ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

スナイパーアーカイブ・ギャラリー 1980年12月号【7】

読者告白手記

ロープハント  第四回
わが愛奴――立花よしえ



投稿者=山田卓造 (仮名・37歳)

「お縄、ください」とよしえは甘えるように俺を見つめて催促する…… 。


スナイパーアーカイブ、数回にわたって当時の読者告白手記をご紹介します。

前回の記事を読む>>>

 | 

最高の愛奴

立花よしえ、22歳。

俺にとって最高の愛奴は、あれから三カ月、着々と調教中である。週末、俺とのデートはファッションホテルで欠かさずつづけられた。

そしてホットなタイムを俺たちは持った。それにしてもよしえのM性は、日に日にエスカレートしていく。

俺がちょっとでももたついていると、

「お縄、ください……」

よしえは甘えたように俺を見つめて催促する。そのくせすこしでも強く縛ると、

「あっ、許して……」

泣きだしそうな悲鳴をあげるくせに……股間縛り、菱縄、首縄、えび責め……と俺はけん命である。この頃は太めの縄より細めを好むようになった。

縄は太めのほうが痛くないのだが、よしえはさらに刺激をもとめて細めを好むのだ。そしてまたかっちりと縛りあげた彼女の裸身は、まさに絶景である。

「不思議だな。縄がこんなにすてきなファッションだなんて」

俺はしばし見惚れて、言葉もでないのである。

俺のアヌス責めも、またもっとも調教に効果がありそうだ。

「お浣腸だけは絶対イヤ」

よしえはまだそんな我儘をいっている。じつは俺は浣腸したくてぞくぞくしてるのだが、この楽しみはまだ先にのばし、いまは大人のオモチャ、バイブ、ローソクなとである。

縛ったよしえを四つん這いにして、臀部を斜めに突きあげさせた恰好にして、

「よしえのアヌスちゃんに餌をあげるからな!」

俺はドバーッとそれらをぶち込んでやる。

「あーれーッ……」

よしえは叫ぶ。

そして泣きじゃくることもある。

「痛いのか?」
「ううん……」
「苦しいのか?」
「ううん……」
「恥ずかしいのか?」
「はい……」
「嬉しいんだろう?」

「はい……」

俺のいやらしい質問を浴び、よしえは正直に答える。答えることで彼女自身、熱い被虐の快美にのけぞっていることが、俺には手にとるようにわかる。

「よしえ……よしえのアヌスちゃんもこの頃は、かなりばっちくなったよ」
「……」
「三カ月前、俺か初点検したときは美しい小菊だったが、いまはぐちゃぐちゃの乱菊になってしまったよ」

「知りません……」

ついによしえはすすり泣く。じっさい、アヌス責めを繰り返すたび、それは変形し、崩れていく。しかしますますそれは魅惑的な、俺の興奮をそそる形になっていくのだ。

「もう、あなたから、私はのがれられないのね。また、ここへ来てしまったわ」

きのうもよしえはいった。

その日、彼女は会社の上司の紹介で、ある青年と見合いをする約束だったという。俺とのデートのため、それをすっぽかしてきたのだといった。

「そうだよ。俺の愛奴となったよしえのそれが運命なんだ」

俺は抱きしめていってやる。

「捨てないで……一生……」
「捨てるもんか。よしえ以上のすてきな愛奴なんかいやしない。そのためにもっともっと俺たちは結びつかなくちゃ」

俺は答える。

俺にとってやりたいことはまだまだある。第一に浣腸プレイへの踏み切りだ。

俺は近いうちによしえを説得して、初浣腸をやるつもりである。

それから俺はよしえの太腿に刺青をしてやろうと考えている。

〈わが愛奴・立花よしえ〉

いままでボールペンで書いてきたが、こんどは一生消えぬ刺青で書いてやるつもりだ。

立花よしえ――22歳。

俺は一生、このすてきな愛奴をはなさないだろう……。

(終わり)


 | 
07.05.20更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス