本家三行広告 1 Lovely-Candle 2 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1
最新記事20件
乙女趣味のドウェイン・ジョンソン、携帯の留守電はスパイスガールズだ! 映画『セントラル・インテリジェンス』公開中!!
特選AVレビュー『女装娘アナル倒錯 陵辱テアトル痴態拡散、危険な発情期』(シネマジック)
ヤリヤリでキラキラな青春なんて妄想だ! でもできるなら一回くらい経験しといたほうがいい。映画「青春夜話」公開中!!
特選AVレビュー『AV女優あい変貌』(PINKARK)
シリーズ第3弾! 至高の被虐女優「神納 花」が今、満を持して登場!! 『女囚幻想 神納花』(大洋図書)
特選AVレビュー『肉虐メリーゴーランド いろはめる』(ドグマ)
特選AVレビュー『世界弾丸ハメドラーむちむちビキニ天国 松下美織』(HMJM)
特選AVレビュー『絶対的鉄板シチュエーション5 愛音まりあ』(PRESTIGE)
舐めて啜って溶かすが如く、骨の髄まで慈しむ縄。『蓬莱かすみ緊縛写真集』(大洋図書)発売中!!
特選AVレビュー『監禁くいこみ股縄弄虐 蠢く女たち』(シネマジック)
特選AVレビュー『むせかえる女の匂い 俺の嫁の母 したたる 華月さくら 篠宮千明 浦野明美』(Mellow Moon)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【37】『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』 著者=clone人間 (コアマガジン)
特選AVレビュー『若妻の匂い それから.../君色花音』 (光夜蝶)
2ページまんが 酒場の女【12】
特選AVレビュー『オナ禁1ヶ月で全身性感帯になった男の娘の馬並み発射! 櫻井やえ』(僕たち男の娘)
男女関係において「ヤっているのか、ヤっていないのか、それが問題だ!」の結論を出さずには落ち着けない、これをハメレット症候群と名付けたい 映画『静かなふたり』公開中!!
特選AVレビュー『追撃のイクイク美少女レイヤー 003 香苗レノン』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『やりすぎ家庭教師 本田岬』(h.m.p)
ゲーム音楽から転生した音質と音楽の魅力/『チップチューンのすべて All About Chiptune: ゲーム機から生まれた新しい音楽』著者=田中治久(hally) 文=三木学
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年10月号
アクセスアップ
新刊情報
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
よろめきSpecial 艶 2018年1月号(大洋図書)
スナイパーEVE Vol.66(ワイレア出版)
着物妻の悶え(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.16(ミリオン出版)
トーキョウ・バッド・ガールズ Vol.51(大洋図書)
よろめき 2017年12月号(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾクEX(ミリオン出版)
投稿キング特別編集 投稿愛奴通信 Vol.2(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
web sniper's special AV review.
WEBスナイパーAVレビュー

『職業ヒロイン アンドロマスク(GIGA)

文=井上文


宇宙の巨悪を倒すことも大事にしつつ、職場のパワーバランスまで考える――GIGAの新カテゴリー「職業ヒロイン」が提案する、かつてなかったヒロイン像とは……。人間関係のドロドロと着エロに重点を置き、マクロな官能を見せつけるユニークな作品が登場。シリーズ化なるか!?
 | 

GIGAと言えば「スーパーヒロインもの」のイメージですが、本作は「職業ヒロインもの」としてカテゴリーが分けられています。テーマは「たたかう 働くお姉さん」。どんなあらすじかというと……

「人気女子アナウンサー高鳥彩(森下さくら)、その正体はアンドロメダ星雲をまとめる王族の姫、そして地球に逃げ込んだ宇宙犯罪者を捕まえる宇宙捜査官アンドロマスクでもある。アナウンサーの仕事を活かして宇宙犯罪者を捕まえ続ける彩だったが、敵は宇宙犯罪者だけではなかった――」

完全に「スーパー」の領域だと思いますが、特徴的なのはあらすじにもある通り、敵が宇宙犯罪者だけではなかったこと。彩(「高島彩」ではなく「高鳥彩」です)の職場には、彼女にポジションを奪われた男性ベテランアナ小塚、そして彩に対抗心と歪んだ愛情を燃やす同僚女子アナ梨賀景子がいて、人間関係の点で常に緊張感を孕んでいるのです。
つまり、宇宙の巨悪を倒すのも大事にしつつ、職場のパワーバランスまで考えないといけないのです。その危うい均衡は、テレビ局の屋上で彩が宇宙犯罪者と闘っているところを梨賀に見られたことから容易に破られます。

アンドロマスクとしての正体がバレたのを機に、梨賀と「宇宙デーモン」に憑依された小塚が手を組んで彩の飲み物にシビレ薬を混入します。そして梨賀は彩のスキャンダルをネタにレズプレイを強要、小塚は宇宙王族の情報を引き出そうと、化け物に変身して彩に攻撃をしかけるのです。

見どころは何と言っても梨賀×彩の濃厚なレズプレイ。女子アナらしい清楚なスーツに身を包んだ彩をゆっくり、少しずつ脱がしていき、耳や首筋、腋の下などをチロチロ舐め上げていく着エロ満載のネチネチとしたプレイです。

前半ではスーツ姿、後半では変身後の強化コスチューム姿で、ほとんど何の抵抗も許されないままリアルな官能に身悶えし続けるヒロイン。変身の前後には小塚による首絞め、サバ折り、オッパイクロー、チョークスリーパーなど趣向を変えた暴虐責め(「ギャロップ」作品の総集編のよう)が入りますが、それ以外のカラミは全編が梨賀と彩の官能シーンで埋め尽くされています。

「あなたの腋の下、とっても美味しいわよ」と汗ばんだ腋に舌を突っ込み、「今度はこれで可愛がってあげる」と筆やローターを使って彩の性感帯をじっくりと刺激していく梨賀。

「ホントは濡れてるんでしょ。どんどん乳首固くなってくよ」

そう言って着衣越しにジュルジュルと音を立てて舌を這わせ、化け物になった小塚をガン無視してひたすらレズプレイに興じていきます。やがては彩のアエぎ声も甘ったるい響きを帯び始め、ついには小塚が「ふん、付き合ってらんねぇや」と退出してしまう始末……。GIGAのダイナミックな特撮ヒロインものとしては異色なほどにマクロなやり取りが繰り返されるのです

全編を通じて全裸シーンは一か所もなく、「スーパーヒロインもの」にはよくある血みどろの残虐シーンもありません。その代わりに盛り込まれているのが、職業を強く意識させる着エロと、狭い人間関係のドロドロを根底にした生々しいカラミ。物語の締め括り方にまで会社っぽい人間臭さが滲んでいました。
本作はレズプレイにエロの重点が置かれた作品でしたが、「職業ヒロインもの」として今後も定着していくのなら、これまでのGIGA作品の枠を超えた屈辱、羞恥、官能が期待できる面白いシリーズになる気がします。

文=井上文


『職業ヒロイン アンドロマスク(GIGA)


発売:2009/05/22
女優:森下さくら
監督:川森重
収録時間:本編104分 メイキング10分
定価:10,500円(税込)
商品番号: TRT-01
メーカー:GIGA

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

【AVレビュー】『人妻自己犠牲レイプ 私は自ら犯されにゆく。(アタッカーズ)』

inouebun.jpg

井上文 1971年生まれ。SM雑誌編集部に勤務後、フリー編集・ライターに。猥褻物を専門に、書籍・雑誌の裏方を務める。発明団体『BENRI編集室』顧問。

 | 
09.07.30更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=井上文 |