ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
法廷ドキュメント サタデー・ナイト・レイパー
法廷ドキュメント

サタデー・ナイト・レイパー  第五回

文=法野巌
イラスト=笹沼傑嗣


性の快楽だけを求める男子高校生とその兄の犯した罪。
houtei11_title.jpg

過去のS&Mスナイパーからアーカイブでお届け、法廷ドキュメント第四波!
 | 

凌辱の時

「おい、今日、麻子と珠子を家に呼んでやるつもりだけど、来ないか」

教室に入るなり吾郎を廊下に連れ出し、窓際に寄って、小さい声で英気が言った。

「いいよ、行くよ。しかし、本当にお前の家に来るのかよ」

事の善悪を考えることなどもともと無いかのように、吾郎はすぐ話に乗った。
二人は、良きガール・ハンター仲間であり、女の子の話になれば、すぐ同調してしまう。
子羊の群れの中に放たれた飢えた狼のようなものである。

「大丈夫だよ、麻子は俺に気があるんだよ。珠子なんか一発さ。三時頃俺のところへ電話しろよ」

「おい、雪夫も連れて行っていいか? あいつまだ童貞なんだってよ。俺に、何とかしてくれなんて言ってやがる。可哀そうだから、あいつにもおすそ分けしてやろうよ」

「ああいいよ。一緒に来いよ。それじゃな」

雪夫――土橋雪夫は中学以来の友人の一人である。
高校こそ違うが、何となくこの三人は気が合い、現在もつきあっている。
但し、雪夫は、女には弱く、英気や吾郎の話を聞いては、感心しているばかりの生徒である。
それが一念発起して、童貞を捨てたいと言っているのだ。
これに協力するのが友情というものだ――二人は心の中でそう考えた。

「ご免下さい」

「あら吾郎君よ」

言いながら麻子は立ち上がり入口の方へ歩いて行った。
ドアを開けて吾郎が入ってきた。
雪夫がその後から黙って入ってくる。

「よおっ、紹介するよ。友達の土橋雪夫君。中学校からの同級生さ」

「今日は。よろしく」

若い女の娘らは屈託なく弾んだ挨拶をした。
若い男の中にいるのが楽しくてたまらないといった様子である。
英気に吾郎に雪夫、それに麻子、珠子の五人が賑やかな声をたてて青々とした人いきれを部屋の中に充満させているところへ、拳二が隣の部屋から顔を出した。

「ほう、美人が二人もいる。珍しいこともあるなあ」

英気は、拳二と、麻子、珠子をそれぞれ紹介し、

「酒でも飲もうよ」

と腰を上げた。
冷蔵庫からビールを出してきて、二、三本栓を抜き、それぞれの前に置いてあるコップに注いだ。
拳二が何故か、ねっとりとした眼差しを麻子と珠子の前においてあるコップに向けていた。

「さあ、飲もうよ、冷えているからうまいよ」

英気が、愛想笑いを浮かべながら二人に勧めた。
どうも、二人の前のコップの中のビールは気の抜けたような感じだが、拳二と、英気以外のものは、このビールの中に目薬が仕掛けられているとは知らない。
吾郎も、雪夫も、麻子や珠子を犯してしまうつもりで来てはいたのだが、具体的な計画は知らず、そのうち、英気が何とか切っ掛けをつくるだろうと、さっきから下腹部のあたりがムズムズしていたのである。

「私、いいわ。あまりお酒って飲んだことないの」

麻子が遠慮した。

「大丈夫だよ、ビールは、弱いし少したてば何ともないよ」

英気があれやこれやとさかんに勧める。

「よし、飲んじゃおう」

少々お調子者の珠子がコップを持ち上げ、一気に飲み干した。

「さあ、麻子ちゃんもどうぞどうぞ」

一人だけ仲間外れになるのは寂しいとでも思ったのだろうか、とうとう麻子もコップを取り、口に持って行った。

「何か苦いわ」

と麻子。

「それはそうさ、ビールは苦いものだよ」

と英気。
男達が、二杯めのコップを干したころ、珠子が、あっというような声を出した。

「おかしいわ、腰が何か変。力が入らないわ。いやだ、動かない、どうしたのかしら」

そう言いながら、珠子がじゅうたんの上に体を横に捻って倒れた。

「どうしたの、珠子」

と不審そうな顔をしていた麻子も、五分も経たないうちに、

「あら、私もよ、いやだ、酔ったのかしら、変だわ」

と言って、麻子に覆い被さるようにして倒れた。
二人の豊かな腰の膨らみを、目の先ほんの五〇センチメートルの距離において、吾郎と雪夫は訳がわからず、英気を振り返った。
そんな吾郎と雪夫を見て、拳二が、ついて来いというように二人に目で合図をし、隣り部屋に移った。

「おい、あいつらを犯るからな。今、二人とも目薬で腰が痺れて動けなくなっている。やられたって、どうせあいつらは処女じゃないんだからどうってことはないよ。順番を決めるからな。おい、英気、お前が決めろ。まず俺が手本を示してやるけれど、もう一人を決めろ、俺は麻子とかいうやつをやるぞ」

拳二は、興奮に耐えきれないのか、鼻の穴を見事なまでにふくらませて、もう、ズボンのチャックに手をかけ、一気に下までおろし、脱ぎ始めていた。

「チェッ、これだからモテない男は嫌だよな。よし、雪夫、お前が最初に麻子と寝ろよ。お前、童貞なんだから、特別にサーヴィスしてやるよ、いいだろ、吾郎」

「ああ、いいよ」

拳二は下半身をすっかり晒け出し、卑猥な色艶の男根を怒張させ、はあはあと、だらしの無い激しい息音を響かせなから、麻子の衣服を剥ぎ取り出した。
麻子は、やっと、とんでも無いことをされると気づき、必死で、抵抗の姿勢をとっていた。

「いや、いや、そんな、イヤ」

「うるさい、静かにしろ!」

拳二のドスのきいた声が部屋に響いた。
麻子はそれでも、拳二の狼藉から逃れようと、手足をばたつかせたが、腰が抜けてしまい、まるっきり動かないのだからどうしようもない。
拳二は興奮のあまり目を血走らせながら、麻子のジーパンを足首まで一気に下げ、いやいやをしているように揺れる彼女の左右の足首から、一つずつ外した。
ピンク色のビキニのパンティが彼女の下腹部に、一分のたるみも無く食い込んでいるのが見えた。
拳二がパンティの上の縁に右手を差し入れ下に引っ張ると、その下には見事に生い繁った春草の群れが、彼女の白い肢体とは対照的に卑猥な暗黒色の翳りをつくっていた。
雪夫も、隣りの拳二に催眠をかけられたかのように、拳二の動きをまねして、珠子のジーパンを剥ぎ、ブラウスを取り、ブラジャー、パンティを外した。
珠子はもうすっかり諦めたのか、雪夫のなすがままになっている。

「珠子!」

麻子が目から大粒の涙を落としながら、泣き声を出した。

「麻子……、畜生! けだもの!」

珠子も、麻子に応えるかのように、気力を捲り絞って声を出した。

「ああ!」

拳二はその怒張しているものを、麻子の秘所にあてがい、ぐっと前方に腰を進めた。
高校生の麻子のそこは、まだ、簡単に男の進入を許すほどの弛緩はない。
さすがに経験者の拳二は、唾液を右の手の平に落とし、一たん空気に露出させた紫色雁高にそれを塗りつけ、再び初々しい彼女の秘所へ進入させた。
今度は、徐々に体を進め、抵抗を感じれば、そこでしばらく前後に動かし、進路をつくり、そしてとうとう彼のそれは全部埋没してしまった。
麻子は目を固く閉じ、歯を食い縛り、この凌辱の時を必死に耐えようとしている。
しかし、一匹の野獣と化した拳二は、麻子が悲しむ様子を見せれば見せるほど、受ける快感が増大して来、もはや、その快感の昂まりはどうしようもないほどの極みに達しようとしていた。
彼女のふくらはぎの部分をそれぞれ手で持って、思いきり角度をつけて開かせ、彼女の恥部を最大限、目に入れようとしていた。
一方、雪夫といえば、それこそ、見よう見まね。
英気に、珠子の彼女自身の存在する位置を指示して貰い、隆起したものをあてがい、やっとの思いで沈めることが出来たと思った瞬間、自分で抑えることの出来ない痺れが背筋から尻の部分を走り、あっという間に射出してしまった。

「よし、次は俺だ」

英気は、まだ雪夫が珠子の体から離れないうちに、もう衣類を脱ぎ捨て、彼女の乳房を揉みほぐし始めた。
形良くふくらみの先に行儀よく乗っている乳頭は、彼らの凌辱行為にも拘わらず、興奮状態にあるようだった。
珠子は既に男性経験が二人ほどあった。
彼女は中学二年生の時、同級生の男の子との経験で捨てていた。
その生徒とは五回ほど交わった。
そして高校生になって又、別の上級生と。
だから、大勢から暴行を受けることは初めてでも、彼女自身の体は、反応を示すことには何のためらいもないようだった。

「おい、泣くなよ、どうだ、いい気持ちだろう」

そんな英気の言葉を耳にしていう珠子は、絶対こんなことは許せないと思いつつ、下腹部のあたりから、快感の波が徐々に広がりつつあるのを感じていた。
彼女達が解放されたのは次の日の朝であった。
不審に思った両親からの問い詰めに、二人は全てを話し、激怒した二人の両親が、時を同じくして警察に告訴した。
四人が逮捕され、いったんは少年事件として家裁に送られたが、起訴相当とのことで、検察庁に再び送られてきたのは一ヵ月もたたない日のことであった。


 | 
07.07.09更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス