本家三行広告 1 ミストレスランド 1 Lovely-Candle 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年5月号
特選AVレビュー 『調教される母 媚薬アクメ恍惚絶頂・還暦母 山本遥 』(Global Media Entertainment)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 水野朝陽』(ドリームチケット)
環境が色を作り、色が感覚を育てる/『フランスの色景 ―写真と色彩を巡る旅』編著=港千尋、三木学 (青幻舎) 文=大野左紀子
真魚八重子とターHELL穴トミヤの映画の話にかこつけて!【5】前編
骨の髄まで慈しむ女流縄の美学――羽月希が初めて本格緊縛に挑んだ永久保存版の記録映像!『~緊縛~ 8 蓬莱かすみ×羽月希』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『熟れたお尻 岐阜のどすけべ素人 羽島愛さん92センチ』(HMJM)
特選AVレビュー『女子校生の乳首健康診断2』(OFFICE K'S)
とりあたまちゃんシーズン3 わたしのすきなこと【11】「おじいちゃんとおじいちゃん」
特選AVレビュー『ドSのKAORIをドMのセックス・モンスター初芽里奈が犯す。 』 (レズれ!)
特選AVレビュー『デカ乳輪×マゾ乳首 G乳M妻密室乳嬲り/月本愛 』(光夜蝶)
ここは種々様々な性癖に対応したマニアックな風俗店――変態快楽の殿堂『牢屋に棲む淫女 川上ゆう』(大洋図書)好評発売中!!
絵を描く人々 第13回 「欲しい絵」と「なりたい絵」
特選AVレビュー『時間を止めて、いじめっ子の母親にいたずら中出し 篠宮千明』(STAR PARADISE)
ペロッ、この味は......、フジロックフェスティバル! 映画『夜は短し歩けよ乙女』公開中!!
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【33】『じょりく! 1』 著者=活火秀人 (竹書房)
エルミタージュ美術館のヒドい目にあいすぎ具合がいい! 映画『エルミタージュ美術館 美を守る宮殿』公開中!!
特選AVレビュー『通りすがりのAV女優 05 新春マグロビッチ全員巨乳編』(HMJM)
イラストレーション・シリーズ「レイヤー百景2.0」第5話/ウキウキ温泉旅行の巻 ~前編~
特選AVレビュー『人気女子アナ無限痴獄 極上雌犬暴辱TV局』(シネマジック)
アクセスアップ
新刊情報
BITTER 2017年7月号(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2017年7月号(大洋図書)
ごぶさたな奥さん 2017年7月号(ワイレア出版)
G-COLLECTION 2017年7月号(大洋図書)
MAZI! 2017年7月号(ミリオン出版)
スナイパーEVE Vol.64(ワイレア出版)
おとなの点つなぎ100問 Vol.5(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2017年7月号(大洋図書)
アップル写真館 Vol.8(大洋図書)
人妻寝取られ(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
剣道場の師範代を務めるあさ美は、亜多加ホールディングスの強引な施設開発によって存続の危機を迎えていた。それでも諦めることなく抵抗を続けるあさ美に業を煮やした男たちは、婚約者を人質にとって理不尽な勝負を要求する――。小川あさ美の美しい裸体と白い剣道着の組み合わせがフェティッシュなエロスを横溢させるライトな凌辱ドラマ!!
 | 
剣道5段の小川あさ美は父の遺した道場を引き継いで剣道教室を開いている。しかし道場経営は火の車で、現在は生徒がまったくいない。実は亜多加ホールディングスという会社が前々から道場の土地を狙っていて、陰で嫌がらせをして経営困難に追い込み土地を売らせようと画策しているようなのだ。だがそれでもあさ美は決して土地を売ろうとしない。ついにしびれを切らした亜多加ホールディングスは社長の息子・ナオトを使ってある提案を持ちかける。
「俺と剣道の試合をしないか。君が勝ったら買収をあきらめてあげるよ」
突然の申し出にびっくりしたあさ美だったが、相手の力量もわからないまま無謀な賭けに乗ってしまう。そしてそのまま試合を開始するのであった。

こうしていきなり剣道の試合が始まるんですけど、小川あさ美はやはり美人ですよね。瓜実顔に涼しい目元。鼻筋が通っていて唇の形も大きすぎず小さすぎず。全体的にバランスの整ったきれいな顔しています。また彼女はなんといっても肌が白いです。絹のような玉の肌をしていて、顔全体も色素が薄い感じで、瞳は鳶色、唇はベビーピンク、長い髪は亜麻色。
そんな彼女に白い剣道着を着せ竹刀を振らせる。道着だけでなく面や甲手の色も白、そして胴だけは赤。パッケージ写真にも彼女の凛々しい姿が写っていますが、後ろに束ねた彼女の長い髪が輝いて白い道着に映えるんです。

それで道場の土地を賭けた剣道の試合なのですが、このときあさ美さんはなぜか面をつけないのですね。やはり面金ごしでは彼女の尊顔は拝せない。ここは面をつけないで戦ってほしいとも思いますが、そのままではドラマとして必然性に欠けます。当然相手からは「なぜ面をつけない? 俺を馬鹿にしているのか」と問い詰められてしまいます。
それに対して彼女は「私は面を取られない。決して」などと意味不明な返答。試合に立ち会うことになったあさ美の恋人・ユタカは「あさ美、危険だぞ。こいつがどれほどの腕かわからない」と忠告しますが、「いいのよユタカ。私にもプライドがある。このままやらせて」「そうか、仕方ない」。
「仕方ない」って、恋人ならここは強く言って面をつけさせるべきでしょう。賭けとはいえこれはビジネスです。相手だってある程度勝算が立つから申し込んできたわけで、無鉄砲にもほどがあるような気がします。

これだけでなく、この作品は強引な展開が多いのです。
あさ美は試合では辛うじて勝利しますが、相手を強烈な突きで意識不明に追いやったため、今度は亜多加ホールディングスの社長が自ら出てきて「傷害罪で告訴するぞ」と脅してきます。さらにあさ美の恋人ユタカがどこかに連れ去られ「恋人を返してほしければ息子と結婚しろ」と迫ります。渋々同意するあさ美にさらに「さあ、今ここで裸になれ。従わなければ息子とは結婚させない」と言い放ちます。
このオヤジ、言っていることが無茶苦茶です。あさ美がおすおずと脱いでいくと「久保田、この女を犯せ!」と連れてきた部下にレイプをさせます。
この社長は何がしたいんでしょうね。よくよく考え合わせると理解しがたいことばかりなのですが、でもこの作品はそれとは別にあることで一貫してもいるのです。

白い剣道着を着ているあさ美に「裸になれ」と言って一枚一枚脱がせていく。剣道着を取り去ると白無地のアンダーシャツとパンツ姿になる。シャツの下はノーブラでかすかに乳首の所在がわかる。この上下、白の下着姿のあさ美を部下が襲う。
嫌がるあさ美の唇を無理やり開かせて舌を突っ込み、胸の中に手を入れて白い乳を揉みしだく。パンツを剥ぎ取って開帳。抵抗するあさ美はマンコを白魚のような手で蓋してみせる。その手を剥いで男がクンニ。悲鳴をあげるあさ美。ただし白いシャツははだけるだけで脱がせない。長めのイラマチオのあと、男も白いYシャツを着たままあさ美にのしかかる。後背位になるとあさ美の白いお尻と薄い陰毛が卑猥に映しだされ、そこから寝バックに。最後は正常位から顔射。白い精液があさ美の顔にべったり。
恨めしそうな顔で社長を見上げる。

最初の剣道の試合でもそうですが、この作品は白いものを身につけている小川あさ美の美しさとそれを陵辱するエロスを丁寧に撮っているのです。それがわかるので少々の強引な展開も許せるのです。
このあとは赤紐で縛られて、股間を晒したままローション、電マプレイをさせられるのですが、やはり上の白いシャツは脱がせません。シャツの上からローションをかけて乳首をスケスケにしてみせます。シャツをハサミで切りおっぱいを揉みますが、白いシャツは着けたままで、指マン、バイブ、電マ等でいかされてしまいます。

そして最後は社長の息子・ナオトとのカラミ。その前に「私は剣の道に生きてきた女。だから私より強い男しか認めたくないの。もう一度試合をしてあなたが勝つことが籍を入れる条件よ」ともう一回、剣道の試合が行なわれる。今度はナオトが面をせずにあさ美と対峙。あっさりと勝ってしまう。実はナオトは剣道7段の腕前であさ美よりも格上だったのだ。
試合に負けてがっくりくるあさ美。裸になることを促すとまたもやゆっくり道着を脱いでいき、最後は一糸まとわずきれいな裸をさらす。
そしてゆっくりとナオトの愛撫を受け入れると、挿入する頃には積極的にフェラチオをし、意味ありげな顔をしたかと思うと背面騎乗位で男のモノを受け入れる。自ら激しく腰を上下させると白いお尻が綺麗に波打つ。そして最後は中出し。
「あさ美は、あさ美はオレのモノになったんだ」そういって社長の息子は白い体をまさぐり続けるのであった。

陵辱ドラマとしてはライトな感じですが、小川あさ美の白い肌を強調することでそのエロさを見事に引き出していました。
透き通るような白い肌というのは女の武器なんですねぇ。

文=淫語魔

『女剣士レイプ 犯されたプライド 凌辱愛玩人形(アタッカーズ)


監督:栗原良
発売日:2011年06月07日
品番:DVD/ATID-176
収録時間:120分 
定価:3990円(税込)
メーカー:アタッカーズ

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

特選AVレビュー『お嬢様女子校生アナル凌辱 性奴隷人形の条件(アタッカーズ)』

淫語魔 自称、日本一淫語AVを見ているAVユーザー。淫語AVをさらに普及させるべく、淫語AVレビューサイトを主催する。それ以来AVを見てはチンポ、マンコ等の発言回数をカウントし、気に入った台詞を一語一句、正確に抜き出す日々が続く。それらの苦労をブログにてボヤキ始めたところ、なぜか業界の一部で評判となり監督たちとも交流を持つようになる。AVを見て哲学する40代のオヤジ。歴史、民俗、宗教関係も好き。
淫語魔のレビューサイト=「淫語AVマニュアル」
淫語魔ブログ =「ボヤキの小窓」
 | 
11.06.28更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=淫語魔 |