女王様・M男動画サイトA 本家三行広告:A Lovely-CandleA ミストレスランドA
最新記事20件
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【29】『童貞喰いっ!!』 著者=にったじゅん(三和出版)
インターネットラジオ番組「ばるぼらとなほるるのワールドワイドラジオ」第17回
瀬戸内寂聴が「子宮作家」と罵られた原作が、映画化! 男同士の約束事世界がモンスター園子の上陸によってドカドカに破壊される 映画『花芯』公開中!!
100まで生きたい。【28】終わる四十路、始める四十路
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2016年8月号
菩薩と化したカトリーヌ・ドヌーヴが、腕タッチ攻撃で男たちをむせび泣かせる! 映画『太陽のめざめ』公開中!!
特選AVレビュー『叔母さんの黒々としたデカ乳首 艶堂しほり (光夜蝶)』
特選AVレビュー『婚活パーティー まさかの欠員で男性参加者は僕一人!人生初モテ期に妊活女子達が月に一度の危険日に中出し求められどうしましょう?!!(SWITCH)』
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第49回
とりあたまちゃんシーズン3 わたしのすきなこと【5】「とりあたまちゃん」
イラストレーション・シリーズ「レイヤー百景」第3回/某歌姫のコスプレ
特選AVレビュー『巨大乳輪圧搾絞り執拗責め(シネマジック)』
写真シリーズ「○○の女」【2】赤い女
インターネットラジオ番組「ばるぼらとなほるるのワールドワイドラジオ」第16回
絵を描く人々 第4回 美大受験狂想曲
特選AVレビュー『オバケが出た!この世への未練で成仏できないスケベな女幽霊たちと生ハメ中出しSEX!「もうダメぇぇ!逝っくぅぅー!!」と悶絶アクメで昇天!?(UMANAMI)』
真魚八重子とターHELL穴トミヤの映画の話にかこつけて!【3】
特選AVレビュー『「わたし...びっくりするくらいドM...なんです...」無邪気で若さハジける箱入りお嬢様の解禁トロトロ狂乱SEX 姫川ゆうな18歳(ファーストスター)』
黒人のかわいい娘のおっぱいがでてくる。これが大きくない、Bカップくらいなのがすごくいい。映画『DOPE/ドープ!!』公開中!!
特選AVレビュー『投稿実話 妻がまわされた。 ~帰省中の出来事~ 川上ゆう(ながえstyle)』
アクセスアップ
新刊情報
MEN'S KNUCKLE 2016年10月号(大洋図書)
未亡人ポルノ劇場(ミリオン出版)
おやじ好みのいいなりドM妻(ミリオン出版)
ナンプレパークmini Vol.6(ミリオン出版)
スナイパーEVE Vol.61(ワイレア出版)
投稿キング マニア撮り素人娘コレクター Vol.3(ワイレア出版)
JK COLLECTION(大洋図書)
田舎の嫁さんおっ母さん(ミリオン出版)
艶熟SPECIAL Vol.24(大洋図書)
やられたい妻たち(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
サンプルムービー公開中!!
大物政治家の汚職を暴くべく潜入した捜査官・陽菜。そこに待ち受けていたのは鬼畜達による非道な性拷問の数々だった――。鼻フック、鼻孔への媚薬注入の果て、尚も繰り広げられる鼻畜拷問。SMの名門シネマジックならではの重厚なアブノーマルワールドがこれでもかと展開される一本!!
 | 
ここ十年ほどで大きな人気ジャンルとして定着したのが潜入捜査官物です。女性捜査官が悪の組織に潜入し、捕らえられて凌辱や拷問を受けるという内容なもので、SM的要素が強いものの、女優に合わせてソフトにもハードにも調節可能というところが、作り手にもメリットがあるのでしょう。なので、ハードな凌辱や拷問を期待して見ると、少し乱暴なファック程度だったりしてがっかりすることも少なくありません。

しかしこのシリーズはSMの名門シネマジックの作品。となれば、ヌルいはずがありません。しかも、鼻責めで有名な東雲勇太監督とくれば、もう内容も想像できますね。

現職大臣である大隅の汚職を暴くべく潜入した公安四課の前田陽菜警部。今回は極東捜査官(FEIA)の一員としての作戦です。そして当然のように潜入中に大隅の手下に捕らえられてしまいます。まぁ、ここまでは潜入捜査官物なら、どの作品でも同じような展開ですね。ただ本作はそこまでも重厚な映像と演出で見せてくれるので、思わず引きこまれます。

前田陽菜は、ちょっと表情に乏しい感じなんですが、それも今回の設定ではハードボイルドなムードが出ていてハマってます。

そしてそんな女捜査官が、徹底的に凌辱されてしまうのです。いきなり首を締められて、往復ビンタ。そして当然の如く鼻フック。

プライドの高い女捜査官をジワジワと嬲っていく男たちの責め方がなかなかよいんですね。拷問というより、ただセックスしたいだけじゃないかと思わせるようなヌルい作品とは全く違います。

うつ伏せにされて下着を少しづつ下げられる時でも、必死に手で下ろされまいと抵抗している前田陽菜もいいですね。もちろんそんな抵抗は虚しく、お尻の肉を開かれて肛門まで丸出しにされてしまうのですが。

さらに空気浣腸されてのスパンキング、鼻から媚薬を注入されてのバイブ責め、水平に吊られてクリップで重りを下げられる乳首責め、お尻が真っ赤になる鞭責め、そしてラストは溶けた熱蝋を全身にかけられて絶叫。

もちろん鼻責めはほとんどのシーンで見られます。秀逸なのは、天井から下げられた鼻フックをつけられた状態で、目の前に食事を置かれるという責め。何十時間も食事を取っていないため、なんとか食べようと食器に顔を近づけるのですが、そうすると鼻フックが天井に引っ張られてとんでもない顔になってしまうのです。つまり自ら鼻の穴を広げさせられるという残酷な責めなのです。東雲勇太監督ならではのアイディア溢れる責めです。

ファックは途中で済ましてクライマックスには持って行かないというのも、SM作品であるという主張が感じられていいですね。ファック自体も単なるセックスではなく、きちんと責めとなっています。荒々しいイラマチオなどは立派な拷問です。

一般のAVメーカーが次々と潜入捜査官物に手を出していますが、うちがやったらそんなものじゃないぞ、とばかりにSMの名門メーカーが意地を見せた、そんな印象を受けました。うん、やっぱりシネマジックは一味違いますよ。

文=安田理央

プライドの高い美人女捜査官が、鬼畜どもの凌辱で無念のアクメを連発する!!




『恥辱の女潜入捜査官7 人格破砕』(シネマジック)


監督:東雲勇太
発売日:2013年4月1日
品番:CMN-114
収録時間:110分
定価:4.980円(税込)
メーカー:シネマジック

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

特選AVレビュー『マニア夫婦の家畜令嬢2(シネマジック)』

yasuda_face.jpg
安田理央 1967年生まれ。エロ系ライター、アダルトメディア研究家、パンク歌手、ほか色々。主な著作に「エロの敵」「日本縦断フーゾクの旅」「デジハメ娘。」など。趣味は物産展めぐり。でも旅行は苦手。
安田理央の恥ずかしいblog
 | 
13.05.14更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=安田理央 |