女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
法廷ドキュメント 暗黒色と肉食の痺れ
法廷ドキュメント

暗黒色と肉食の痺れ  第一回

文=法野巌
イラスト=兼田明子


赤ちゃんが欲しいという妻の言葉が悲劇の発端だった。
houtei19top.jpg

お待たせいたしました法廷ドキュメント第三弾!
 | 

情交の激しさ

警視庁H署に少なからず猟奇的な臭いのする通報が入ったのはまだ残暑を感じさせる日の続く9月も半ばの夜のことであった。

電話口に出ている男は、男女2人が男の家の寝室で死んでいる旨興奮した様子で声高に告げていた。死んでいる女は、電話をかけてきている当人の妻であり、死んでいる男は、見たこともない男とのことであった。

警察では、早速係官を現場に急行させた。電話が入ってから5分とたたないうちに、パトカー3台が通報者宅に横づけされた。署員を迎えたのは男1人であった。男は40代も半ばのようであった。係官らを見る目に何か怯えの色が浮かんだように思えた。だが係官らはそんな思いを分析している暇はなかった。人が2人死んでいるというのである。まず現場の確認と、事情聴取を済ませねばならない。

男に案内され、寝室に入った係官は思わず驚きの声をあげるところであった。布団が2枚ピッタリと隙間なく敷かれ、その上に今裸の男と女が横たわっていた。周辺には、ティッシュペーパーが散乱し、相当激しい情事の跡が歴然としていた。

houtei19_01.jpg男の話では、出張から帰って、ドアを開けても、中から何の反応もないので不審に思い家にあがってみた。いつもなら「お帰りなさい」と声をかけてくる妻の姿が見えない。おかしいな、買い物に出ているのかなと考えてはみたが、しかし、時間的にも遅すぎる。何の気なしに寝室を開けると妻と、見知らぬ男が布団の上に全裸で寝ている。驚いて声をかけても返答がない。ますます不審に思って、妻の体に触れてみると、異常な冷たさである。この瞬間、男は妻が死んでいることを悟った。もう1人の男も既に事切れていた。

それから後は夢中だった。何をどうして良いかわからなかったが、取りあえず警察に連絡をしたのだった。

係官らは男の話を聞いて、まず心中を考えた。二つの死体には、これと言って目立つ外傷はなかった。

周辺には、ティッシュペーパーなどが散乱し、情交の激しさこそ窺えるものの物盗りが物色した様子は認められない。男と女とが2人きり、全裸で布団の上で死んでいるのである。まず心中を考えるのが普通であろう。

事件が発生した時、捜査員らは虚心坦懐に捜査にあたるのが鉄則である。

この事件においても、最初、捜査員らは、心中かなとは考えたが、それはあくまでも一つの可能性としての考えであった。物盗りが巧妙に仕組んで、現場を造りあげたのかも知れない。あるいは、通報者で、死んだ女の夫と言っている男が案外と、犯人かも知れない。

今回の場合、男女2人共既に死亡しているのであるから、心中であるとなれば、一件落着である。もしそうでないとしたら?

これはまさに殺人事件である。捜査員らは現場検証すると共に、男から更に詳しく話を聞いた。

(続く)


 | 
07.06.26更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス