本家三行広告 1 Lovely-Candle 2 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー『M男クンのアパートの鍵、貸します。/緒奈もえ 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『狂叔父専用、性玩具●女 七海ゆあ』(GLORY QUEST)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第60回
川上譲治写真展 すとりっぷ小屋発・裸的群像伝「1976-2006 アングラの残影」開催!!
特選AVレビュー『ヤキ入れ錬成女子 入魂シゴキ倶楽部』(シネマジック)
特選AVレビュー『童貞たちの性処理奴隷になった猥褻おばさん 二階堂ゆり』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの奥さん2 NTR日帰り温泉 夏海あや』(HMJM)
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第2回
絵を描く人々 最終回 美しいもの、不思議なもの、不気味なもの
特選AVレビュー『パイパンむちむち豊乳尻サセコちゃんのどすけべ肉体ボランティア 』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『少女もキスをガマンできない 心花ゆら』(ドリームチケット)
2ページまんが 酒場の女【11】
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第1回
とりあたまちゃんシーズン4 日常【2】「死ぬ体力」
特選AVレビュー 『ショタ狩り娼婦 結衣さんの場合』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『デカパイ女子校生とちっぱい女子校生の学校こっそりレズえっち(レズれ!)』
特選AVレビュー『接吻プロレス/AIKA 』(ワープエンタテインメント)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年9月号
特選AVレビュー『巨大ヒロイン(R) ウルティマー』(GIGA)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第59回
アクセスアップ
新刊情報
giri giri Vol.20(大洋図書)
俺の旅 2017年11月号(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.12(ミリオン出版)
よろめき 2017年11月号(ミリオン出版)
花と蜜 Vol.43(ワイレア出版)
別冊投稿キングDVD 2017年11月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.37(ミリオン出版)
LOVE LADY 2017年11月号(大洋図書)
中に欲しがるドエロ妻(ミリオン出版)
兄の親友お嫁においで(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
美しい人妻の部屋に忍び込んだ変態暴行魔は、顔を覆い、無言のまま責めを楽しんだ後は、指紋も残さず精液は一滴残らず回収して風のように去る――。緊縛、レイプ、鞭で腫れ上がる尻に強制浣腸される女の凄艶な痴態!
 | 
加納綾子さん、リアルにエロいんですよね。豪華客船のエステティシャンとして働いていて、世界各国の男とやりまくっていたという経歴の持ち主なんですよ。

そんな綾子さんが謎の男に責めまくられるという人妻を演じている作品です。後をつけてきた男が、部屋に侵入し、綾子さんを縛り上げ、いきなりお尻にスパンキング! このスパンキングが半端じゃないんです。もう、延々と叩く。文字通りにお尻が真っ赤に染まるほどに叩いています。綾子さん、泣き叫んでます。なるほど、これだけの暴力を加えられると、もう抵抗する気も失せちゃうというわけですよね。

続いては、ローソク責め。今度は真っ赤になったお尻が蝋で真っ白に染め上げられていきます。どうやらお尻に執着があるみたいですね。

この暴行魔がなんとも不気味でほとんど喋らずに、綾子さんを責め続けるんですが、ひとつひとつの責めをじっくりと味わっている感じで、SM物にありがちな、ハイこの責め、次はこの責め、という作業感がないんですよね。その分、男の変態性が画面から伝わってきます。

突然、パンやソーセージ、牛乳なんかをテーブルに並べて食事を始めるというのもよかった。下半身を突き上げる屈辱的な姿勢で縛り上げられた綾子さんのブルブル震えるお尻を鑑賞しながらの食事ですよ。優雅じゃないですか。

そして、ソーセージをおもむろに肛門へと挿入します。ここで初めて男が言葉を発しました。

「出せ」

綾子さん、必死にソーセージをひり出そうとしますが、出るのはおならばかり。

「恥ずかしい......」

ええ、そりゃ恥ずかしいでしょうよ。

そして男は、ガラスの浣腸器を綾子さんの肛門へと突き立て、牛乳を注ぎ込みます。綾子さん、あまりこらえ性はないみたいで、すぐにピューっと噴出。もう一本入れられても、同じくすぐに噴き出します。これで浣腸責めはおしまい。浣腸責めにはスパンキングほどの情熱は感じないようですね、この男。「連続暴行浣腸魔」というタイトルなのだから、もうちょっと頑張って欲しかったなぁ。

その後は、もちろんシネマジックお家芸の鼻フックです。鼻フックしたままフェラもさせちゃいます。そして縛ったままで、綾子さんを犯しちゃうわけですが、この男、そんな時も手袋をしたままで、発射した後も精液のたまったコンドームをジップロックに入れて持ち帰る用意周到さ。証拠は現場に残さないというわけですね。

いや、代わりに牛乳で、ツノと「鬼」の字を描き残していきます。

これで終わりかと思いきや、ラストにちょっと意味深なシーンが入っているのには、グッと来ましたね。こういう映像って、無駄と言えば無駄なんですが、入ってるか入っていないかで作品の深みがグっと変わるんですよね。このへんのこだわり、好感が持てます。

文=安田理央

『連続暴行浣腸魔牛頭鬼(シネマジック)

監督:魁
発売日:2014年3月19日
品番:CMC-134
収録時間:110分
定価:4,620(税抜)
メーカー:シネマジック

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

特選AVレビュー『爆乳活動家ローリングダンス 串刺し娼婦転落奇譚(シネマジック)』

yasuda_face.jpg
安田理央 1967年生まれ。エロ系ライター、アダルトメディア研究家、パンク歌手、ほか色々。主な著作に「エロの敵」「日本縦断フーゾクの旅」「デジハメ娘。」など。趣味は物産展めぐり。でも旅行は苦手。
安田理央の恥ずかしいblog
 | 
14.06.16更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=安田理央 |