女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
法廷ドキュメント 殺意の原点
法廷ドキュメント

殺意の原点  第八回

文=法野巌
イラスト=石神よしはる


棄てられていた若い女性のバラバラ死体は、性器を抉り取られていた……。
houtei13_title.jpg

倒錯の真実に迫る法廷ドキュメント、第七回をお届けいたします。
 | 

都合の良い真実

帰って来たその日、部屋に育枝の姿が見えません。
美容院にでも行っているのかなと、部屋の中で暫く待っていましたが、夕方になっても帰って来ません。
八時頃店に電話をすると、一週間ほど前に店を辞めたとのこと。
どうして辞めたのか、理由がわかりません。
待って居ようと横になると、いつの間にか眠ってしまいました。

午前三時頃でしょうか、帰ってきた育枝に起こされました。
大分酒を飲んでいるようでした。
いきなり着ているものを脱ぎ捨て、素っ裸になると、私にのし掛かってきましたので、私も服を脱ぎ挨拶がわりの交わりを持ちました。
野獣のような彼女の喜悦の声を楽しみながらクラブを辞めた理由を聞きますと、トルコに勤めることにしたとのこと。
これには流石に私も驚いてしまいました。

「どうしてトルコになど」

という私の問いに、

「だって、あなたのためよ、私お金を稼いであなたの選挙資金をつくってあげる」

というのです。
私は、そう言えば、

「トルコの方がクラブなんかよりは金が入ってくるよ」

と彼女に話をしたことはあります。
しかし彼女にトルコ風呂で働けというつもりではありませんでした。
セックスが大好きで、快楽を得ることが何よりも優先するようになってしまった彼女の体が、何のためらいもなく、彼女を不特定多数の男を相手に体を与える商売に結びつけてしまったのだと思います。
しばらくは私も悩みました。
私の愛人といっても良い女が、毎晩どこの何やら得体の知れない男に身を任せているのですから、後めたい気持ちとともに、嫉妬心も湧いてきました。
だが一方では、これで彼女と別れる口実が出来たという気持ちもありました。

しかし、私は甘かったのです。
どうやら育枝は本気で私との結婚――法律的な意味ではないにしても――を考えていたのです。
ですから私が別れ話をもち出し、他の女との結婚をほのめかすと、激怒し、気狂いのようになってしまいました。

私が彼女を殺してしまったのは偶然からなのです。
これは本当です。
私達はその頃、セックスする時に、彼女の首を締めてする味を覚えてしまっていたのです。
首を締め、彼女が呼吸が苦しくなり、やがて酸素不足から意識が朦朧としてくるにつれて、あそこの肉がひくひくという感じで私のものに絡みつき、締めあげてくるのです。
あの感じは経験したものでないとわかりません。

その日も私は、あの絡みついてくる感じを味わおうと、腰を浮かしながら彼女の首を締めたのです。
いつになく微妙な感触でした。
磯巾着に指でも入れればあんな感触なのではないでしょうか。
私が気を遣った後、ぐったりとして横になっておりますと、どうも彼女の様子が変なのです。
声も出しませんし、全く体を動かしません。
不審に思い体を揺すってみても反応がありません。
死んでしまっていたのです。

この時の私の受けた衝撃は言葉では言い表わせません。
しばらく茫然とした後、私の考えたことは、自分の将来のことでした。
このままにしても私のことはいずれわかってしまうでしょう。
いっそ死体を始末してしまえ、そうすれば誰にもこのことはわからずに済ませられる。
そう考えて、私は彼女の体をバラバラにし、ビニール袋に包み江戸川の川原に埋めたのです。
何故、性器を切り取ったのかということですが、私自身もよくわかりません。
きっとそこに育枝の魂が潜んでいると思ったからでしょう。


 | 
07.08.05更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス