ミストレスランド 2 本家三行広告 1 Lovely-Candle 1 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
2ページまんが 酒場の女【7】
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第55回
とりあたまちゃんシーズン4 日常 【1】「弟持ち長女は変わらない」
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年5月号
特選AVレビュー 『調教される母 媚薬アクメ恍惚絶頂・還暦母 山本遥 』(Global Media Entertainment)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 水野朝陽』(ドリームチケット)
環境が色を作り、色が感覚を育てる/『フランスの色景 ―写真と色彩を巡る旅』編著=港千尋、三木学 (青幻舎) 文=大野左紀子
真魚八重子とターHELL穴トミヤの映画の話にかこつけて!【5】前編
骨の髄まで慈しむ女流縄の美学――羽月希が初めて本格緊縛に挑んだ永久保存版の記録映像!『~緊縛~ 8 蓬莱かすみ×羽月希』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『熟れたお尻 岐阜のどすけべ素人 羽島愛さん92センチ』(HMJM)
特選AVレビュー『女子校生の乳首健康診断2』(OFFICE K'S)
とりあたまちゃんシーズン3 わたしのすきなこと【11】「おじいちゃんとおじいちゃん」
特選AVレビュー『ドSのKAORIをドMのセックス・モンスター初芽里奈が犯す。 』 (レズれ!)
特選AVレビュー『デカ乳輪×マゾ乳首 G乳M妻密室乳嬲り/月本愛 』(光夜蝶)
ここは種々様々な性癖に対応したマニアックな風俗店――変態快楽の殿堂『牢屋に棲む淫女 川上ゆう』(大洋図書)好評発売中!!
絵を描く人々 第13回 「欲しい絵」と「なりたい絵」
特選AVレビュー『時間を止めて、いじめっ子の母親にいたずら中出し 篠宮千明』(STAR PARADISE)
ペロッ、この味は......、フジロックフェスティバル! 映画『夜は短し歩けよ乙女』公開中!!
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【33】『じょりく! 1』 著者=活火秀人 (竹書房)
エルミタージュ美術館のヒドい目にあいすぎ具合がいい! 映画『エルミタージュ美術館 美を守る宮殿』公開中!!
アクセスアップ
新刊情報
BITTER 2017年7月号(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2017年7月号(大洋図書)
ごぶさたな奥さん 2017年7月号(ワイレア出版)
G-COLLECTION 2017年7月号(大洋図書)
MAZI! 2017年7月号(ミリオン出版)
スナイパーEVE Vol.64(ワイレア出版)
おとなの点つなぎ100問 Vol.5(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2017年7月号(大洋図書)
アップル写真館 Vol.8(大洋図書)
人妻寝取られ(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
サンプルムービー公開中!!
純真無垢、いたいけな美少女を禁断の監禁凌辱。幼さを感じさせる丸みを帯びたボディが極太ディルドで貫かれ、否応なしに性感開発されていく一戦慄の部始終とは……。練られた構成が見事な佳作!!
 | 
この作品は最初からあまり状況説明がありません。
いきなり、セーラー服を来た女子校生らしい少女が道を歩いているところから始まります。カメラは道の茂みから少女の歩く姿を追いかけるだけ。不協和音の不気味なBGMが流れ、『獄少女 5』というタイトルカット。
そこで曲がぷっつりと切れたかと思うと、畳の上にある少女の手の接写カット。どうやらどこかの部屋にセーラー服を着たまま寝かされているようです。
次に足下のカット。少女は畳の上なのに黒い革靴を履いたままです。
そして少女の腹部。セーラー服が少しはだけて下から素肌が見えます。よく見るとお腹のあたりがわずかに上下しています。つまり寝かされているだけで呼吸はしているようです。
画が変わり、寝ている少女の全体のフルショット。ここではじめて顔が見えるのですが、口元に白い布が置かれています。

この間、ナレーションひとつありません。見ている視聴者はここでいろいろ想像することになります。
まずどうやら少女は何者かによって拉致されてるらしい。口元にある白い布はクロロホルムのような薬品がしみこませてあるのだろう。その何者かは、少女が歩いているところを後ろから襲い、薬品を嗅がせて意識を失わせた。そしてそのまま、畳のあるこの部屋に連れ込んだのだろう。
こうやって情報を少なくすることで、視聴者に状況把握を委ね、結果的に想像をかき立てる手法をとっているようです。

カメラが寄って、少女の顔、股間部を映していきます。おそらくは襲った人間の主観視点映像。あきらかに男性の呼吸音がします。
少女の顔に近づき、白い布を取ると手を握ったり、服の上から胸をもむ。まるでお人形を扱うようです。次第に息が荒くなる男。胸元をはだけさせて白いブラジャーを露出させます。
ここで男はハサミを取り出します。ブラジャーのフロントを切って、少女の乳房を露にする。単にブラを剥ぐだけでなくハサミで切るところに男の性癖が見えるようです。

次のショットでようやく男の横顔が映し出されます。乳首を舐め上げる男。しばらく舐めたあと、無防備になっている少女の股間に手を伸ばします。
白いパンツの上から鼻を鳴らして匂いを嗅ぎ、さらに唇でついばむ。そしてゆっくりとパンツを下ろすと、少女らしい楚々とした陰毛が。すかさず男は手を這わせたかと思うと、股間の中心に舌を差し入れます。

場面変わり次のショットは、少女がボールギャグを咬まされ後ろ手に縛られているところから。ようやく意識を取り戻す少女。だがすでに囚われの身。体を動かしてもどうすることもできない。

「ダメだよ。暴れちゃ。シーっ。静かにして。静かにしないと、ほらぁ」

何事かわめく少女に向かって、男は顔にコンパクト・スタンガンを差し出す。パチパチパチと電気の火花が不気味に散る。それからは少女の尻をスパンキング。泣きわめく少女にも容赦はしない。軽く言葉なぶりをしつつ、ボールギャグをはずして口に自分の怒張をもっていきます。少女はあまり積極的ではないためイラマチオにならざるえない。しばらく腰を振ったあと、そのまま無理やり口内射精。
しかし少女は出された精子を飲み込めず、すぐに畳に吐き出してしまいます。

「タメじゃないか。吐き出しちゃ。悪い子だ」

こうやって男による少女の監禁生活がはじまりました。

場面が変わり、天井から吊されて、片脚だけ上げさせられている少女。白いパンツは丸見え。その様子を男視点のショットで撮る。少女は被虐の声をあげる。

「カメラを見ろ!」「なんでカメラで撮っているかわかるかな」「ゆりの飼育日記だよ。あとで見ると成長の様子がわかるだろ」

だらしない格好で体を開かされ、股紐を擦り上げられる。「や・め・て」と何度もつぶやくがもちろん許されるわけもない。おもわずお漏らし。
次にソファに座らされ、緊縛されたまま剃毛。パイパンにしたマンコを執拗にクンニしてから、電マ・バイブ責め。少女はここで絶頂を迎える。

大型犬の飼育籠に入れられる少女。まさに飼われている状態。そうやって少女日常を少し描いてから再び調教が続く。

全身を洗濯ばさみ。鼻フック。さらに椅子に逆さ吊りされてのオイル、極太のディルドを挿入され、赤ロウソク責め。バイブで何度もいかされ、ついに「イク、イクっ、イクゥっ」と歓喜の声をあげてしまう。

次のシーンでは少女は完全に従順になり、全裸で抱き合う。緊縛の戒めは解かれているのに、命令すると男が望んだポーズで肉棒を受け入れる。
「気持ちいいか? 言ってごらん」
「……気持ちいいです」
「もっと言ってごらん」
「気持ちいいです」

きれいに剃毛されたパイパンマンコに男の肉棒が出し入れされれば、それに合わせて「ああ、イクぅ、あっあっあっ」と鳴く。
そして歓喜の汁を口に受け止め、飲み込む。

「よくできたねぇ」

男はそう少女に優しく声をかける。

最初は男の精子を吐きだしたところから出発したわけで、こういう心理描写のオチをちゃんと描いているところが心憎いなぁと思う東園賢監督のSM作品です。

文=淫語魔

まだあどけなさを残す美貌が屈辱と変態快楽に歪み、
無毛に剃り上げられた秘裂が極太ディルドで貫かれる惨劇!!


FLV形式 4.47MB 1分39秒

『獄少女5(アートビデオ)


監督:東園賢
発売日:2011年2月28日
品番:ADV-R0562
収録時間:90分
定価:17,115円(税込)
メーカー:アートビデオ

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

特選AVレビュー『陰悶妻(アートビデオ)』

淫語魔 自称、日本一淫語AVを見ているAVユーザー。淫語AVをさらに普及させるべく、淫語AVレビューサイトを主催する。それ以来AVを見てはチンポ、マンコ等の発言回数をカウントし、気に入った台詞を一語一句、正確に抜き出す日々が続く。それらの苦労をブログにてボヤキ始めたところ、なぜか業界の一部で評判となり監督たちとも交流を持つようになる。AVを見て哲学する40代のオヤジ。歴史、民俗、宗教関係も好き。
淫語魔のレビューサイト=「淫語AVマニュアル」
淫語魔ブログ =「ボヤキの小窓」
 | 
11.05.20更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=淫語魔 |