ミストレスランド 2 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1 worldcryptobinary 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
法廷ドキュメント ハングリー国家 日本の悲劇
法廷ドキュメント

ハングリー国家 日本の悲劇  第三回

文=法野巌
イラスト=笹沼傑嗣


強姦未遂事件を起こした少年には母親との不倫の関係があった
houtei13_title.jpg

スナイパーアーカイブ法廷ドキュメント、第六回をお届けいたします。
 | 

事件の背景に迫る

山崎調査官は、まず神保巨自身にあってみようと考えた。
彼は、これから一ヵ月ほどの間に、事件の背景を調べあげ、神保の家庭環境、将来における彼の行動予測等を裁判官に報告しなければならない。
この調査官の報告をもとに、裁判官は神保巨に対し、不処分にするか、保護処分にするか、あるいは、起訴して刑罰を受けさせるのが適当として検察官に逆送するかを決定するのである。

家庭裁判所には調査官という、大学において心理学などを専攻し、裁判所の試験をパスしてきた、人間関係調査の専門家がいる。
この調査官達は、少年事件などにおいて、家庭の環境、本人の性格、資質、性格の歪み、矯正の可能性、将来性等を調査、実験し、裁判官が最終判断を下すための資料収集に従事する。
山崎調査官は数十倍の難関をくぐり抜けてきた、この道一〇年の優秀な人物だった。
仕事にも油が乗り、その調査結果は絶大な信頼を受けていた。
同じ仕事を同じ期間やっていても、すべて同一水準に到達するとは限らない。

山崎調査官は、調査をする際、ありとあらゆる場合を想定し、自分の主観のみに頼ることは極力避けるように努力してきた。
自分の心の中に予断が、あるいは偏見がしみ付いていると、判断が曇らされる。
その恐ろしさを彼は良く知っていた。
調査官は、神保に会ってみようと考えたが、その前に、彼の通っている高校の担任教師に会い、一応の予備知識を得ておこうと考えた。

巨は、都内でも有名な私立高校に通っていた。
担任の教師に会ったのは、夕方の五時近かった。
日は既に暮れていた。
調査官は、担任の教師に身分を明かし、神保巨のことで尋ねたいことがある旨申し入れた。
担任は、最初は驚いた様子であったが、調査官より事情の説明を受け、納得し、快く応じてくれた。

教師の話から、山崎調査官は、巨は、入学時にはトップに近い成績であったが、高校一年の夏休み過ぎから急に成績が振るわなくなったこと、もともと大人しい性格であったが、やはり、夏休みを境に、更に消極的な、否それ以上に、人目を避けるような行動をとるようになったこと、家庭環境としては、母親と二人で生活しており、両親は、巨が中学一年の時に離婚していること、母親は、どうやら水商売をしているらしいことなどがわかった。
以上の話から、巨が高校一年の時の夏休みに何かが起こったように思われる。
それがどんなことかはわからないが、何か重要なもののように思えた。
その足で調査官は巨の家に向かった。

(続く)

 | 
07.07.20更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス