本家三行広告 1 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー『妹に筆おろしされた挙句、拘束され飼い慣らされてしまった僕。 - 神宮寺ナオ』(ドグマ)
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
法廷ドキュメント ハングリー国家 日本の悲劇
法廷ドキュメント

ハングリー国家 日本の悲劇  第四回

文=法野巌
イラスト=笹沼傑嗣


強姦未遂事件を起こした少年には母親との不倫の関係があった
houtei13_title.jpg

スナイパーアーカイブ法廷ドキュメント、第六回をお届けいたします。
 | 

調査官の直感

出来てからまだそれほどたってはいないと思われるマンションの一室が巨の住居であった。
担任の話では水商売をしているらしかったから、今の時間帯では、母親はいないだろうとの調査官の予想があたったらしく、チャイムを押すと、ドアを開けたのは巨であり、部屋の中には誰もいないようすであった。

「今晩は。巨君ですね。私は、家裁の調査官をしている山崎というものです。昨日連絡をしておいたものです」

「はい。神保巨です」

「少し尋ねたいことがあるのだけど、一時間ほど、つきあって下さい。これから暫くは、君とは大分会わなければならなくなると思うがね。はは、そう固くならなくても良いよ。私は警察官とは違うのだからね」

山崎調査官は、精一杯の笑顔をつくって、巨に話しかけた。
まず相手の懐に飛び込み、信頼関係を生じさせること。
これが、山崎調査官の信念であった。
少年達は想像以上に傷つき易い心の持ち主であり、相手を全面的に信頼するのでなければ、絶対に心の中を覗かせてはくれない。
ましてや相手が自分よりも一〇歳も二〇歳も歳上ではなおさらのことである。
それは、調査官が永い間の経験から会得したものだった。

「お母さんは、どこかに出かけているのかな。今日は君と二人きりで話がしたいのだけど」

「母は仕事に行っています」

「仕事というと?」

「バーです。渋谷の道玄坂にあろバーのママをしているんで」

「ほう。それじゃあ、しばらくは帰らないね。良かったら外に出ないかね。近くに公園があったように思うけど」

「はい」

調査官は、挨拶程度の巨との会話から、彼が母に関する話をするときに、何かしら、前後とは脈絡が途切れるような表情を浮かべるのに気付いていた。

――何かある――

そう調査官は直感した。
そして、今までに、大抵この直感が外れたことはなかったのである。

(続く)

 | 
07.07.21更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス