女王様・M男動画サイト 2 Lovely-Candle 2 本家三行広告 2 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー『接吻プロレス/AIKA 』(ワープエンタテインメント)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年9月号
特選AVレビュー『巨大ヒロイン(R) ウルティマー』(GIGA)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第59回
アルチュール・アラリ監督のフィルム・ノワールである本作を観たあとは、ベロチューも・アリ感触のピルも・飲んでアールなセックスに勤しみたい 映画『汚れたダイヤモンド』公開!!
特選AVレビュー『女子校生革命!夏なんてぶっ飛ばせ!5人の美少女が制服大改造スーパークールビズで登校してきた!!(ファーストスター)』
フラミンゴ柄セーター、ダサ柄ネクタイ。シュワちゃんが身につけている全ての衣装が悲しくていい 映画『アフターマス』公開!!
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【37】『せっくすじゅーす』 著者=桜去ほとり (ワニマガジン社)
特選AVレビュー『完全拘束・完全支配 拷問ドラッグ - 鶴田かな』(ドグマ)
特選AVレビュー『今日も義父に玩具にされて.../宮藤尚美 (光夜蝶)』
特選AVレビュー 『男装つるぺた少女 矢澤美々(18)』(K-Tribe)
ペヤンヌマキ×安藤玉恵 生誕40周年記念ブス会*『男女逆転版・痴人の愛』
特選AVレビュー『巨乳DJ臭辱拷問 嗅姦2』(シネマジック)
特選AVレビュー 『あやみ旬果を、飼いならす。3』(PRESTIGE)
特選AVレビュー 『熟れたスキモノ女の濃密猥褻プライベート映像/横山みれい 』(ワープエンタテインメント)
絵を描く人々 第17回 構図と余白
イラストレーション・シリーズ「レイヤー百景2.0」最終話/夏コミ地獄変・後編
特選AVレビュー 『生中出し×媚薬トランス×三つ編みモサ子女子校生 戸田真琴』(ソフト・オン・デマンド)
リムジンにおける、チンポとパワーウィンドウとの奇跡的な出会い! 映画『俺たちポップスター』公開中!!
特選AVレビュー 『公開BDSM調教 推川ゆうり、北川エリカ 』(ドリームチケット)
アクセスアップ
新刊情報
アップル写真館 Vol.10(大洋図書)
色狂い義理の母(ミリオン出版)
淫らにまぐわう夜這いSP(ミリオン出版)
漫画人妻の悶え Vol.15(ミリオン出版)
トーキョウ・バッド・ガールズ Vol.50(大洋図書)
よろめき 2017年10月号(ミリオン出版)
激撮 Vol.6(ミリオン出版)
投稿キング素人生撮りDVD 第26号(ワイレア出版)
どすけべ肉弾妻(ミリオン出版)
キスよりやさしく(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
清楚なロリ顔とボリューム満点で形のいい尻を併せ持つつくし嬢が、いろんなシチュエーションで男の精子を絞りとりまくる完全無欠の尻フェチ映像。こだわりのある尻の撮り方にフェチビデオの王道が見える!?
 | 
まず出演しているつくしさんですけど、この人は声だけ聞いていてもロリっぽいです。女優名からしてそのあたりを売りにしているのかもしれません。でも衣装によっては大人っぽく見えることもあってなかなか年齢不詳な感じにも見えました。コスプレをさせるとさまざまなシチュにも対応できるみたいなので、芸幅が広い子なのではないかと感じました。こういう年齢不詳な女性が出るフェチビデオは結構好きです。

そのつくしさんを使った今回の「尻伝説」ですが、コーナータイトルを列挙すると「可愛い妹の尻で癒されたい」「オイル尻責め&フェラ抜き」「デニム尻オナニー&尻コキ」「女子校生と尻フェチSEX」「おじさんにおねだり顔騎」「ブルマ顔騎&尻コキ責め」「絶頂快感尻フェチSEX」とバラエティに富んだラインナップになっていました。

そうなんですよね。いくら尻にこだわると言っても同じような絵面だけではやはりつらいわけです。お尻という素材を使いそれでどう調理をするのか。煮くのか焼くのか、味付けはどうするのか、付け合せは何か。そのあたりを考えるのがフェチビデオメーカーの腕の見せどころでしょう。コーナーの順番も含め、ここでの味付けを間違えてしまえばせっかくの素材も台無しになります。

最初のコーナーでは、妹がお兄ちゃんにおもむろに近づき、「お兄ちゃん元気ないの?」と言って急にキスをする。まずはキスをしている顔を映していますが、すぐに妹の尻のほうのショットに切り替わる。するとお尻の方はなぜかスケスケパンツ。割れ目がはっきりと映しだされます。しかもそのときつくしさんはわずかに腰を振ります。

こういう流れがいいんですよね。本来なら突然、裸に近い状態で「お兄ちゃん」に近づく妹などいやしませんでしょう。でもそこを不思議に感じさせないのは、お尻を注目させるタイミングを監督が知っているからです。そのインパクトだけで尻フェチの人間は脳ミソを犯されてしまいます。

再びキスシーンが入り、今度は妹がおちんちんを触る。すると興奮したお兄ちゃんのほうも妹のお尻を触りだす。
「お兄ちゃんたら、さっきからお尻ばっかり触ってる。お尻好きなの?」
「うん、つくしのお尻、大好きだよ」
「じゃあいいことしてあげる」
何をするのかと思っていると、次のシーンでお兄ちゃんが仰向けになり、妹はスケスケパンツのまま顔面に乗る。

この顔面騎乗も正面を向くのではなくまずは背面で座り込む。こうすることによりお兄ちゃんの頭から妹のお尻を画面に映すことができる。これが対面だと股間を捉えることになるので尻フェチ度は下がる。それではお尻ビデオとしては弱い。
「お兄ちゃんの大好きなお尻だよー」なんて言ってくれるつくし。ときおり「うふふ」なんていう嬌声が入る。

こういう感じで作品が進んでいきますが、ただこの最初のコーナーは妹に手コキ射されて終わります。おそらくはお兄ちゃんがM男設定だったために尻射ではないのでしょうが、こういうのが自分としては残念な感じがしました。7コーナー中、尻射は4回。うち1回は尻コキ射。あとは手コキ射2回、M男みずからするセンズリ射1回。

ただこのあたりのバランスは、監督の個性といえば個性なんですよね。
着衣も、最後のカラミだけ途中から全裸になります。
自分は全裸も見たい人間なのでこの選択でベストなんですけど、中には最後まで着衣にこだわってほしいという人もいるでしょう。したがってこういうのには何が正解というのはない。むしろお尻の魅力で1本作ることに意義があるわけで、そういう意味ではお尻を、ローションでヌルヌルにしてみたり、デニムパンツを穿かせてみたり、尻コキ射をしてみたり、後背位、騎乗位を多めにしたり、尻穴がはっきり見えるぐらい頻繁に尻たぶを開かせたり、そういうこだわり方がまずは肝心なことなのです。
つくしちゃんのお尻は白くてまん丸で美味しそう。もちろん彼女自体も清楚でカワイイのですが、やはりこれはお尻ビデオです。素材としてのお尻の魅力をちゃんと引き出せてナンボでしょう。

こういうストレート真っ向勝負で作ってくるフェチビデオは好きです。
というか、フェチビデオはこうでなきゃね。

文=淫語魔

『尻伝説 つくし (実録出版)


監督:宮本小次郎
発売日:2011年5月16日
品番:DVD ZSD-63
収録時間:130分
定価:5040円
メーカー:実録出版

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

特選AVレビュー『ヌルヌル尻テカテカ尻でマン屁セックス 大堀香奈 (実録出版)』

淫語魔 自称、日本一淫語AVを見ているAVユーザー。淫語AVをさらに普及させるべく、淫語AVレビューサイトを主催する。それ以来AVを見てはチンポ、マンコ等の発言回数をカウントし、気に入った台詞を一語一句、正確に抜き出す日々が続く。それらの苦労をブログにてボヤキ始めたところ、なぜか業界の一部で評判となり監督たちとも交流を持つようになる。AVを見て哲学する40代のオヤジ。歴史、民俗、宗教関係も好き。
淫語魔のレビューサイト=「淫語AVマニュアル」
淫語魔ブログ =「ボヤキの小窓」
 | 
11.06.09更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=淫語魔 |