本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
法廷ドキュメント ハングリー国家 日本の悲劇
法廷ドキュメント

ハングリー国家 日本の悲劇  第五回

文=法野巌
イラスト=笹沼傑嗣


強姦未遂事件を起こした少年には母親との不倫の関係があった
houtei13_title.jpg

スナイパーアーカイブ法廷ドキュメント、第六回をお届けいたします。
 | 

事件の核心

その晩の巨との面接は、ごくありふれた話題を中心としたものだった。
最初から事件の核心に触れるような話をするのは、その後の経過に好影響を与えることはない。
何回か会って、相手との間に、この人にならすべてを話しても大丈夫だという安心感を与え、信頼関係をつくること――だと山崎調査官が考えた故であった。

山崎調査官が巨に最初に会ってから約二〇日間が過ぎ去ろうとしていた。
巨との間には徐々に信頼関係が築かれていった。
巨を知れば知るほど、彼の引き起こした強姦未遂事件は不可解なものに思えてきた。
巨は、担任の教師が言ったように確かに大人しいが、しかし、それは、彼が思慮深いためのようである。
自分か興味を持つことがらについては、少々度が過ぎる位饒舌にもなる。
だから陰気、陰険な性格とは考えられなかった。
何かが原因として横たわっている。

巨と被害者の桜井信子とは、中学時代の同級生であった。
調査官は、信子とも会ってみた。
美人であった。
あと二、三年もすれば、男であれば誰でも見とれるほどの魅力を持つことは確実だと調査官は信子の顔を見ながら考えていた。
伸び伸びと育てられたのだろう、山崎氏を裁判所の人だと知っても少しも物怖じする様子もなかった。
彼の質問には、じっと真っ直ぐに彼の目を見て答えてくれた。
その表情からは、強姦未遂事件の被害者を思わせる陰影を感じることは出来なかった。
冬休みもあと一日で終わるという日、信子はセーターを買うつもりで渋谷に出た。
そのとき突然すれ違った男から、

「桜井君じゃないか」

と声をかけられた。
神保巨だった。
中学時代の同級生である。
二年ぶりの出会いであった。
その間の信子の成熟が彼には眩しかった。
最初の数分間は、二人ともぎこちない会話をかわしていたが、やがて、昔の二人に戻ったかのように、あれこれと話が弾んできた。

「ねえ、僕の家に来ないかい。帰るところなんだろう、何か用事があるの?」

いかに二年ぶりの再会の喜びがあったとはいえ、男友達の家に行くのは少々気が進まなかった。
しかし、素適なセーターは買えたし、もうすぐ冬休みは終わってしまう。
そんなことが重なって、一六歳の少女が慎重な態度に欠けたとしても無理もないことだった。

「そうね。いいわ」

信子には、さすがに巨しかいない部屋に入ることは、気の重くなることであった。
しかし、ここまできて、巨の気持ちを傷つけるようなことはしたくなかった。
事件が起こったのは炬燵に入って三〇分ほど経過した頃だった。

(続く)

 | 
07.07.22更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス