女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2 本家三行広告 2
最新記事20件
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
サンプルムービー公開中!!
日本の血塗られた歴史のなかで行なわれてきた拷問――その戦慄のシーンを若松孝二監督が生々しく描き、オムニバス形式でまとめた新東宝のピンク映画。
 | 
最近、ピンク映画について調べています。世代的に、にっかつロマンポルノはギリギリ見ているのですが、ピンク映画となると完全にスルー状態だったのです。
調べていくと、その初期に拷問映画ブームというものがあったことがわかります。1964年の『日本拷問刑罰史』(新東宝 監督:小森白)の大ヒットをきっかけに、拷問をテーマにした作品が次々と作られたとか。
『日本拷問刑罰史』は、蛇責め、木馬責め、股裂き、叩き責め、石抱き、磔など、江戸時代の拷問を執拗に描いた作品です。当時は規制が厳しく成人指定のピンク映画でも乳首を見せられなかったそうなんですが、こういう残虐表現はOKだったというのが面白いですね。
そんなわけでこの『日本拷問刑罰史』に興味を持ったのですが、さすがに1964年の作品ということで映像ソフト化もされていません。ネットで調べてみると、SMマニアの人たちが『日本拷問刑罰史』のフィルムが東京国立近代美術館フィルムセンターに保管されていることを突き止めて、上映会が出来ないかと働きかけたのですが、フィルムの保存状態が悪く断念したとか。
拷問映画自体は、70年代まで作られていて、以前に名画座で見たことのある『徳川いれずみ師 責め地獄』(1969年 東映 監督:石井輝男)なんかも、この系譜に連なる作品だったようです。あれはメチャクチャなパワーがあって面白い作品でした。ラストは女性が股裂きの刑で真っ二つだったし!
他にも今、見ることが出来る拷問映画はないかなと探していたら、DUGAで新東宝の拷問映画が数タイトル配信されているじゃないですか。山本晋也監督で谷ナオミ出演という『残虐女刑史』(1976年 新東宝)にも惹かれましたが、とりあえず若松孝二監督の『拷問百年史』(1975年 新東宝)にしました。ピンク映画の歴史を調べていくと、やっぱり若松孝二は外せない、という気になるのです。

江戸時代から昭和の戦時中に至る拷問を描いたオムニバス形式の作品です。
開幕していきなりこんなナレーション。「歴史の底にひそむ影の暗殺者たちは強い者の背後に弱い者、民衆を常に虐げ、反抗するものを圧殺してきた。この映画は歴史の暗黒から暗黒へ引き継がれ流れ続ける拷問の物語である」
まずは江戸時代。男に追いかけられ、川辺で犯される町娘。彼女は実は隠れ切支丹だったのです。そして洞窟の中の秘密教会に男たちは乗り込み、隠れ切支丹たちを捕らえます。全裸にされて、十字架に拘束される女信者たち。蝋燭の炎で股間を隠すアングルが、安易なモザイク修正に慣れた目には新鮮です。
男たちは女信者に蝋燭の炎をかざして責めます。実際に炎で炙るシーンどころか、蝋を垂らすシーンもなく、磔したまま犯すだけでこのエピソードは終わり。あれ、拷問はどうしたの?と、ちょっと拍子抜け。

時代は変わって、明治時代。主人を殺した濡れ衣を被せられた妾が取り調べを受けます。両手吊りや両手両足を束ねた狸吊りで、妾はビシビシと棒で打たれます。ここでは石抱きも登場。普通の石抱きは、算盤板(三角形の木を並べた台)の上に正座させて膝の上に石版を載せていくのですが、ここでは算盤板の上に仰向けに寝かせ、腰の上に石版を載せるという変わった方法。三角形の木が足じゃなくて、お尻に食い込むわけですね。どっちが痛いんだろう。お尻のほうが肉があるから、少しは楽なんでしょうか。
「拷問は権力者が権力を温存するために必要とする。そしてその拷問の中で弄ばれた人間は権力者にとって一個の物体にすぎない」
なんてナレーションがかぶって、このエピソードも終わり。

続いて昭和。特高が社会主義者の女を拷問するというエピソードです。まずは両手吊り。完全に足が地面から離れているので、これはかなりハードですね。
憲兵が「転向しろ! 転向しろ!」と責め立てますが女は「女にも自分で考える権利はあります!」と強気な態度。それでは、と憲兵が連れて来たのは、その女の娘。なんか、あんまり年が違わない感じがしなくもないですが、その辺はご愛嬌。
娘の目の前で、三角木馬に載せられて電気責めです。しかし、本当の拷問はこの後だったのです。なんと憲兵は娘を同じ拷問にかけたのです。苦痛に泣き叫ぶ娘を目の前に、何も出来ない母親。
「おふくろを恨むんだな」と憲兵。ある意味で、本作の中で一番残酷な拷問です。
結局、娘は責め殺され、母親も舌を噛んで死ぬという救いのない結末となります。

最後の舞台は、戦時中の中国。抗日パルチザンのアジトを襲撃した日本兵。男は殺され、女たちは裸にされます。
地面に打ち込んだ杭に手足をつなぎ、尻を高く上げたポーズにさせた女を三人並べて、一斉に犯す日本兵。そして犯しながら色々叫んでるんですが、ちょっとヤバイのか急に音量が小さくなります(笑)。これはオリジナルでもそうなのかな?
犯し終わってからは「貴様らは虫けらだ、人間じゃない」「この地上から消えてなくなれ」と全員撃ち殺してしまいます。
ああ、なんという後味の悪さでしょうか。
そしてエンディングは学生運動を制圧する機動隊、工場、公害病などの写真が映し出され、
「日本は戦争に破れ、しかし歴史の暗黒は生き残った。そして拷問は今もなお、闇の中から獲物を狙っている」
というナレーション。
つまり現代の我々も、また権力者によって圧殺されているのだ、というメッセージの映画だったのです。
正直なところ、そのメッセージのために拷問を描いたのか、拷問を描くためにメッセージで正当化しようとしたのか、その辺は判断が難しいのですが、1975年という時代の空気は伝わってきますね。そしてエロのジャンルでこういう表現が許されたのが、この時代のピンク映画だったのです。
はっきり言って、拷問の凄惨さを期待するとがっかりします。今のAVのほうがよっぽどハードなことをガチでやっています。
ですが、その背景にあるストーリーや女優の泣き叫ぶ演技により、責めの重圧感はグッと増しているんですね。この後味の悪い感じは、今のAVでは味わえないものです。
ああ、ピンク映画はあくまでも「映画」なんだな、と再認識しました。

文=安田理央

動画を公開中!!

『拷問百年史(新東宝』

発売日:2006年5月1日
監督:若松孝二
品番:X-01
収録時間:63分
メーカー:新東宝

DUGAにて詳細を確認する>>

関連リンク



関連記事

特選AVレビュー『好々爺の舐めまわし淫行(STAR PARADISE)』

yasuda_face.jpg
安田理央 1967年生まれ。エロ系ライター、アダルトメディア研究家、パンク歌手、ほか色々。主な著作に「エロの敵」「日本縦断フーゾクの旅」「デジハメ娘。」など。趣味は物産展めぐり。でも旅行は苦手。
安田理央の恥ずかしいblog
 | 
15.04.30更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=安田理央 |