女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『新・償い 最愛の妻は・・他人のものになっていた...』(ながえstyle)
特選AVレビュー 『あのいつかの夏、圧倒的だった君の笑顔は僕のもの。 百岡(ももおか)いつか SOD専属 AVデビュー』(ソフト・オン・デマンド)
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
アクセスアップ
新刊情報
MAZI! 2019年1月号(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2019年1月号(大洋図書)
臨増ナックルズDX Vol.14(ミリオン出版)
アップル写真館 Vol.17(大洋図書)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.3(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国【得】フーゾク特大号(ミリオン出版)
漫画ポルノ夫人 Vol.1(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.57(大洋図書)
実話ナックルズGOLD Vol.5(ミリオン出版)
よろめき 2018年12月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
大学進学を機に上京し、叔母であるしほりの家へ居候することになった青年・隆一は、欲求不満を抱えたしほりが自慰に耽っている現場を見てドキリとする。しほりの両乳房に赤黒く隆起した余りにも巨大な乳首。その匂い立つような色香に隆一は思わず我を忘れ......。 人気熟女AV女優・艶堂しほりの魅力が詰まった1本!
 | 
何年ぶりかに見る艶堂しほりは前より若々しくなっている! これを熟女のマジックと言うんですかね。プロフィールを調べたら43歳だ。熟女AV女優にインタビューすると、アラフォーを迎えて人生で最も性欲が強くなって感度が上がったと言う人が少なくない。艶堂さんもそうなのかもしれない。性欲が強い人って、間違いなく艶っぽいからね。
この作品は、持ち前の黒ずんだデカ乳首を売りにした物。黒ずんだデカ乳首なんて普通はAVの売りになるわけがないが、艶堂しほりは特別。彼女の場合、これがチャームポイントだからね。
また、四十路になっても「やんちゃ」な雰囲気がある。ここに彼女の可愛らしさがある。
2012年にインタビューさせてもらった時、彼女はこんなことを話してくれた。以下のような会話があったんだよ。

--(16歳での)初体験以降、性変歴はお盛んなものになったの?
「そうです。家が厳しかった反動もあったのかな。高校を卒業して最初は病院に看護師見習いで勤務したんですけど、週末は女友達と連れ立ってミニスカート穿いてナンパされるために街にくり出してましたね」
--長身美脚の艶堂さんがミニスカ穿いてたらレイプされても文句言えんってとこでしょう?
「レイプまがいはあった。ナンパされたいなと思って1人で歩いてて、クルマに乗った男の子に声かけられて、ついてったらその家に男が全部で11人いたのかな、全員に輪姦されましたね」
--ええっ! それ、和姦じゃなく?
「まぁ一斉に群がるんじゃなく順番に1人ずつ来たからレイプとは言わないですね」
--どんな気持ちだったの。
「まぁいいかぁ、ぐらい。そういう遊びのセックスが多かったし、相手は発射することしか考えてなかったから早漏の相手ばっかで、イクことを覚えたのはだいぶあとです。オジサン相手のエッチだったと思います」

こうしてはぐくまれた黒乳首、デカ乳首だと思うと、実にいとおしいアイテムに映るでしょう?
この光夜蝶からの新作は、親戚のイケメンの隆一君が大学進学を機に上京してくるところから始まる。2人が会うのは隆一が中学生の頃以来だ。しほりは隆一の成長に驚き、隆一もしほりの色香に生唾ゴックン。
しほりの旦那は多額の借金を抱えている上に女癖が悪く別居状態、との設定も、しほりが伸び伸びと痴態を披露しやすい環境だ。

ここから始まる物語は、まずは肩透かしで、グローリークエスト『禁断介護』的シーンから。病気で寝たきりの義父にお粥を食べさせる。ここで義父は「乳首が感じるのじゃろ?」とアプローチ。おやめになって的な軽い抵抗を見せるしほりだが、いかんせん乳首が敏感。服をはだかれ、球根のようなその乳首をいじられれば「あはん」と蕩けてしまう。
義父あらためクソジジイはすすんですっ裸になり、色の悪いペニスをしほりに握ってもらう。膝枕の恰好で、乳児のようにデカ乳首をおしゃぶり。迷惑そうな顔で手コキをしいたしほりは、わりとすすんでフェラを始める。クンニをされると悩ましい表情で喘ぐ。年齢を感じさせないスレンダーボディは健在だ。
ジジイは後背位で挿入し、正常位に転じて乳首をしゃぶりながら腰を突き上げる。どこが要介護老人やねん。すっかり感じて濡らすしほりに中出し締め。
そして、この様子を途中からそっとドアを開けて隆一が覗き見ていた。部屋から出てきたしほりは彼と鉢合わせ。一連の痴態を見られていたのかも、と思う。

続いては悶々熟女物の定番、風呂場でのオナニー。乳首をつねったり引っ張ったりネジのように回転させたりして悶えるのて、デカ乳首好きにはたまらん景観ですよ!
「隆一君、そこにいるんでしょ? 洗ってあげるからいらっしゃい」
しほりは最初から隆一を誘っていたと解釈するしかない。
きっちり覗き見していた隆一は服を脱いで浴室へ。
「おっきくなったわね」と、手を泡立てて身体を洗うその様子は、ソープ嬢と客にも映る。
「今度は僕が洗ってあげるよ」と交代。敏感な乳首に手がおよぶと「あン、あン」と好反応。「隆一君の(チ○ポ)、大きくなっちゃったの?」と、勃起したサオを握りしめ、フェラを始める。笑顔で、どれだけペニスに飢えていたのかという吸いっぷり。そして隆一はペニスでしほりの乳首をツンツンと刺激しなからセンズリし、このまま胸発射というなかなかめずらしいフィニッシュに至る。
2人はこんな形でなごやかに打ち解ける。

夜。しほりが眠りかけているベッドルーム。そこへ隆一が来る。「眠れなくて」と。当たり前だ。風呂場であんなことさせてもらったんだもんね。隣室にしほり本人がいるんだもの、思い出しオナニーじゃ我慢できるわけがない。
熱い接吻を交わし、乳首推しの愛撫がたっぷり。クンニされるとしほりはさらに狂おしく悶える。その恍惚とした顔だけでおかずになりますがな! ほんと、艶堂しほりってアヘ顔美人。そして歳相応のしっとりした床上手ぶりを見せるかというと、そこは前述のやんちゃな風情。つまり、ギャルと変わらない若々しさのあるベッドマナーを見せる。でも、シリアスなドラマ物だと演技でしっとり魅せてしまえるスキルはあるんですよ艶堂さんはね。
しほりはバキュームフェラを見せ、さらにサオを握って尿道を自ら乳首こすりつけるという色情狂な振る舞いをたっぷり。
お股開いて、禁断の挿入。正常位でパンパンと突かれ、乳首をしゃぶられ、たっぷり感じる。そこから騎乗位になって腰を上下させ、回転させ乱れまくる。申し分のない欲求不満爆発セックスだ。くるりと背面騎乗位になっても腰をスイングさせ「あァ~!」とだらしなく口を開けて背中から倒れ込む。昼間とは大違いなふしだらな所作に、彼はきっと、"若い娘なんて何も面白くない、エロいのは熟女だ!"と覚醒したはずだ。
この作品を鑑賞する皆さんも、四十路の悶々妻ほどいやらしい性反応を見せる存在はないね、納得されることうけあいっすよ!
しほりはこのあと激しいバック責めを受け、白いシーツに沈没し、締めの正常位でカールさせたエロっちい長い黒髪をシーツに広げて「イクイク」と絶頂を迎える。
やがて、「中はダメ、ダメ」と形ばかりの牽制をするが、中出しされ、うっとり。痙攣して胸を弾ませる。
「中に出しちゃダメって言ったじゃない」と保母さんのような口調で諭して隆一を抱きしめる。
これをゼニの取れる女優の濡れ場と言うんですよ!
艶堂しほりの魅力再認識となった1本、ていうか、デビュー当時よりいやらしく可愛くなっていて驚きましたわ!

文=沢木毅彦

『叔母さんの黒々としたデカ乳首 艶堂しほり (光夜蝶)』

発売日:2016年6月3日
品番:WPE44
収録時間:120分
定価: 4,298円
メーカー:光夜蝶

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

特選AVレビュー『裏口入学 神谷秋妃』

沢木毅彦 1961年生まれ。フリーライター。AV創世記より専門誌にレビュー、取材記事を寄稿。ロリから熟女まで可愛らしいAV女優が好物。香港映画と香港街歩きマニア。好きなビールは香港の海鮮屋台で飲むサンミゲル(生力)とブルーガール(藍妹)。食事は自炊派ですが、外食ならラーメンは天下一品のこってり、カレーはcoco壱番屋の7辛。巨人ファン。
 | 
16.08.24更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
沢木毅彦 |