女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
アクセスアップ
新刊情報
美人奥様の極限肛姦(大洋図書)
隣のボイン奥さん(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.24(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.18(ミリオン出版)
柔肌まさぐる夜這いSP(ミリオン出版)
俺の旅 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年11月号(ミリオン出版)
giri giri Vol.26(大洋図書)
昭和の謎99 2018年 昭和の大衆娯楽号(ミリオン出版)
花と蜜 2018年11月号(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
法廷ドキュメント ハングリー国家 日本の悲劇
法廷ドキュメント

ハングリー国家 日本の悲劇  第四回

文=法野巌
イラスト=笹沼傑嗣


強姦未遂事件を起こした少年には母親との不倫の関係があった
houtei13_title.jpg

スナイパーアーカイブ法廷ドキュメント、第六回をお届けいたします。
 | 

調査官の直感

出来てからまだそれほどたってはいないと思われるマンションの一室が巨の住居であった。
担任の話では水商売をしているらしかったから、今の時間帯では、母親はいないだろうとの調査官の予想があたったらしく、チャイムを押すと、ドアを開けたのは巨であり、部屋の中には誰もいないようすであった。

「今晩は。巨君ですね。私は、家裁の調査官をしている山崎というものです。昨日連絡をしておいたものです」

「はい。神保巨です」

「少し尋ねたいことがあるのだけど、一時間ほど、つきあって下さい。これから暫くは、君とは大分会わなければならなくなると思うがね。はは、そう固くならなくても良いよ。私は警察官とは違うのだからね」

山崎調査官は、精一杯の笑顔をつくって、巨に話しかけた。
まず相手の懐に飛び込み、信頼関係を生じさせること。
これが、山崎調査官の信念であった。
少年達は想像以上に傷つき易い心の持ち主であり、相手を全面的に信頼するのでなければ、絶対に心の中を覗かせてはくれない。
ましてや相手が自分よりも一〇歳も二〇歳も歳上ではなおさらのことである。
それは、調査官が永い間の経験から会得したものだった。

「お母さんは、どこかに出かけているのかな。今日は君と二人きりで話がしたいのだけど」

「母は仕事に行っています」

「仕事というと?」

「バーです。渋谷の道玄坂にあろバーのママをしているんで」

「ほう。それじゃあ、しばらくは帰らないね。良かったら外に出ないかね。近くに公園があったように思うけど」

「はい」

調査官は、挨拶程度の巨との会話から、彼が母に関する話をするときに、何かしら、前後とは脈絡が途切れるような表情を浮かべるのに気付いていた。

――何かある――

そう調査官は直感した。
そして、今までに、大抵この直感が外れたことはなかったのである。

(続く)

 | 
07.07.21更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス