ミストレスランド 2 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1 worldcryptobinary 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
法廷ドキュメント サタデー・ナイト・レイパー
法廷ドキュメント

サタデー・ナイト・レイパー  第一回

文=法野巌
イラスト=笹沼傑嗣


性の快楽だけを求める男子高校生とその兄の犯した罪。
houtei11_title.jpg

過去のS&Mスナイパーからアーカイブでお届け、法廷ドキュメント第四波!
 | 

夜の御指名

大沢田拳二は、実刑を告げる裁判長の声が一瞬、遠い遠い、銀河の彼方、自分とは全くつながりの無い世界において演じられている芝居の中で、裁判長の役を演じている俳優の発する声だと感じた。
それは、拳二が予想していた中でも、最悪の事態の到来を告げるものだった。
懲役二年。
執行猶予無し。
裁判長が拳二を見つめて、

「他の被告人らは皆いまだ少年であり、被告人・大沢田拳二のみが成人であり、本件においては大沢田が主導的立場にあり、他の被告人らは、大沢田の命ずるままに行動したものであり、現在、自らの犯した罪を深く反省していることを考慮すれば、大沢田を除く被告人らに対しては執行猶予とすることとし、被告人・大沢田に対しては、主文のとおり懲役二年とする」

と一息に言った時、拳二は、ようやく自分がとんでも無い状況に陥ってしまったことを悟った。

美空麻子は、春休みを間近に控えた土曜日の午後、クラスメートの大沢田英気から電話を受け、やはり友人の淡谷珠子を誘って、一緒に英気の家に遊びに行くことに決めた。
別段今夜の予定は無かったし、両親は何とかパックという温泉旅行に昨日から出かけており、少々夜遅くまで遊んでいたところで、弟の博見など文句を言うはずも無かった。
それに何よりも英気には少なからぬ好感を持っていたのだ。
珠子は麻子のクラスメートだった。
私立××商業高校二年B組。
それが、麻子、珠子、英気の所属する学校、クラスだった。
麻子は、かねてから声をかけて欲しいと思っていた当の英気から誘いを受けて、多少の息苦しさを伴う快い興奮状熊で珠子に電話をした。
二、三回コールが鳴った後、珠子本人の声が受話器から響いてきた。

「はい、淡谷ですが」

「ねえ珠子でしょ。私よ、麻子よ」

「あり麻っぺか。何よ。どうしたのよ。どうせ遊びの誘いでしょ。ふふっ」

「ねえねえ、聞いてよ、英気君からさあ、今日は誰も居ないから遊びに来ないかってさ」

「誰も居ないからってどういう意味。ひょっとしてあれかなあ」

「馬鹿ね。決まってるじゃない」

「そうねえ。ふふふっ。でもだったら私一人誘ってくれれば良いのにねえ。ねえ、珠子も一緒にだってさ」

「あら私にも御指名」

「そうよ。ねえどうする。行こうよ。どうせ今日は暇なんでしょう?」

「でも、遅くなるんでしょう?」

「あら遅くなりそうだったらバイバイして帰ってきちゃえばいいわよ。ねえ、行こうよ」

「そうねえ、いいわ。じゃあ私の家に来てよ。一緒に行こう。彼の家知ってるの」

「知らないのよ。電話で聞いてみるわ。だって、私一人じゃ嫌だと思ってまだ聞いていなかったの。それじゃ三〇分位で行くわね。バイバイ」

「バイバイ」

(続く)


 | 
07.07.05更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス