ミストレスランド 1 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『あのいつかの夏、圧倒的だった君の笑顔は僕のもの。 百岡(ももおか)いつか SOD専属 AVデビュー』(ソフト・オン・デマンド)
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
アクセスアップ
新刊情報
MAZI! 2019年1月号(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2019年1月号(大洋図書)
臨増ナックルズDX Vol.14(ミリオン出版)
アップル写真館 Vol.17(大洋図書)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.3(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国【得】フーゾク特大号(ミリオン出版)
漫画ポルノ夫人 Vol.1(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.57(大洋図書)
実話ナックルズGOLD Vol.5(ミリオン出版)
よろめき 2018年12月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
web sniper's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー


『猟奇の檻53(アートビデオ)


文=編集部


地底紳士の欲望全面解放区・会員制秘密SMクラブ『猟奇の檻』にSMアイドルとして誉れ高い川上ゆうが登場。 王道フォーマットに載せられた極上M女の被虐性は全てのサディストが必見です。
サンプルムービー公開!
 | 















本作で53作目を数える大人気シリーズ『猟奇の檻』。地底紳士・佐川銀次氏を配して、プレイ内容も恒例のものですが、“マンネリ”ではなく王道と評されるべき信頼のおけるシリーズであるのは皆さんもご存知の通り。そこへSMアイドルとして名高いガチM女・川上ゆうのカップリングですよ。これは胸が躍るというものです。

のっけからアイマスクをして登場の彼女、白いワンピースがいけにえ感を漂わせていて素晴らしいですね。この『猟奇の檻』シリーズの冒頭シーンといえば、登場する女の子たちが怯えた様子で椅子に座り、佐川氏がネチネチとハンディカメラを片手に嬲り始めるのが通例。ところが川上ゆうは最初からアイマスクと後手に拘束済みで鉄の柱に括られての登場なんですよね。それだけで彼女へのある意味V.I.P.待遇が見てとれます。

目隠し状態の彼女を鼻の穴まで散々舐めつくした後にようやくアイマスクが外されて、被虐感満載の表情を浮かべたエロ可愛らしいゆうちゃんの顔が。ああ可愛い。

佐川氏もハンディカメラをを向けながらあの渋い声で「可愛い、可愛い」と声をかけながらいきなりビンタ一発。溢れ出す涙と淡い喘ぎ声。そこへもう一発。そして一言「キレイだ」。続けて3発のビンタ。さすが地底紳士。サディストの鑑です。

そしてもうこの時点で極上M女の匂いをぷんぷん醸し出している彼女は、ホントに我々の期待を裏切らないSMアイドル。涎と鼻水を垂らしながら苦悶に喘ぎ崩れ落ちるさまは観ていてゾクゾクします。

そして滴り落ちる液体全てを舐めとるように顔面を舌で嬲る佐川氏。「どんどんキレイになっていくね」という一言で2人のやり取りがSMプレイへと回収されていくんですね。こうした冒頭のやり取りを少し紹介しただけでも、佐川銀次x川上ゆうのカップリングがいかにマニア心をくすぐるかお分かりいただけると思います。

この後は『猟奇の檻』シリーズ恒例のプレイ項目が、川上ゆうの溢れる被虐性ゆえ120%増しで行なわれるのですが、中でも佐川氏が彼女に噛みつくシーンが新鮮。歯型がキッチリ残るほどです。筆者は佐川氏の出演作をこのシリーズの他ではあまり観ていないため、彼が日常的にされる行為なのかわかりかねますが、噛みつくという行為は女性の身体への強い執着を感じさせて、何だかエロいですよね。

凌辱や強制アクメなど、そうした暴虐系の作品は数多くありますが、王道というフォーマットに載せられる2人のカップリングは、行なわれるプレイ以上にサディストとマゾヒストという男と女としてのやり取りを感じさせます。実際にSMを嗜むマニアの方はもちろん、これからSMを愉しんでみたいという方にも観ていただきたい名作です。

文=編集部


今宵のいけにえは美肌美乳可憐なMニンフ川上ゆう!



『猟奇の檻53(アートビデオ)



発売日:2009/7/21
出演:川上ゆう
監督:榊原KEN
収録時間:85分(DVD)
商品番号:ADV-R0451
販売価格:17,115円(税込)
メーカー:アートビデオ


メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

【AVレビュー】『猟奇の檻49(アートビデオ)』
【AVレビュー】『猟奇の檻48(アートビデオ)』


 | 
09.07.30更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
WEB SNIPER編集部 |