Lovely-Candle 1 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 2
最新記事20件
争えぬ淫獣の血に縛られて......禁断相姦の魔縄が紡ぐ愛と情痴の寓話『~緊縛~ 9 蓬莱かすみ×原美織』(大洋図書)発売!!
村上裕一のゴーストテラス 第61回
乙女趣味のドウェイン・ジョンソン、携帯の留守電はスパイスガールズだ! 映画『セントラル・インテリジェンス』公開中!!
特選AVレビュー『女装娘アナル倒錯 陵辱テアトル痴態拡散、危険な発情期』(シネマジック)
ヤリヤリでキラキラな青春なんて妄想だ! でもできるなら一回くらい経験しといたほうがいい。映画「青春夜話」公開中!!
特選AVレビュー『AV女優あい変貌』(PINKARK)
シリーズ第3弾! 至高の被虐女優「神納 花」が今、満を持して登場!! 『女囚幻想 神納花』(大洋図書)
特選AVレビュー『肉虐メリーゴーランド いろはめる』(ドグマ)
特選AVレビュー『世界弾丸ハメドラーむちむちビキニ天国 松下美織』(HMJM)
特選AVレビュー『絶対的鉄板シチュエーション5 愛音まりあ』(PRESTIGE)
舐めて啜って溶かすが如く、骨の髄まで慈しむ縄。『蓬莱かすみ緊縛写真集』(大洋図書)発売中!!
特選AVレビュー『監禁くいこみ股縄弄虐 蠢く女たち』(シネマジック)
特選AVレビュー『むせかえる女の匂い 俺の嫁の母 したたる 華月さくら 篠宮千明 浦野明美』(Mellow Moon)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【37】『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』 著者=clone人間 (コアマガジン)
特選AVレビュー『若妻の匂い それから.../君色花音』 (光夜蝶)
2ページまんが 酒場の女【12】
特選AVレビュー『オナ禁1ヶ月で全身性感帯になった男の娘の馬並み発射! 櫻井やえ』(僕たち男の娘)
男女関係において「ヤっているのか、ヤっていないのか、それが問題だ!」の結論を出さずには落ち着けない、これをハメレット症候群と名付けたい 映画『静かなふたり』公開中!!
特選AVレビュー『追撃のイクイク美少女レイヤー 003 香苗レノン』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『やりすぎ家庭教師 本田岬』(h.m.p)
アクセスアップ
新刊情報
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
よろめきSpecial 艶 2018年1月号(大洋図書)
スナイパーEVE Vol.66(ワイレア出版)
着物妻の悶え(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.16(ミリオン出版)
トーキョウ・バッド・ガールズ Vol.51(大洋図書)
よろめき 2017年12月号(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾクEX(ミリオン出版)
投稿キング特別編集 投稿愛奴通信 Vol.2(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
サンプルムービー公開中!!
5歳の時にオナニーを憶えた美少女・沙耶(さあや)は、犬の首輪をつけられると異常なまでの興奮を示す。人目をはばからず四つん這いになり、噛み付き、肉棒を求めて……。カンパニー松尾監督と迷える変態子犬・沙耶とのお下劣な旅物語が始まる――。
 | 
「子犬物語」って、およそAVらしくないタイトルですけど、たしかにこの女優さんは「子犬」かもしれません。
「沙耶」と書いて「さあや」と読むAV女優の高沢沙耶さんですが、身長161\x87p バスト89のFカップ ウエスト60 ヒップ89とものすごくいいカラダをしています。
イメージシーンでの歩く姿が颯爽として、いかにもイイ女っぽいのですが、音声が入り話しはじめるとなんだかちょっとヘンです。

まずはモゴモゴ話します。はっきりしゃべらないのでカンパニー松尾も何度か聞き返すシーンが見られます。挙動がおかしいです。常にハァハァ言っています。最初から首輪をつけられてしまうのですが、リードを引っ張られるたびに興奮するようです。
そして突然、松尾の腕に噛みついたりします。これにはカン松もびっくりです。やめさせようとしますがすぐにまた噛みついてきます。そしてそのうち松尾の股間に手をもっていきます。いきなり触ってくる女優も珍しいですが、彼女のほうも飼い犬という設定になっているので遠慮なくいけるのかもしれません。

そして往来がある中、みずから四つん這いになり道ばたを四つ足で歩こうとします。
そこまでやらせるつもりはなかったのでしょう。さすがの松尾も慌てます。そのなりきりぶりに押されっぱなしです。

車の中に戻った松尾はそこであらためて沙耶に言います。

「沙耶は俺好みの女にしなきゃいけないから、まずしつけをしないといけない。まず最初に、噛みついちゃいけません(笑)」

犬は犬でも言葉が不明瞭なところが、まだ甘えたがりの子犬って感じでしょうか。
しかも根っからのスケベです。

公園で首輪をつけたまま散歩。沙耶は隙あらば松尾のチンポを狙っています。そして「ここで咥えたい」と言い出します。
公衆トイレに入ると、すぐさま松尾の股間に顔を埋めます。そしてそのニオイを確かめます。彼女、どうやらニオイフェチのようです。クンクン嗅ぎます。このあたりも犬っぽいです。
フェラで気持ちが高ぶってくると、言われもしないのに自らパンツを下ろし、松尾のほうにお尻を向けます。立ったまま後ろから交配。気持ちよさそうによがり「ああ、生チンポ気持ちイイ」と言いながら自分で腰を前後に振ります。
ここではまだ出さずに中断してフェラでお清め。

松尾がテロップで独白します。
「予想以上のお下劣ぶりに驚きの連続ですが ポテンシャルは高い子犬です」

そのお下劣ぶりも、たとえばホテルに寄る前、再び別のトイレでセックスをするのですが、その前に松尾が「おしっこしたい」というと、「じゃあ、見てる」といい便器の前で放尿している様を見ています。
おしっこのしずくが残るチンポをすかさずお清め。そうこうしているうちにいきり立ってきた松尾のチンポを便器の上で受け入れます。そのときも足を横にまっすぐ開脚して松尾を誘い、いったんマンコに受け入れると今度は松尾の腰に足を絡めて深く結合しようとします。

その後、ホテルに行くわけですが、ベッドの上でも「チンポ突き刺さって気持ちいい!」「おまんこぐしょぐしょになって……」など淫語を吐きまくり、松尾の言葉責めとも相まって解け合うようなセックスします。

途中、インタビューシーンが挟まるのですが、これがまたすごい内容。
小学生の頃からAVは観ていて、最近はドリルバイブを使ったようなAVを観て抜くとか、幼い頃、洗濯機の振動でオナニーをしていたとか、キュウリを使っているとか、そういった話が次から次へと出てきます。
ただこのときの沙耶さんは羞じらいがあってとてもカワイイ表情を浮かべます。
実をいいますと筆者は、沙耶さんがあまりにも壊れすぎていて女性としての魅力をこの段階まで感じてなかったのですが、このインタビューでようやくステキな女の子のように見えてきました。
ふだんは冷静に自分を語ることもできるふつうの女の子のようです。

夜のシーンが終わり、千葉の海。太陽がさんさんと照るなか、大胆なビキニを着た沙耶が砂浜で戯れています。20歳なったばかりの肉体は、自然光で見るととてもきれいです。彼女の場合、スタイルがいいのでそれだけで目の保養になります。

このあと青姦。そしてふたたびホテルでのセックスと続きますが、弾けるように松尾にぶつかってくるカラダに松尾も合わせるのが大変なように思えました。
自分の顔に出された精子を見て「こんなの見たことない。オタマジャクシみたいなのが出てきちゃった」と無邪気そのものの沙耶。松尾のほうは、女として扱うより子犬として扱わないとついていけないという気持ちもあったのでしょうか。沙耶が唐突なことを松尾にしかけてくるたびに始終「よしよし」と言っているような印象を持ちました。

最後まで首輪をしている高沢沙耶は屈託がなく、よくじゃれてくる子犬のよう。
でもこういういいカラダをして、なついてくる「子犬」なら、一度は飼ってみたいですよねぇ。

文=淫語魔

Fカップ92センチの巨乳ゴージャスボディの中身はまだ子供
そんな沙耶を仔犬FACKでイカせ狂わせる!!


FLV形式 27.0MB 2分20秒

『恥ずかしいカラダ 子犬物語 沙耶(HMJM)


監督:カンパニー松尾
発売日:2011年08月27日
品番:HMGL-062
収録時間: 130分 
定価:3,990円(税込)
メーカー:HMJM

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

特選AVレビュー『美熟女ドキュメント 村上涼子のすべて(HMJM)』

淫語魔 自称、日本一淫語AVを見ているAVユーザー。淫語AVをさらに普及させるべく、淫語AVレビューサイトを主催する。それ以来AVを見てはチンポ、マンコ等の発言回数をカウントし、気に入った台詞を一語一句、正確に抜き出す日々が続く。それらの苦労をブログにてボヤキ始めたところ、なぜか業界の一部で評判となり監督たちとも交流を持つようになる。AVを見て哲学する40代のオヤジ。歴史、民俗、宗教関係も好き。
淫語魔のレビューサイト=「淫語AVマニュアル」
淫語魔ブログ =「ボヤキの小窓」
 | 
11.09.22更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=淫語魔 |