本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

スナイパーアーカイブ・ギャラリー 1981年2月号【3】

8102_01_01.jpg 法廷ドキュメント

晒された秘部  第三回

文=法野巌
イラスト=笹沼傑嗣


男の目の前で白い裸身が顫え、秘唇が引き裂かれる

前回掲載してご好評をいただいた法廷ドキュメント第二弾です。挿絵ともどもお楽しみ下さいませ。
 | 

欲情の暴発

継夫は、出所しても行くべき所がなかった。故郷には年老いて涙もろくなった母親が、2人きりで寂しい生活を送っていた。継夫が帰れば、老夫婦は喜んで彼を迎え入れてくれたであろう。2人は年をとり、世間の評判を気にするだけの感覚は摩滅してしまっていた。継夫が帰って行けば、両親は、継夫のすさんだ経歴など完全に忘れており、継夫が我が子であることだけを記憶していて、したがって、単純に嬉しがってくれたことであろう。

だが、継夫は、両親の住む故郷に帰る気持ちはなかった。そこは彼にとってあまりにも惨めな場所であり、寂しい所であり、とても人間の住む地とは思えなかった。夜になれば星の光と点在する人家から漏れる電燈の光のみが目に入る光源であった。魂を揺さぶるネオンのまたたきも、人間の群れが生み出すにぎやかな雑踏の音もそこにはなかった。今まで、刑務所の灰色の壁の中で何の楽しみのない生活を強いられてきたのだ。何で今更、老人ばかりのいる田舎に帰る必要などあろう。溜めた欲望をすべて完璧なまでに発散してやる。

そのためには、出所するときに交付を受けた金銭はあまりにも少額であった。

刑務所内では、囚人達は労働に服するわけであるが、これに対して、1日に何がしかの奨励金が与えられる。この金を蓄えておいて、出所の際に交付を受けて、これを再出発のための資金として活用することになっている。だが、その額はあまりにも小さく、特急電車にでも乗って遠く離れた故郷にでも行くことになれば、それだけで消えてしまうような金額である。

継夫の持っていた金も3日も過ぎた頃にはすべて消えうせていた。

どうしたらよいだろう。何か仕事をするか、しかし、今の俺を雇ってくれるところはまずあるまい。慣れない仕事を見つけたところで苦労するだけだ。

結局、継夫か決心したことは、どこか金のありそうな家に泥棒に入るということであった。

彼の物色が始まった。市内を歩き回った彼の目に、色白で、肉感的な女が店番をしている雑貨屋か映った。「等々力商店」という屋号の店であった。

女に気づかれないように雑貨屋の周辺を偵察し、入り易い箇所を探し、家に住んでいるのはとうやら夫婦二人きりらしいことを確認した。あとは忍び込むばかりである。

まず、いざという時の用意に近くの荒物屋で出刃庖丁を買った。刃渡りが30センチメートル近い庖丁である。

夜、寝静まった頃、入ろう。またしばらく時間がある。パチンコ屋に入って、2時間ほと時間をつぶした。その後、喫茶店に入り、閉店までねばった。店を出た後、継夫は等々力商店をめざして歩き始めた。

(続く)


 | 
07.06.04更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス