女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『新・償い 最愛の妻は・・他人のものになっていた...』(ながえstyle)
特選AVレビュー 『あのいつかの夏、圧倒的だった君の笑顔は僕のもの。 百岡(ももおか)いつか SOD専属 AVデビュー』(ソフト・オン・デマンド)
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
アクセスアップ
新刊情報
MAZI! 2019年1月号(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2019年1月号(大洋図書)
臨増ナックルズDX Vol.14(ミリオン出版)
アップル写真館 Vol.17(大洋図書)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.3(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国【得】フーゾク特大号(ミリオン出版)
漫画ポルノ夫人 Vol.1(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.57(大洋図書)
実話ナックルズGOLD Vol.5(ミリオン出版)
よろめき 2018年12月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
AV女優が恋をした時にする、プライベートなSEXとは!? 人気シリーズに篠めぐみが登場。のっけから気持ちが入りまくりの見詰め合いで緊張感と昂揚感が一気に高まり、キス。そして......。心と身体の素直な反応でどんどん艶めいていく奇跡。その一部始終をご覧下さい。
 | 
「AV女優だって、恋をしたら普通のセックスをします」というコンセプトの元、女優の好みである男優をリクエストしてもらい、等身大の篠めぐみとして、貪り合うようなしかし奇を衒わないセックスを表現してもらおうという作品です。

監督は、二村ヒトシさん。主演女優に抜擢されている篠めぐみさんは、華奢な体つきと童顔のロリータ的ルックスで人気の女優さんです。
ちょっと昭和っぽい雰囲気であえぎ声も自然な感じで可愛らしく、良い意味で普通で、その表情と華奢さゆえかちょっと薄幸そうに見える女性です。

「面白いな」と思ったのが、普段ロリータカテゴリーに居るらしき女優さんながら、表情や反応などがどちらかというとむしろ割と熟女っぽいなと感じたことです。
老けて見えるとかではなくて、童顔だし決して消極的ではないにも拘らず、「これでいいのかしら?」という不安な気持ちが透けて見えるような方で、そこが、戸惑いが有りながらも怖い物知らずな少女とは違った印象を与えているように思います。

相手に選ばれた男性には、「ありゃ! この方がタイプですか!?」という個人的な驚きがありましたが、気を取り直して観進めることに。

白い水玉のワンピースを着ためぐみさんと、白い上下の男優さん。白昼のソファの上でプレイが始まります。

まずは、恋人同士のようなキスから。
そんなに過激な行為をしてないうちから終始興奮気味に発せられる「ハァハァ」と求め合う吐息が恋愛気分を盛り上げます。

またマイクが車の音や周囲の生活音をかすかに拾っているので、日常が淡々と流れてる中で二人だけが白昼からセックスに没頭してるという生々しさが伝わってきます。

プレイ内容は、服を着たままの長いディープキスから、男性への乳首舐めと下着の上からのタッチ、下着の上からお互いの下半身を擦り合わせたり、下着の上からのペニスへのタッチや生フェラ、バックからのクンニ、そして挿入など。
めぐみさんの、汗で顔に張り付く後れ毛や、小さくて丸いお尻が可愛いです。
台詞らしい台詞はほぼ有りません。

すごくノーマルなプレイや反応で、おそらく男性であれば「これが篠めぐみの、普段のセックスか~」と彼氏になった気分で楽しむのかなと思うのですが、個人的にはリアル過ぎて観てて若干照れました。

AVを観るときは人のセックスを観るという意識なんですが、この作品はリアルさゆえ自分のセックスを撮ったビデオを観せられてる感じがしてちょっと決まりが悪いのかもしれません。

ところで、最初「この方がタイプですか!?」と言ってしまった男優さんですが、観ているうちにそのタフさ諸々をちょっと「良いな」と思ってきてしまいました。

一方か細いからだが激しく突かれて感じている女優さんの様子を見ていると、直結した性器と脳だけが存在の主たるもので、他の部分は全てただその二つを繋いでる物のように見えて来て不思議な感じがします。

そして、多くの女優さんがそうなのかもしれませんが、この方も感じてくるとどんどん綺麗になるタイプですね。
女性が深く感じてくるとどうしてこう綺麗になっていくんでしょうか。
こういう少し殻の有る感じの人のほうが、感じて開放されていく様子を見る醍醐味が有ります。

作品は真ん中で、昼のシチュエーションと夜のシチュエーションに別れていて、それぞれで一通りのセックスするという構成なのですが、セットや照明・衣装、それに合わせて演技の雰囲気が多少変わるだけで、そんなに大きな印象の変化はありません。

ただ後半は挿入までの時間が大幅に長くなるのと、女性が男性を後ろ側から愛撫するシチュエーションが多いこと、数パターンの騎乗位が描かれてるのが大きな違いかもしれません。

そしてリアルと言えどもそこは基本男性向けのAV。
女性がかなり献身的ではありますし、後半は特に女優さんがエッチな姿態を魅せる演技も多くなります。

ところで後半の挿入後、女優さんが「チンポチンポチンポ」って超連呼するんですけど、そこで「恋愛感情が有っても、相手の人格とチンポは分離した存在なのかなあ」と思い、なんだか女優さんの個人的な感性が垣間見えたような感じがして嬉しくなってしまいました。
そして自分が男だったら、それを聞いたら誇らしくなるか寂しくなるか、どっちだろうと考え込んでしまいました。

全体的に、シンプルながら想像を広げられる範囲に奥行きがあり、かつハッピーな雰囲気の作品でした。

文=鈴木られこ

『篠めぐみの絶対的瞬間恋愛トランス Make love,not fuck (MotheRs)


監督:二村ヒトシ
発売日:2012年6月25日
品番:mdve006
収録時間:132分
定価:3990円(税込)
メーカー:MotheRs

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

特選AVレビュー『管野しずかの絶対的瞬間恋愛トランス Make love,not fuck (MotheRs)』

鈴木られこ 1975年生まれ。自動車会社に数年勤務ののち、家事手伝いを経て専業主婦に。 3月の震災に怯え切って東京の家を飛び出し、そのまま一年間海外に居付いて帰ってきました。最近は、チラシ配りなどのバイトに精を出しています。
 | 
12.08.23更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
鈴木られこ |