの女なら“知りません”でなく“ありません”というだろう。

「知らないってことは、つまり経験アリってことだな」

俺は指で美しい菊芯をいたぶりなからいってやった。

「……」

案の定、よしえは返事をしなかった。恥ずかしくてできないのだった。

「いまな、このアヌスをポラロイドカメラで特写して、よしえに見せてやつからな」

俺はいい、それから顔を寄せて舌を突っ込んだ。ちょっぴり塩辛い味が舌先に伝わった。

(続く)


 | 
07.05.19更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス