本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 2 Lovely-Candle 2 ミストレスランド 1
最新記事20件
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第58回
特選AVレビュー『阿修羅の女達 長女は、次女の恋人と三女の夫を寝取る。次女は、長女の夫と母の愛人を寝取る。三女は、長女の夫と母の愛人を寝取る。』(Mellow Moon)
特選AVレビュー 『はじめてのレズ友達~ふたりきりの放課後~ (レズれ!)』
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/古川祥子』 (光夜蝶)
特選AVレビュー『姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 水元恵梨香』(GLORY QUEST)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【36】『乳牛少女かおり』 著者=ぺどっち (キルタイムコミュニケーション)
特選AVレビュー『濡れ衣...やがて、言いなり。/愛瀬美希』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー 『友カノの寝取り顔を黙って売ってます』(NON)
絵を描く人々 第16回 個性と型
ドキュメンタリー映画を観に行ったはずなのに、受け身では済まされず参加させられてしまう! 映画『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』公開!!
原宿「PATER'S Shop and Gallery」にて古白米「セクハラ(SEXY harajuku)」展開催!!
とりあたまちゃんシーズン4 日常【1】「テレビ嫌い」
イラストレーション・シリーズ「レイヤー百景2.0」第8話/夏コミ地獄変・前編
特選AVレビュー『絶対に予約の取れない本番し放題のNo.1女子校生風俗嬢 波木はるか』(宇宙企画)
2ページまんが 酒場の女【9】
特選AVレビュー『麻生クラッシュ 淫獣パラノイア - 麻生希』(ドグマ)
スペインのオフビート・バディ・ムービーは、口に出さないままのセリフが渋い、からのなんかもうやけくそでタナトスファック 映画『しあわせな人生の選択』公開中!!
特選AVレビュー『みなりおの妄想の世界 南梨央奈 妄想変態女子のやりたい放題スパイラル!』(RADIX)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第57回
特選AVレビュー『極悪DQN×NTR妻 僕の会社の飲み会ビデオ 新築パーティー編/森高かすみ』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
別冊投稿キングDVD 2017年9月号(ワイレア出版)
お絵かきパークminiDX Vol.11(ミリオン出版)
まちがいさがしパークmini 2017年9月号(ミリオン出版)
Be MONSTER(大洋図書)
ちょっと待ってよ、花屋さん(大洋図書)
こんな所で裸にされて(ミリオン出版)
ihr HertZ 201年7月号(大洋図書)
実話ナックルズ 2017年9月号(ミリオン出版)
TOKYO GALs COLLECTION ~東京ギャルズコレクション~ 2017年9月号(大洋図書)
女と男の欲望エロドラマDX(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
数年前に秘密結社ジャガーブローによって息子をさらわれて以来、悪夢を見続けるマリ。そんな彼女の前に復活を遂げたジャガーブローが再び現われた! 夫の眼前での凌辱、そして明かされる息子のその後……。熟女ヒロインならではのストーリー展開が悩ましい、こだわりの感じられる1本!
 | 
エロ市場も熟女ブームと呼ばれて久しい昨今、GIGAの特撮作品にも熟女作品はしっかり作られている。
しかしこれは考えてみれば、なんともミスマッチな話ではある。
スーパーヒロインであれば、当然その戦闘シーンに躍動感を求めたいところ。そこに見られるのは健康的な肉体の乱舞であり、ある意味、若々しさも伴っていると言えよう。
そこをあえて熟女で撮る。当然ながら肉体的にはみずみずしいとは言えない。動きも鈍い。
今回のヒロイン役、真鍋千枝美も年は48才というこで、なるほど擬闘などにではもたつき感が否めない。
しかしだからいいとも言える。

熟女を「売り」にしているAVも実際は2系統あると筆者は思う。
1つは年齢は20代後半ぐらい30代前半ぐらいで、適度に美人のどちらかというと年上キャラタイプ、大人の色気を前面に出す内容のもの。
もう一つは本当に熟れきったやや崩れかけているような女体を使った作品。筋肉の衰えとともにおっぱいは垂れ気味、乳首は黒ずんでいる。お腹まわりは多少たるんで、場合によっては妊娠線なんてものが見えたりする。果実としては熟しすぎて、触るだけでグチョグチョといいそう。そんな熟れきった女に反応するマニアはいる。
自分などは、本当の意味での「熟女モノ」はこちらなのではないかと思うのだが、そういう意味でも今回のこのキャストは真性熟女のスーパーヒロインものといっていいだろう。
テレビでの特撮で年上の女性が妖艶なキャラを演じることもあるかもしれないが、さすがに50代弱の女性を起用するところはないだろう。
これはAVならではのキャスティングなのである。

今回のストーリーがまた泣ける。
スーパーヒロイン・ビューティーマリーは、悪の秘密結社ジャガーブローに自分の息子をさらわれた経験をもっている。一度は自らの手でジャガーブローを壊滅に追い込んだマリーだが、結局、自分の子どもが戻ってくることはなく、今もその悪夢にうなされ続けている。
その憎きジャガーブローが復活を遂げることになり、マリーは再び相まみえることになる。久しぶりにビューティーマリーに変身して戦うが、新生ジャガーブローの幹部ミスターベルは思いのほか強く、マリーはたちまちのうちに打ち倒されてしまう。

「足腰が弱っているな。貴様がのうのうと平和を貪っている間に、我々は着実に力をつけてきた。このビューティーマリーは我々の敵ではない」

囚われの身となったマリー。ここから執拗なムチ責め、バイブ責めが待っている。
さらにマリーの夫を捕らえてきて、彼の前で陵辱の限りをつくす。愛する夫の前で辱めを受けるマリー。

「旦那の見ている前で、そんな声出して、本当は感じているんだろう?」
「ちがう、ちがう、感じてなんかいない!」
「もっと旦那に見せてやるぞ、ほらぁ」

口とは裏腹に、マリーの心の声は「この乳首をつねられて、息が荒くなるなんて。これじゃまるで……」「か、かずひろさんに見られているのに、こ、こんな姿」「ダメ、振動が、アソコに、ビリビリしちゃう」「ダメぇダメ、このままじゃ……」「どうしちゃったの? 私、こんなに感じちゃうなんて……」とだんだんと快感を訴えはじめる。

しかしここですぐには堕ちない。隙を見つけてビューティーマリーは戦闘員と戦う。形勢逆転、ミスターベルの左腕を切り落とすが、ここで衝撃の事実が発覚する。
実はミスターベルは実はマリの息子、タカシだったのだ。
タカシとしての記憶がないミスターベルはひるんだマリに襲いかかる。

「タカシ、やめて! アナタは私の息子なのよ」
「ほら、息子に舐められて乳首を勃たせる親がどこにいる」
「違う、感じてるんじゃない、違う、タカシ……」

ミスターベルは止まらない。乳房をまさぐり、股間をいじります。
そしてとうとうビューティーマリーに挿入するミスターベル。
激しくあらがうマリーにタカシは中出しまでしてみせる。

「神様、こんなことって、なんて残酷なの」

「夫の前での陵辱」と「母子相姦で中出し」という2つの要素は熟女AVではおなじみだろう。自分も熟女ジャンルの作品は好きで観ているが、この「熟女ヒロイン」はなんだが妙に納得して観てしまった。

真鍋の声はやや低く、しゃがれ声でそれが妙にマッチしている。
戦闘のときはドスがきくのと、禁断の母子相姦での「やめて」との哀願する感じが雰囲気にぴったりである。

熟女の変身シーンはいつも以上に色気がたっぷりで濃厚な感じがした。熟女モノも特撮ヒロインも好きな人にとっては、バランスのとれたいい作品なのではないかと思う。

文=淫語魔

『熟女ヒロイン Vol.24(GIGA)


監督:羹灼
発売日:2010年5月28日
品番:TJH-24
収録時間:本編91分 メイキング8分
定価:10500円
メーカー:GIGA

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

特選AVレビュー『非変身ヒロイン凌辱 チャージマーメイド(GIGA)』

淫語魔 自称、日本一淫語AVを見ているAVユーザー。淫語AVをさらに普及させるべく、淫語AVレビューサイトを主催する。それ以来AVを見てはチンポ、マンコ 等の発言回数をカウントし、気に入った台詞を一語一句、正確に抜き出す日々が続く。そのかいあってか、最近は二村ヒトシ監督が作ったAVメーカー「MotheRs」で企画協力、淫語指導を担当。さらに淫語普及の野望は続く。
淫語魔のレビューサイト=「淫語AVマニュアル」
淫語魔ブログ =「ボヤキの小窓」
 | 
11.12.14更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=淫語魔 |