女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
法廷ドキュメント 暗黒色と肉食の痺れ
法廷ドキュメント

暗黒色と肉食の痺れ  第三回

文=法野巌
イラスト=兼田明子


赤ちゃんが欲しいという妻の言葉が悲劇の発端だった。
houtei19top.jpg

お待たせいたしました法廷ドキュメント第三弾!
 | 

妊娠執着

彼に対する起訴状。

「被告人北里繁夫は、かねてから妻である北里早苗に対し沢田一郎との交際を認め肉体関係を持つことをも許容していたものであるが、早苗が一郎を真剣に愛するようになったことに立腹し、同女に対し、一郎との交際を断つように要請したところ、これを断られたため、異常な関係を断つには2人の殺害しかないと決心し、9月21日夜7時頃、被告人方において2人を欺いたうえ睡眠薬を服用せしめ、意識を喪失せしめて、早苗の首を両手で絞めて、窒息死するに至らせ、又、一郎に対しては、大量の睡眠薬を溶解した水及びウィスキーを嚥下せしめて、中毒死するに至らせもって両名を殺害したものである」

繁夫が早苗と結婚したのは、彼が32歳、早苗が22歳の時であった。繁夫が32歳まで独身だったのには別段理由はない。

人一倍仕事熱心だった彼は、遊びらしい遊びもせず、仕事だけに情熱を燃やし、気がついてみると32歳になっていたのだった。早苗は、上司の妻の遠い親戚の家の娘であった。見合いを勧められ、別段断る理由もないので見合いをしたその相手が早苗だった。

彼のように、女遊びもせず、仕事ばかりしている男に、どうしてこのような妻がと思うほど早苗は美人だった。

観賞用としての美人ではなく、男を引きつけずにはおかない、独特の雰囲気を持っていた。結婚し、心身ともに安定した生活を送るようになって、早苗の魅力には一段と磨きがかかった。

結婚して2、3年めまでが、繁夫にとっては最高に幸福だった時だったかも知れない。

この頃から繁夫は、何故、自分達には子供が生まれないのかと不審にとらわれる日が多くなっていた。2人の間には、結婚したばかりの頃ほどまでには行かないが、それでも週2回から3回ほどの交わりはあった。

早苗は、結婚してから2、3ヵ月もたった頃には、肉体の内部から突き上げてくる抑えようのない痺れるような快楽を味わうことが出来るようになっていた。早苗は、性に対して何の偏見もこだわりも持たない女だった。繁夫との肉の交わりそのものを楽しめる女だった。

だから、繁夫と妻とは夫婦生活の回数が少ないということもなかった。寧ろ多すぎる方だったかも知れない。

2、3年の間に子供が出来なくても不妊症の絡印を押すのは早すぎる。5、6年めに初めて妊娠したという夫婦は世間にいくらでもいる。

だが、それは結果から見ての話である。繁夫には、2人の間に子供が出来ない理由として、密かに案じていることがあった。

ある日決心して、彼は医者の門を入った。結果は、彼の心配していたとおりのものであった。彼の精液では、女を妊娠させることは不可能であった。精液中の精子の数が極端に少ないのだった。

それはどうやら、彼が患ったお多福風邪のためであるようだった。

妊娠しないのは主として、繁夫の側に原因かあることがわかった。このことは繁夫1人の胸の中の秘密であった。早苗にこのことを告げたら早苗はどんな反応を示すだろう。そのことが繁夫にはこわかった。恐怖であった。

早苗は最近よく子供のことを話題にするようになっていた。近所の子供達を見ると、繁夫に、「あんな可愛い赤ちゃんが欲しいわね」とにっこりと笑いながら言うのだった。

こうして、5年が経過し、7年が経過し、10年が経過した。

繁夫は、何度かの転勤を経験し、着実に出世コースを歩んでいた。

だが、2人の間に子供が出来ないのは相変わらずであった。

早苗も、この頃には、2人の間に子供が出来ない原因について薄々感付いているらしかった。早苗は早苗でこっそりと、医者に相談をし、診察を受け、生殖器菅に異常はないとの診断を受けていた。「あなたも一度、お医者さんに診て貰ったらどうかしら」と房事の終わった後、繁夫に、時々言うことがあった。30代も半ばになって、まだ早苗は妊娠することに対して執着しているのだった。

繁夫は、最近、早苗との交渉が苦痛になってきていた。それは、最初は、欲望と、彼の器管との空回りという形で襲ってきたのだった。

つまり、早苗に対する欲望はあるのだが彼の意に反して、男性の象徴たるものが象徴たる機能を果たさなかったのだ。

ショックだった。彼は、インポテントという言葉も、その現象も世間の男並みには知っていた。

だが、自分は全く無縁の男だと信じていた。女性に対して、男性として機能し得なくなるということが自分の身に起こるとは露ほども考えたことはなかった。

それが、当の自分に、何ということだろう、まさにこの自分に降りかかってきたのだった。

(続く)


 | 
07.06.28更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス