本家三行広告 1 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
法廷ドキュメント ハングリー国家 日本の悲劇
法廷ドキュメント

ハングリー国家 日本の悲劇  第八回

文=法野巌
イラスト=笹沼傑嗣


強姦未遂事件を起こした少年には母親との不倫の関係があった
houtei13_title.jpg

スナイパーアーカイブ法廷ドキュメント、第六回をお届けいたします。
 | 

禁断の快楽

日本に帰ってきて以来、僕は、女の人の裸に異常に興味を持つようになりました。
これが他の女の人の裸に対するものであれば別にどうということもなかったのでしょうが、僕の場合、母に対する欲望が異常なくらい昂まっていったのです。
あのハワイで母の水着姿を見て以来のことだと思うのです。
母の水着姿を見たのはあの時が初めてでした。
母はまだ四〇歳になっていません。
とっても素敵でした。
そして母の水着姿を思い浮かべ、あっと息を飲むくらい白かった彼女の太腿を思い出し、水着に隠されたデルタ地帯を想像し、僕は自慰にふけるようになってしまったのです。

あれは忘れもしません、夏休みになって最初の週のことでした。
僕は暑苦しくてなかなか寝つけず、起き出してシャワーを浴び、それからベッドに横になり、最初の自慰を完了しました。
それから又、シャワーを浴び、それでも寝つくことが出来ず、再度の行為を開始しました。
その時、母が帰ってきて、僕の部屋の中を見たのです。
僕はベッドに横になって右手を下腹部に伸ばし、手を動かしている最中でした。
もちろん母が帰ってきたのはわかっていたのです。
又、母はいつも帰ってくると休む前に僕の部屋の扉を開けて、寝ているかどうかを確かめることは知っていました。
しかし、それは、いつも母が化粧を落とし、パジャマに着換えてからのことだったのです。
その日ばかりは、どういうわけかその手順を母は守らず、いきなり僕の部屋を開けたのです。
僕は全く意表をつかれた形になってしまい、自慰の場面をどうとりつくろって良いやらわからず、すっかりあわててしまったのです。
母はそんな僕のことをしばらく見つめていましたが、事の成り行きを理解したのでしょう、部屋に入ってきて、こういったのです。

「巨君も大人になったのね」

そして僕の所に近づいてきて、何を思ったのでしょうか、服を脱ぎ始めたのです。
僕はすっかりうろたえてしまい、それでも母が何かとても危険な、隠靡な振るまいをするのではないかと恐ろしくなり、

「やめてよ、ママ!」

と叫びました。
しかし母は、すっかり裸になると、僕の顔を両手で挾み、

「さあ、ママの体を良くごらんなさい。巨君が勉強に身を入れられるようにしてあげる」

と言うと、僕の体をベッドに倒し、パンツを下げ、両足を彼女の太腿で挾むようにして跨がり、そうして僕と母は、その晩、到頭、男と女の関係になってしまったのです。
母はそれ以来、週に何回かのペースで僕との関係を続けました。
最初の頃と違って一ヵ月もたった頃の母は、僕との交渉の時、喜びの声をあたりかまわずあげるようになっていました。
交渉の時だけは、僕らは親子の絆が消えて、完全な男と女の関係になっていたのです。
僕はそんな母との関係に苦しみました。
母との関係は許されないもの、禁じられた行為だとの意識はあったのです。
でも、母がその肉体を僕の目の前に晒し、おおい被さってくると、僕はどうすることも出来ませんでした。
まったく僕の頭は狂ったようになり、母の肉体にのめり込んでいったのです。

調査官、僕は本当に苦しかったのです。
母との関係は続けたのですが、やはりこういうことはいけないという意識は絶えず僕を苦しめていました。
何とかしなければ、何とか。
そして三年ぶりに桜井信子さんに会った時、僕は彼女の肉体を知れば、母との恐ろしい関係が絶てると考えたのです。
僕は信子さんに僕を救ってくれる菩薩様になって欲しかったのです。

そこまで言うと巨は調査官に取りすがって号泣した。
調査官は暗鬱たる虚空の真ッ只中で烈風に吹き晒されている思いだった。
狂っている。
犯罪者は誰だろう?この子か?否!違う。
断じてこの子ではない。
調査官はただ巨の肩を優しく叩くのみであった。

 | 
07.07.25更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス