女王様・M男動画サイト 2 Lovely-Candle 2 ミストレスランド 1 本家三行広告 2
最新記事20件
乙女趣味のドウェイン・ジョンソン、携帯の留守電はスパイスガールズだ! 映画『セントラル・インテリジェンス』公開中!!
特選AVレビュー『女装娘アナル倒錯 陵辱テアトル痴態拡散、危険な発情期』(シネマジック)
ヤリヤリでキラキラな青春なんて妄想だ! でもできるなら一回くらい経験しといたほうがいい。映画「青春夜話」公開中!!
特選AVレビュー『AV女優あい変貌』(PINKARK)
シリーズ第3弾! 至高の被虐女優「神納 花」が今、満を持して登場!! 『女囚幻想 神納花』(大洋図書)
特選AVレビュー『肉虐メリーゴーランド いろはめる』(ドグマ)
特選AVレビュー『世界弾丸ハメドラーむちむちビキニ天国 松下美織』(HMJM)
特選AVレビュー『絶対的鉄板シチュエーション5 愛音まりあ』(PRESTIGE)
舐めて啜って溶かすが如く、骨の髄まで慈しむ縄。『蓬莱かすみ緊縛写真集』(大洋図書)発売中!!
特選AVレビュー『監禁くいこみ股縄弄虐 蠢く女たち』(シネマジック)
特選AVレビュー『むせかえる女の匂い 俺の嫁の母 したたる 華月さくら 篠宮千明 浦野明美』(Mellow Moon)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【37】『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』 著者=clone人間 (コアマガジン)
特選AVレビュー『若妻の匂い それから.../君色花音』 (光夜蝶)
2ページまんが 酒場の女【12】
特選AVレビュー『オナ禁1ヶ月で全身性感帯になった男の娘の馬並み発射! 櫻井やえ』(僕たち男の娘)
男女関係において「ヤっているのか、ヤっていないのか、それが問題だ!」の結論を出さずには落ち着けない、これをハメレット症候群と名付けたい 映画『静かなふたり』公開中!!
特選AVレビュー『追撃のイクイク美少女レイヤー 003 香苗レノン』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『やりすぎ家庭教師 本田岬』(h.m.p)
ゲーム音楽から転生した音質と音楽の魅力/『チップチューンのすべて All About Chiptune: ゲーム機から生まれた新しい音楽』著者=田中治久(hally) 文=三木学
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年10月号
アクセスアップ
新刊情報
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
よろめきSpecial 艶 2018年1月号(大洋図書)
スナイパーEVE Vol.66(ワイレア出版)
着物妻の悶え(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.16(ミリオン出版)
トーキョウ・バッド・ガールズ Vol.51(大洋図書)
よろめき 2017年12月号(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾクEX(ミリオン出版)
投稿キング特別編集 投稿愛奴通信 Vol.2(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
悪の組織・狼牙会の捜査を命じられた美人女捜査官氷室あずみ。しかしプロの殺し屋との戦いに破れ凌辱の限りを尽くされる。恥辱の果てに血を抜き取られ、意識朦朧状態となったあずみは……。ヒロインのナイスバディを活かしまくったラストシーンが秀逸!!
 | 
いきなり冒頭から全裸の女が捜査室とおぼしき部屋に入ってきます。あまりにもあり得ないシチュエーションなのでちょっとびっくりしてしまいますけど、この氷室あずみという女優さんはたいへんスタイルがよくて、ファッションモデルのようなバランスのいい肉体をしています。また歩く姿が美しい。背筋をピンと伸ばして颯爽と歩く。立ち止まるとこれまたモデルのような立ち姿。身につけているものが黒ハイヒールのみというのもいい感じです。

捜査室の机には衣服が置いてあり、パンツ、ブラジャー、スーツと着ていくわけですが、このときの撮り方が下から煽ったりして着エロのようなサービスショットが続きます。
ストライプのインナーに黒のスーツとミニスカート。
服を着替え終えると携帯電話の着信音が鳴ります。ここでも氷室さんは必要以上に体をくねらせ、椅子に腰掛けると不自然なまでに脚を組み替え、パンツ丸出しのまま電話しています。

電話は連続殺人事件の捜査指令。被害者は全員女性で、しかも血を抜かれて死んでいるという怪事件のようです。捜査本部ではその背景に美人の血を高く売買する闇市場の存在があるのをつかんでおり、そこに目をつけた悪の組織・狼牙会が事件に深く関与していると見ているようです。そこで女捜査官・氷室あずみに狼牙会への潜入捜査を命じます。
早速、アジトに向かうあずみ。

それでこの「潜入捜査」なんですけど、実際はピストルを持って地下牢みたいなところをうろちょろするだけ。すぐに組織の人間と接触し、情報を脅し取ろうとした末、結局相手を叩き伏せてしまいます。「全然、潜入捜査なんかしてないよなぁ」なんて思っているうちに案の定、複数の敵に囲まれてしまいます。

ここからがバトルシーン。いつものGIGAです。擬斗は本当によくできている。
最初は手下の2人を簡単にのしますが、元覆面レスラー・クロシマの登場であずみはいいようにズタボロにされてしまいます。
戦闘中、なぜかあずみはどんどん服がはぎ取られていき、お乳をポロリ、お股をオープンとあられもない姿に。そこへまた接写などのサービスショットが入ります。

この氷室あずみさんですが、とても体が柔らかくかなり背中を反ることができます。クロシマから仕掛けられた鯖折りのような技のとき、頭から背中、腰の反り返りがすごく美しく見える。もちろんはだけた格好なのでエロチックでもあります。
それと彼女は人を睨みつけるときの目がいいんです。上目遣いにキッと睨む。こんな反抗的な目をされると加虐趣味の人はどんどん興奮してくるのではないでしょうか。

クロシマにやられて意識を失ったあずみが目を覚ますと、クロシマが注射器であずみの血を嬉しそうに抜いています。これ、最終的には全身の血を抜くって話なのですが、どうもこの注射ポンプには違和感がありました。注射器ってせいぜい12CCですよね。大量に血を抜くにしてはちまちましすぎます。献血で使う機械ぐらいのものを用意しない無理なんじゃないですかね。

ここであずみは間隙を縫ってバトルを再開するのですが、血を抜かれた彼女は立つのもやっとのよう。そして「どうした、血を大量に抜かれたから、しっかりと立てないなぁ。アハハハ、いったいどれぐらい抜かれたと思っているんだ」なんて言われてしまいます。

そんなフラフラになったあずみをねじ伏せて狼牙会のリーダー・熊切があずみを後ろから犯します。
ここは唯一の陵辱本番シーンなんですけど、あずみさん、騎乗位のときに熊切の膝に手をかけ、みずから腰を上下させちゃうんですよね。それってどうなんだろうなぁ。最後は正常位で中出し。「イヤン」とかいいますが、結構感じちゃっています。

さらに血を抜かれていくあずみ。一度牢屋からの脱走を試みますが失敗、もう一回軽いバトルシーンがあり、今度はあっけなくのされてしまいます。

さて、この作品の白眉は最後のシーンだと思います。
女捜査官・氷室あずみはとうとう全部の血を抜かれ、剥製人形になってしまいます。
全裸の状態で人形として熊切とクロシマの前に立っている氷室あずみ人形。
ドールとしての機能も備わっているということで、熊切はあずみ人形のおっぱいを揉み、さらに執拗にマンコの中を指で弄くります。

「この濡れ具合はなんだ? すばらしい」
「中に異物を挿入すると、ローションがあふれるような仕組みになっています。もちろん専売特許です」

このとき氷室さんは演技とはいえ無表情を装い、あらぬ方向を見ていないといけません。体もマネキンのように身じろぎせず、指の動きを無視しないといけない。
そこがなんたが自分はグッとくるシーンだなと思いました。このシーンは最後の3分ぐらいしかなかったんですけど、個人的には10分ぐらい使ってお人形である氷室あずみを弄くり回してもいいような気がしました。それぐらい氷室さんの体はドールのようなイヤらしさを持っています。

今回はとにかく氷室あずみさんの肉体が作品内容にマッチしている感じがしました。

文=淫語魔

『女捜査官アクションバトル 氷室あずみ【囚われた女捜査官】(GIGA)


監督:肥前嬉介
発売日:2010年6月25日
品番:ATHB-36
収録時間: 本編61分 メイキング7分
定価:10500円
レーベル:アキバトル
メーカー:GIGA

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

特選AVレビュー『巨大ヒロイン(R) マリス(GIGA)』

淫語魔 自称、日本一淫語AVを見ているAVユーザー。淫語AVをさらに普及させるべく、淫語AVレビューサイトを主催する。それ以来AVを見てはチンポ、マンコ等の発言回数をカウントし、気に入った台詞を一語一句、正確に抜き出す日々が続く。それらの苦労をブログにてボヤキ始めたところ、なぜか業界の一部で評判となり監督たちとも交流を持つようになる。AVを見て哲学する40代のオヤジ。歴史、民俗、宗教関係も好き。
淫語魔のレビューサイト=「淫語AVマニュアル」
淫語魔ブログ =「ボヤキの小窓」
 | 
11.05.19更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=淫語魔 |