ミストレスランド 1 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ あいチャン(仮名)19歳』(ドリームチケット)
DX歌舞伎町 三代目葵マリープロデュース Special Live 大浣腸祭り&アナル祭り開催!!
アクセスアップ
新刊情報
ihr HertZ 2018年11月号(大洋図書)
ナンプレパーク&ファミリー 秋晴特別号(ミリオン出版)
おとなの点つなぎ100問 Vol.9(ミリオン出版)
疼く母悶える嫁DX(ミリオン出版)
制服少女COLLECTION Vol.2(大洋図書)
ごぶさたな奥さん 2018年11月号(ワイレア出版)
MAZI! 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2018年11月号(大洋図書)
アップル写真館 Vol.16(ミリオン出版)
臨増ナックルズDX Vol.13(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
法廷ドキュメント 暗黒色と肉食の痺れ
法廷ドキュメント

暗黒色と肉食の痺れ  第二回

文=法野巌
イラスト=兼田明子


赤ちゃんが欲しいという妻の言葉が悲劇の発端だった。
houtei19top.jpg

お待たせいたしました法廷ドキュメント第三弾!
 | 

睡眠薬自殺

男は北里繁夫45歳、都内のある信用金庫に勤務するサラリーマンであった。死んだ女、つまり繁夫の妻は、早苗、年齢は夫よりも10歳若い35歳であった。

繁夫からの事情聴取は、夜も遅くなったことでもあり、改めて、次の日に行なうことにして、捜査員らは、死体解剖のため、遺体をT大の法医学教室に運んだ。

翌日、医師の手により死体解剖が開始された。解剖の結果により、死因が究明され、あるいは、そのための重要資料が得られることが多い。捜査員らは医師の鮮やか且つ慎重な執刀の様子を息を詰めて凝視していた。

胃の中の残留物、腸内の残留物、血液中に溶けている物質の検査の結果、2人とも、かなり多量の睡眠薬を飲んでいること、男からはそれにも増して、大量のアルコールが検出されたことが明らかとされた。

又、女の首には、指のようなものによって絞められた跡が残されていた。

以上の結果から、女は絞殺されたもの、男は、大量の睡眠薬あるいはアルコール摂取の結果中毒死したものと断定された。

死因は判明したものの、依然として、心中なのか、あるいは第三者の手による殺人、(その中には嘱託殺人も含まれるが)なのか、未解決のままであった。

繁夫からの事情聴取は1回だけでは終わらなかった。勿論、当初は、繁夫は、妻に死なれた、哀れな亭主と思われていたから、飽く迄も、参考人としての事情聴取であった。

繁夫は、捜査員の質問に対し、初めの頃は以下のような供述をしていた。

「私は、死んだ妻と結婚してから、約12年になります。子供はおりません。妻と2人きりの生活でした。
私は、大学を卒業以来、現在勤務している信用金庫でずっと仕事をしてきました。現在は××支店の支店長代理をしております。
この度、こんな事件にあいまして、私は全く驚いてしまいました。なぜこんなことになったのか、さっぱり分かりません。
まず、死んだ男を私は知りません。ですから、妻がその男と以前から交際していたのかどうか、私は知りませんし、そういう気配には全く気が付きませんでした。もし、妻が男と浮気をしているのでしたら相当上手に私に隠れてしていたのだと思います。
私は、その日は、取引先に新たな融資をするために担保として提供された、地方の山林を評価するために、前日から出張しておりまして、帰ってきたところでした。
玄関のベルを鳴らしても何の返答もないので、おかしいな、どこかに外出しているのかなと思い、ドアを開けて、着換えをしようと寝室に入っていった時に、2人の死体を発見したわけです」

以上の主張を繰り返すのみであった。外部から侵入した第三者によって殺害された疑いを捨てない捜査員らは、その線に副って、捜査を進めたが、それらしい証拠には遂にぶつからなかった。

又、繁夫の出張したという主張も事実であった。繁夫の供述には、その限りで一応の筋が通っており、信憑性もあったので、捜査本部としてはそれ以上追及することは出来なかった。他に新たな証拠を見つける以外に事件の進展はないという状況であった。

1週間ほどが経過した。警察内部では、2人は心中したのではないかとの声が次第に優勢となっていった。係官らの顔には焦りの色が滲み出してきていた。

その頃、女の声で捜査本部に電話があった。昼の3時頃、繁夫が家に入って行くのを見たというものであった。名前は言わなかったが、どうやら近所の主婦らしかった。

捜査員らは色めきたった。

今までの調べでは、繁夫は、家に夕方着いたとのことであった。それが、電話の声が正確であるとすれば、3時頃には、繁夫は家に帰っていたことになる。

繁夫は記憶違いをしているのだろうか。あるいは嘘を言っているのであろうか。

夕方家に帰って来たというのは、事件発生直後から彼の言っていることである。1年も前のことならとも角、この時点での記憶違いということはまず考えられない。しかも、太陽がまだ出ている時間か沈んだ頃かということについての記憶である。印象としてはかなり強いものを残す内容のものである。

繁夫は明らかに嘘をついている。であるとすれば何のために。何か捜査員らに隠しておきたい事があるのか。それは2人の死因そのものではないか。もう1度、厳しく繁夫を追及してみる必要がある。

捜査員らは、彼の勤め先に電話を入れた。だが、繁夫は、この日は、体調が悪いということで休んでいるという。

家に連絡をしたが、電話には誰も出ない。捜査員の顔には明らかに興奮の色が浮かんできていた。何か獲物の臭いをかぎつけた時の顔色である。

繁夫の家に急行した捜査員らは、やがて大急ぎで救急車を呼びつけた。繁夫は睡眠薬自殺をはかり、意識不明となって自室に倒れていたのだった。

救急車によって病院に運ばれ、胃洗浄を受け応急手当を受けた繁夫は幸い一命を取り止めた。

2、3日後には意識も回復し、捜査員らも慎重にではあるが、事情聴取を開始した。今度は単なる参考人ではなかった。新しい、繁夫の立場は、「被疑者」であった。

捜査員らは、近所からの精力的な聴き込みを改めてやり直し、遂に3時頃、繁夫が家に入るのを見たという目撃者を探し出した。又、捜索令状による捜索により繁夫の寝室から、男女の性交、痴態の写っている写真、性交時に発している声と思われる、男女のなまめかしい声、息づかいが録音されているテープが発見された。この男女は、死んだ男と、繁夫の妻早苗のものであった。

これらの証拠を背景に真相を迫った捜査員らに対し、繁夫は、自分が2人を殺害した犯人であることを自供した。

自殺が失敗に終わり、病院で意識を回復した時から、繁夫は、すべてを告白するつもりであったらしかった。捜査員らの追及に対し、彼はすべてをあきらめた、静かな口調で、彼と、彼の妻、そして死んだ男、沢田一郎との奇妙な三角関係を明らかにしていった。

(続く)


 | 
07.06.27更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス