ミストレスランド 1 Lovely-Candle 1 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
村上裕一のゴーストテラス 第61回
乙女趣味のドウェイン・ジョンソン、携帯の留守電はスパイスガールズだ! 映画『セントラル・インテリジェンス』公開中!!
特選AVレビュー『女装娘アナル倒錯 陵辱テアトル痴態拡散、危険な発情期』(シネマジック)
ヤリヤリでキラキラな青春なんて妄想だ! でもできるなら一回くらい経験しといたほうがいい。映画「青春夜話」公開中!!
特選AVレビュー『AV女優あい変貌』(PINKARK)
シリーズ第3弾! 至高の被虐女優「神納 花」が今、満を持して登場!! 『女囚幻想 神納花』(大洋図書)
特選AVレビュー『肉虐メリーゴーランド いろはめる』(ドグマ)
特選AVレビュー『世界弾丸ハメドラーむちむちビキニ天国 松下美織』(HMJM)
特選AVレビュー『絶対的鉄板シチュエーション5 愛音まりあ』(PRESTIGE)
舐めて啜って溶かすが如く、骨の髄まで慈しむ縄。『蓬莱かすみ緊縛写真集』(大洋図書)発売中!!
特選AVレビュー『監禁くいこみ股縄弄虐 蠢く女たち』(シネマジック)
特選AVレビュー『むせかえる女の匂い 俺の嫁の母 したたる 華月さくら 篠宮千明 浦野明美』(Mellow Moon)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【37】『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』 著者=clone人間 (コアマガジン)
特選AVレビュー『若妻の匂い それから.../君色花音』 (光夜蝶)
2ページまんが 酒場の女【12】
特選AVレビュー『オナ禁1ヶ月で全身性感帯になった男の娘の馬並み発射! 櫻井やえ』(僕たち男の娘)
男女関係において「ヤっているのか、ヤっていないのか、それが問題だ!」の結論を出さずには落ち着けない、これをハメレット症候群と名付けたい 映画『静かなふたり』公開中!!
特選AVレビュー『追撃のイクイク美少女レイヤー 003 香苗レノン』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『やりすぎ家庭教師 本田岬』(h.m.p)
ゲーム音楽から転生した音質と音楽の魅力/『チップチューンのすべて All About Chiptune: ゲーム機から生まれた新しい音楽』著者=田中治久(hally) 文=三木学
アクセスアップ
新刊情報
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
よろめきSpecial 艶 2018年1月号(大洋図書)
スナイパーEVE Vol.66(ワイレア出版)
着物妻の悶え(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.16(ミリオン出版)
トーキョウ・バッド・ガールズ Vol.51(大洋図書)
よろめき 2017年12月号(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾクEX(ミリオン出版)
投稿キング特別編集 投稿愛奴通信 Vol.2(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
拘束され身動きの出来ない状態の女に地獄のような快楽責めを施すベイビーエンターテイメントの男女逆バージョンであるこの『男魂快楽地獄責め』シリーズ。パッケージを見ると、ウリは「マルチプル・オーガズム(射精ではなく、アナルで絶頂まで上り詰め、それが何度も続く状態)」のようですが、「男根」ではなく「男魂」と書き表わすタイトルが示すように、肉体だけでなく、男の魂(プライドや自我)を打ち砕き、解放へと導いてゆくことが本来のテーマでもあるのでしょう。
 | 
「ここどこだよ? アンタ誰だよ?!」
「私が誰なんてどうでもいいことなの。君は、いつも君が殴ってるサンドバックみたいに吊るされちゃってるね。どうなっちゃうと思う?」

ジョギング中のプロボクサーが謎の女二人組に拉致され、両手を拘束され辱められ、乳首に媚薬を塗られていたぶられるのですが、このボクサー役の小口幸太氏、冒頭でちらっと見せるシャドーボクシングがいやに様になっているし、カラダもいい具合に筋肉が付き引き締まっていて本物のボクサーっぽい。ネットで調べてみたところ、本当に某ジムに所属するプロボクサーのようで、しかもゲイであることをカミングアウトし、ゲイビデオにも出演しているゲイボクサーとして一部では有名な人のようです。

そんな人が乳首を抓られて「やめろぉ!」なんて抵抗しつつも快楽に負けて、女みたいな声で喘いで悶絶してるんですよ。
「これがボクサーのお尻かあ。凄い筋肉」「ボクサーって乳首感じるんだ。ここ鍛えられなかったんだね(笑)」と責める側の女性達も楽しそう。
白衣の下に真っ赤なランジェリーを身に付けた責め師・沢田珠里さんが舌をベロンと伸ばして相手の口に突っ込んでいくディープキスはイヤらしいことこの上なく、その背後からは白いランジェリーに赤い仮面を付けたshinobuさん(女王様を本職とされているようです)がお尻をスパンキングし、飴と鞭を同時に味合わせるようなナイスなコンビネーションです。

先程乳首に塗りつけた媚薬を取り出し「これをオチンチンに塗ると、クリトリスみたいになっちゃう」と亀頭やカリの部分に媚薬を塗りつける沢田さん。「女の子の気持ち分かる? クリトリスはね、興奮するとこうなっていくの」と、尿道辺りをクリクリしながら、これはオチンチンではなくクリトリスなのよという暗示をかけるような言葉責め。お尻の穴にも手を伸ばし、「それからここ。お尻の穴はオマンコみたいにグチュグチュになっていくの」とお尻を弄ると、ガニ股になって「ああ〜!」と情けなくあられもない声を出して悶える小口氏。
オチンチンとお尻を同時に弄られ、「私達ね、これからキミの大切なオマンコ、ケツマンコ、グチャグチャにしちゃうのよ」と責められると、さらに声を挙げ、腰をクネクネさせ、泣きべそ顔で感じています。こんな姿晒して、プロボクサーとして大丈夫なのでしょうか?と心配になるくらいの有様です。M男優としては最高ですが......

片足を吊り上げられアナルバイブを突っ込まれ、カラダをビクビクさせて感じまくり、後半はベッドに寝かせられさらにじっくりとアナル調教されます。
さっきまでの攻撃的なSっぷりとは変わって、しっとりと優しげに責めてゆく沢田さんとshinobuさん。
アナルに指を入れながら「じゃあクリトリスも触っちゃお」とオチンチンを優しく撫で、「プロボクサーのクリトリスは大きいんだねえ」と笑い合います。沢田さんが「ねえ、今触ってるとこ、なぁんだ?」と訊くと、今までのやりとりをキチンと学習して「クリトリス」と答える小口さん。それでも「なあに、聞こえない」「どこが気持ちいいの?」と聞き返し、3回も「クリトリス」と言わせる女達。しかも言わせといて「男のくせにクリトリスなんだあ」と笑い合うドSっぷり(笑)。
「オマンコとクリトリスもっと気持ち良くしてください」と言わされ、身も心も「女」になるよう調教された後は四つん這いにさせられ、アナルバイブ責め。そしてペニバンを付けたshinobuさんが激しく腰を振ると情けないにも程がある声を出して「気持ちいい〜!」と叫び、「女になりなよ。女になっちゃいなよ」とさらにピストンされ続けると、「なんだよこれ!?」とうわ言のように呟き、上半身をビクビク浮き上がらせイッてしまいます(射精はしていない、いわゆるドライオーガズムというやつでしょうか)。
その後、沢田さんの手コキで発射し、それでも終わらない濃厚なお掃除フェラと手コキで壊れた玩具のようにガクガクとカラダをひくつかせる小口氏。

失神したように気を失い、目が覚めるとトレーニングの途中。
「あれ? 俺、めっちゃスッキリしてる。どうしたんだろ?」「よし! 俺は世界チャンピオンになれる男なんだ。頑張るぞ!」と立ち上がり、走り出します。

後半は、シリーズ第2作目にも出演した保坂順氏が再登場。
「普段は女をイカせてなんぼみたいな男優ですから」と息巻き、「女の人とイヤらしいことしているところを第三者の女の人に見てもらうのはもっと興奮しますよね」なんて発言をする本物の変態さんである保坂氏が、女性用下着を身に付けた恥ずかしい姿で沢田さんとshinobuさんからいたぶられます。
小口さんの時と同様に徹底的に「女扱い」されながら沢田さんとセックスし、同時にshinobuさんからケツマンコを弄られ、「オマンコが溶けちゃう〜」と口走り、最後は手コキで発射。

マルチプル・オーガズムらしきものはハッキリと見れませんでしたが、今作を観て思い出したのは、かつて代々木忠監督が言った「男だってもっと自由に喘いで、自分自身を明け渡してみたらいいんじゃないのか」という言葉。

男としてのプライドを崩壊させされ、困惑し葛藤しながらも、その先にある「解放」という名の快楽に身を投げ出し、女の様に喘ぐ男達。そして、そんな男達を母のような眼差しで見つめ、優しく包み込む女達。

『男魂快楽地獄責め』シリーズは、そんな想いが受け継がれた、普段虚勢を張って生きている男達への救済とエールが込められた作品なのだと思います。

文=木下奈未

『男魂快楽地獄責め 〜戦慄のマルチプル・オーガズム研究所〜 第三巻(MotheRs)


監督:二村ヒトシ
発売日:2012年2月25日
品番:MDSH-003
収録時間:121分
定価:6,090円(税込)
メーカー:MotheRs

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

特選AVレビュー『男魂快楽地獄責め 〜戦慄のマルチプル・オーガズム研究所〜 第一巻 (MotheRs)』

木下奈未  生まれて初めて観たAVは17歳の時に下北沢のDORAMAで買った『羊たちは貪欲 氷高小夜』でした。処女喪失した翌日に観たAVは『私は痴女』でした。20代の頃、足しげく通っていたレンタルビデオ屋の店員に初めてナンパされた時に借りようとしていたAVは『わくわく汚物ランド』でした。初めて泣いたAVは『私を女優にして下さい 片親スペシャル』でした。今までで一番興奮してオナニーしまくったAVは『平成淫女隊 大失神』でした。
AVが好きで堪らないあまりにAVライターの仕事を始め、現在は『ビデオ・ザ・ワールド』誌でインディーズビデオレビューを毎月やらせていただいています。普段はスーパーで働いています。
木下奈未ブログ=「木下奈未の日記」
 | 
12.05.09更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=木下奈未 |