worldcryptobinary 2 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
法廷ドキュメント 闇の中の魑魅魍魎
法廷ドキュメント

闇の中の魑魅魍魎  第五回

文=法野巌
イラスト=兼田明子


身を挺して子供を守るべき両親は意外な行動をとった。
houtei20_title.jpg

久しぶりの登場、法廷ドキュメント第九回をお届けいたします。
 | 

両親の選択

誠子が初めて男に体を弄ばされた日、誠子は二階の自分の部屋で一晩中泣き通しだった。
何故私がこんな目に会わなければならないのだろう。
最も嫌いな男に体を蹂躙されたのだ。
その日、親が帰宅したのは、男が帰って一時間もした頃であった。
今まで、夫婦そろって外出する習慣などなかった二人が、妹をつれて、夜の八時頃帰ってきたのだった。
だが、この日は、誠子は、両親の外出の意味を深く考えはしなかった。
男の来訪と、両親の外出との間には何の関連もないだろう。
両親がいなかったところへ偶然男が来たのに過ぎない。
そう誠子は考えた。

その夜、二階の自室の中で、誠子は何故、男の攻撃に対しすべてをかけて抵抗しなかったのかと自問した。
答えは自分でも明確にはわからなかった。
あの冷たい目のせいかも知れなかった。
あの目に射すくめられると、通常有している常識とか、行動とかが吹き飛んでしまうような気になる。
意思というものを根こそぎ奪われてしまう。
意思も気力も奪われて、どうして抵抗できるだろうか。

誠子はその時は、まだ両親が、自分を男に利息がわりに提供したことは知らなかった。
たとえ、男に言われても、信用できなかったであろう。
どんな親でも子供を外敵から防禦しようとする本能がある。
理屈や計算で子供を保護するものではない。
それ故、その気持ちはいかなる状況においても根強く、一貫性のあるものである。
子供の方でも、親が自分を守ってくれるという信頼があるからこそ甘えられるのである。
この信頼関係が親子をつなぐ絆といえるであろう。

誠子も、世間並みの両親ではないにしても、男に犯された最初の出来事だけで親を疑うことはさすがにできなかった。
疑惑の芽すら生じなかった。
そこまで両親を信頼していないわけではなかった。
そうではあっても、誠子は両親に、男から暴力を加えられたことは黙っていた。
黙ってはいたが、このままの状態でいれば大変なことになると思い、翌朝、母親に、久しぶりに口をきいた。

「ねえ、借金の方どうなっているの。どこかにみんなで逃げようよ。私いやよ、こんな家に住んでいるの」

母親は、必死で訴えかける誠子の視線を何故かそらし、小さな弱々しい声で言った。

「もう少し待ってね。そのうち、お父さんが何とかするから」

「お父さんなんてだめよ。酒を飲んでばかりいるだけよ。私家出しちゃうわよ。いやよこんよところ」

「お前、そんなこと言ったって……」

誠子は母親と話をしているうちに、急に情けなくなり、悲しくなり、昨夜より、もっと大粒の涙を次から次へとこぼし始めた。

一体、父や母は、私の気持ちがわかっているのだろうか。
私があんなやくざに辱めを受けたのは、もとはといえばみんな父の借金のせいではないか。
それなのに父は昼間から酒を飲み、母は、もう少し待ってねということしか言えないなんて。

誠子が男から二度めの凌辱を受けたのは、最初の時から二週間後のことであった。

(続く)

 | 
07.11.05更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス