ミストレスランド 2 Lovely-Candle 1 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
争えぬ淫獣の血に縛られて......禁断相姦の魔縄が紡ぐ愛と情痴の寓話『~緊縛~ 9 蓬莱かすみ×原美織』(大洋図書)発売!!
村上裕一のゴーストテラス 第61回
乙女趣味のドウェイン・ジョンソン、携帯の留守電はスパイスガールズだ! 映画『セントラル・インテリジェンス』公開中!!
特選AVレビュー『女装娘アナル倒錯 陵辱テアトル痴態拡散、危険な発情期』(シネマジック)
ヤリヤリでキラキラな青春なんて妄想だ! でもできるなら一回くらい経験しといたほうがいい。映画「青春夜話」公開中!!
特選AVレビュー『AV女優あい変貌』(PINKARK)
シリーズ第3弾! 至高の被虐女優「神納 花」が今、満を持して登場!! 『女囚幻想 神納花』(大洋図書)
特選AVレビュー『肉虐メリーゴーランド いろはめる』(ドグマ)
特選AVレビュー『世界弾丸ハメドラーむちむちビキニ天国 松下美織』(HMJM)
特選AVレビュー『絶対的鉄板シチュエーション5 愛音まりあ』(PRESTIGE)
舐めて啜って溶かすが如く、骨の髄まで慈しむ縄。『蓬莱かすみ緊縛写真集』(大洋図書)発売中!!
特選AVレビュー『監禁くいこみ股縄弄虐 蠢く女たち』(シネマジック)
特選AVレビュー『むせかえる女の匂い 俺の嫁の母 したたる 華月さくら 篠宮千明 浦野明美』(Mellow Moon)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【37】『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』 著者=clone人間 (コアマガジン)
特選AVレビュー『若妻の匂い それから.../君色花音』 (光夜蝶)
2ページまんが 酒場の女【12】
特選AVレビュー『オナ禁1ヶ月で全身性感帯になった男の娘の馬並み発射! 櫻井やえ』(僕たち男の娘)
男女関係において「ヤっているのか、ヤっていないのか、それが問題だ!」の結論を出さずには落ち着けない、これをハメレット症候群と名付けたい 映画『静かなふたり』公開中!!
特選AVレビュー『追撃のイクイク美少女レイヤー 003 香苗レノン』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『やりすぎ家庭教師 本田岬』(h.m.p)
アクセスアップ
新刊情報
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
よろめきSpecial 艶 2018年1月号(大洋図書)
スナイパーEVE Vol.66(ワイレア出版)
着物妻の悶え(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.16(ミリオン出版)
トーキョウ・バッド・ガールズ Vol.51(大洋図書)
よろめき 2017年12月号(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾクEX(ミリオン出版)
投稿キング特別編集 投稿愛奴通信 Vol.2(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
サンプルムービー公開中!!
18歳になってすぐにデビューして以来、5年。1100本以上の作品に出演した人気AV女優、浜崎りお・23歳が引退する。最後の1本となるこの作品で語られる本音、そしてラストFUCKの中身とは……。ファン必見のスペシャルな映像が盛りだくさんです。
 | 
浜崎りおの引退作であるこの作品は、カンパニー松尾が彼女に「お久しぶりです」と声をかけるところから始まる。
「あのー、たぶん、最初にお会いしてるのは、デビューした年ですよ。18歳」
「はい、そうですね、18」
「2006年だと思います。なんとなく調べたら。んん、まあ、今回、こういう形で、ちょっと最後に……」
「そうですねー、はい、最後ぉ、ラストです」

浜崎りおのデビューは2006年。当時は18歳。オッパイはデカいが腰元はくびれていてよく引き締まっていた。
当時の映像として松尾自ら2006年10月に撮っている作品(有料アダルトサイト「PORNOGRAPH」&DVD『PRIVATE STYLE りお ゆう』/グラフィス)を流す。海辺、18歳の肉体。豊満ではち切れんばかりのビキニ姿。彼女はまだ話し方も初々しく、それでいてFカップのおっぱいだけはどーんと主張している。この中でも松尾とのインタビューが収められていて、経験人数などを聞かれている。

そして現在に戻り、
「最初の印象はさぁ、18歳って聞いてきたんだけど、あのー、実にしっかりした、ね、うん、よくできた……」
「本当ですか?!」
「ホントですよ。いやいや、そりゃ、大人っぽくなりましたよ、なりましたけど、18歳の時からできてるんですよ」
「……そうなのか…なぁ。……わかんない」
「いや、いやほんとにそうです。あのー、あのすごい18歳が出てきたなぁ、と、あのー、僕とスタッフで話してました」
「ああ、本当ですか? わおー」

スティール撮影現場。浜崎りおが、HMJMの社長でカメラマンの浜田一喜氏にパッケージ写真を撮られている。そしてここで視聴者に「浜崎りお」の名付け親は、HMJMの浜田氏であることが明かされる。このエピソードだけでも彼女とHMJMはそれだけ縁が深いということがわかる。ここで浜崎りおが浜田の口から名前の由来をはじめて聞かされ驚いているところがあるが、こういうシーンがあるとなぜ浜崎りおがHMJMで引退作を撮ってもらうつもりになったのかよくわかる。

再びインタビューシーン。
AV女優になる経緯、内緒にしていたのにだんだん知り合いにバレていく話などが続く。最初はイヤで泣いてすぐにやめようかとも考えた彼女だったが、つきあっていた彼氏にAVがバレる時には、仕事に対するプライドを持つまでになっていた。そしてAVはやめてくれという彼氏に「やだ! やる!」と言って別れてしまう。

「なんていうんですかね、もう、いい仕事がしたい!って思ったんですよね。自分ができる限りのことは、映像でちゃんと残して、ファンの人たちに見てもらいたいっていう」

松尾との最初のハメ撮り。
マンションの一室。濃紺のベッドシーツに白い枕のセミダブル。私服をリクエストされた浜崎りおに後ろから近寄り「ああ、もう見えちゃう」と少しずつ脱がせていく。
キス、オッパイへの愛撫、のしかかり挿入しないでパンツのまま股間をこすりつけ合う。
指マンでさんざん焦らしてから正常位挿入。背面側位、途中、フェラ、69を挟んで、背面騎乗位。カメラに写っているモニターを見せつけるとりおが笑い出す。

「はずかしいーよ!」
「こんなの見させられたことないだろう」
「ない」
「なぁ生で……」
「うん」
「入ってるの」
「うん」
「モザイク入ってない自分のヤツ、はじめてなんじゃないの」
「はじめて見たよ……」

しかし気持ちはさらに盛り上がっていっているようだ。
「はぁん、気持ちいい」と騎乗位でズコズコと松尾のペニスを味わうように上下する。

正常位に変化してしばらく突いたあと、いったん抜いてクンニ。再び挿入して後背位。自分から腰で迎え撃って動かすりお。性感が高まっているのが画面を通してわかる。何度か絶頂を迎え、最後に正常位から腹射。掃除フェラ。

「なんか前より、スケベになりましたね」

再びインタビュー。そしてホテルでの最後のハメ撮り。「(撮影を重ねるうちに)痴女が好きになった」という浜崎りお。こちらはやや痴女テイストなカラミになるかと思ったが、最後まではいかずに不発。恋人に痴女っぽいことをやらせようと思ったら結局、男がリードしてましたって感じになっている。
パイズリ。松尾の長いペニスが隠れるほどおっぱいがでかい。オナニー潮吹きを挟んで、騎乗位、正常位、側位、正常位で最後は口内射。

「けど、すごい。高性能、すごい女になったね」
「じゃあ、もう一回やりましょう」
「ええっー、ええっー! ええっできないよー、できない!」

一番最後に、2011年10月29日に行なわれた引退イベントの模様と、終了後、楽屋でのメッセージが収められている。
つまりは「浜崎りお」としての最後の最後のメッセージが、この作品の一番最後につけられているわけだが、ここは浜崎りおのファンなら是非とも確認しておくべき。

さて、作品レビューとしてはこれで終わりなのだが、一つだけ付け加えたいことがある。
「ラスト 浜崎りお」を全部見終わってから、なにがしかの余韻に浸っていたら、切り替わったメニュー画面に「追悼」というのがある。「なんだこれ? こんなのあったっけ?」とポチると、そこには普通にオールプレイで観ているだけでは見逃してしまう、まったく別の話が収められていた。
「最後の最後に、本編とは別に伝えたいことがあります」というテロップから始まるこのコーナーでは、2011年9月、59才で亡くなった写真家、石垣章氏ついて語られている。作品そのものとは関係ないし、だからこそオールプレイからはずしてるのだろうが、こういう義理堅いところにも松尾の魅力があるのでひとこと付言しておく。

文=淫語魔

パイズリ、自爆潮吹き、ハメ潮……5年間のAV女優生活、
その集大成ともいえるラストFUCKがメラメラと炎上する!!


FLV形式 29.5MB 2分34秒

『恥ずかしいカラダ ラスト 浜崎りお(HMJM)


監督:カンパニー松尾
発売日:2012年1月28日
品番:HMGL-071
収録時間: 130分 
定価:3,990円(税込)
メーカー:HMJM

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

特選AVレビュー『PERFECT DOLL パイパン つくし(HMJM)』

淫語魔 自称、日本一淫語AVを見ているAVユーザー。淫語AVをさらに普及させるべく、淫語AVレビューサイトを主催する。それ以来AVを見てはチンポ、マンコ 等の発言回数をカウントし、気に入った台詞を一語一句、正確に抜き出す日々が続く。そのかいあってか、最近は二村ヒトシ監督が作ったAVメーカー「MotheRs」で企画協力、淫語指導を担当。さらに淫語普及の野望は続く。
淫語魔のレビューサイト=「淫語AVマニュアル」
淫語魔ブログ =「ボヤキの小窓」
 | 
12.02.17更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=淫語魔 |