本家三行広告 1 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー『妹に筆おろしされた挙句、拘束され飼い慣らされてしまった僕。 - 神宮寺ナオ』(ドグマ)
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

スナイパーアーカイブ・ギャラリー 1981年1月号【3】

法廷タイトル.jpg 法廷ドキュメント

ベージュ色の襞の欲望  第二回

文=法野巌
イラスト=笹沼傑嗣

成男は些細な事で激情し、冷酷非情の行動をとった。


スナイパーアーカイブ、数回にわたって当時の人気連載記事、法廷ドキュメントをお届けいたします。

前回の記事を読む>>>


 | 

性交時の首締め

成男が10歳になったある冬の晩、彼は大人の本物の性交を目撃する。この時のショックは大きく、彼の精神形成に多大の影響を与えたものと思われる。

父親は日本酒を銚子で七本ほど空にし、鼾をかいて眠りこけていた。成男は尿意を感じ、床を離れ、廊下の突き当たりのすぐ左にある便所へ行こうと番頭部屋の扉を開き、薄暗い廊下を歩き出した。成男の部屋から二部屋ほど離れた客室から明りが漏れていた。時間は12時を少し回った頃である。

成男は、子供心にも何となく淫靡な臭いをかぎ、足音を消して、明りの中を覗き込んだ。扉は襖一枚だけであった。どうやら襖と柱との立て付けが悪く、足元の方向は幅にして2センチメートルほどの隙間が出来ていた。

中を覗き込んだ成男は、思わずアッという声をたてそうになった。裸電球の光に照らし出された男女の剥き出しの下半身。男は女をしっかりと組み伏せ、女の太股の間に腰を割り込ませ、その逞しい尻を見事なまでに突きたてていた。

女は男の腰の動きに合わせて善がり声をたてていた。どうやら声からして女中の時子らしかった。男は夕方からの客であった。男の誘いに応じて、時子は部屋を訪れたのであろう。

子供2人を母親に預け、旅館で女中をしている時子は30代後半の女であった。夫は成男の父の場合とは逆に、時子を捨てて東京の方にいるらしい。熟れ盛りの時子は、だから孤閨を守る身であった。男に誘われ、肉の喜びを求めても非難されることではない。

男は腰を使いながら、両の手で巧みに乳房を弄んでいた。時子は、成男がまだ一度も聞いたことのない調子の声で、快感を肯定する言葉を吐いていた。

成男はこの時まで、時子を母親のように考えていた。時子も、成男のことを母親のいないかわいそうな子と同情しているのか、よく可愛がってくれていた。

母親と思っていた時子の性交の姿は、成男には衝撃の強すぎる光景であった。


金縛りにあったように、隙間から二人の獣のような姿勢を見つづけていた成男は更に激しい衝撃を覚えた。男は時子の首を両方の手で締め出したのだった。

「殺される!」

だが、男の首締めは30秒ほどで終わった。二人はやがて、「ああっ」とか「いく」とかの言葉を発した後、折り重なるようになって静かに、動かなくなった。

それから2〜3分もたった頃であろうか。時子が、「よかったわ」と男に言うのが聞こえた。

何! あれがよかったのか。

成男の頭の中はがんがんと音をたてて、今にも壊れるのではないかと思うほど血が騒いでいた。

これが成男が性交を見た初めての時であり、又、性交時の首締めを見た初めての時であった。

(続く)


 | 
07.05.24更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス